OEKのCD

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2010年11月28日 - 2010年12月4日 | トップページ | 2010年12月19日 - 2010年12月25日 »

2010年12月5日 - 2010年12月11日

2010/12/07

OEKもっとカンタービレ第24回は,2010年生誕・没後記念作曲家特集 今年は,ショパンだけではなかったんですね。 #oek

今日は,OEK室内楽シリーズもっとカンタービレを聞いてきました。今回は,2010年が生誕○○年・没後△△年となる作曲家の特集でした。今年は,何といってもショパン生誕200年の年でしたが,それ以外にもいろいろと記念の作曲家はおり,ショパンに加え,バーバー(生誕100年),バラキレフ(没後100年),ペルゴレージ(生誕300年)の曲が演奏されました。

最初に演奏されたバーバーの木管五重奏曲は,「サマーミュージック」というサブタイトルが付いています。少々捉えどころのない作品だったのですが,演奏前にオーボエの加納さんの解説があったので,いろいろとイメージを膨らませつつ楽しむことができました。

次はショパンの曲を弦楽器用にアレンジした作品を集めたコーナーでした。このコーナーの担当の大村俊介さんの解説によると,「ラ・フォル・ジュルネでも演奏されなかった,珍しいアレンジ物」ということです。さすが大村さんという選曲でした。弦楽四重奏版の「別れの曲」もとても気持ちよかったのですが,チェロのカンタさんとピアノの鶴見彩さんによる,熱く華麗な演奏も大変聞き映えがしました。ショパン作曲,バラキレフ編曲のエチュードは,生誕200年+没後100年ということで,二重のアニバーサリー作品でした。こういう曲を発掘して,楽しめるのもこのシリーズならではですね。

後半は,大澤さんの進行で,ペルゴレージ(真偽は不詳ですが)作曲のコンチェルト・アルモニコ第1番が演奏されました。初めて聞く曲でしたが,ヴァイオリンの陶酔的な響きとチェロの熱い音とが絡み合った,美しい作品でした。とても聴きごたえがありました。ペルゴレージは,現在では演奏される機会の少ない作曲家ですが,生誕300年を機会に,再発見していって欲しいと思いました。

このシリーズが定着してきたお陰で,OEKについては,オーケストラとしてだけではなく,個々の奏者の演奏も楽しめるようになりました。今年はこれで最後ですが,来年はどういう企画が出てくるのか楽しみにしたいと思います。

2010/12/05

北陸聖歌合唱団+OEKのメサイア公演,今年は天沼裕子さん指揮

今日は年末恒例の北陸聖歌合唱団とOEKによるメサイア公演を聞いてきました。昨年は全曲演奏でしたが,今年は,一昨年まで同様,抜粋版による演奏でした。

指揮は,おなじみの天沼裕子さんでした。「さすが」という指揮ぶりでした。天沼さんは歌や合唱の入る曲やオペラを得意とされていますが,合唱団が例年にも増して,まろやかな歌を聞かせてくれました。全曲を通じて,確固たる自信が溢れ,大変引き締まった演奏になっていたと思います。

オーケストラの方は,弦楽器の方はノン・ヴィブラート主体の演奏で,最初から最後まで,宗教音楽に相応しい,清潔感と清々しさがありました。独唱者もそれぞれ良かったのですが,特に朝倉あづささんと小泉詠子さんの女声2人の声が素晴らしかったと思います。

ハレルヤ・コーラスや最後のアーメン・コーラスをはじめとして,感動を率直に歌い上げるような歌が特に素晴らしく,会場は暖かい雰囲気に包まれました。音楽堂でのメサイア公演もすっかり,定着したと思います。

メサイアの前に,OEKエンジェルコーラスと北陸学院高校の聖歌隊とOEKによるクリスマスソング・メドレーが歌われましたが,こちらも,例年よりも振りが沢山ついており,楽しいものでした。こちらもさすが天沼さんという演奏だったと思います。

今年のメサイア公演は,例年よりも開催時期が2週間ほど早かったのですが,このコンサートを聞くと,年末の気分になります。早いものですねぇ。

« 2010年11月28日 - 2010年12月4日 | トップページ | 2010年12月19日 - 2010年12月25日 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック