OEKのCD

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011/02/27

カレッジ・コンサート~第8回石川県学生オーケストラ&OEK合同公演。 #oek

今日は石川県内の大学オーケストラとOEKによる合同オーケストラの公演を聞いてきました。この公演も今回で8回目で,指揮は山下一史さんでした。OEK単独では演奏できないような曲を聴くことのできる貴重な機会ということで,毎年楽しみにしている演奏会です。

今回は,前半,カルメン組曲を合同で演奏した後,OEKのみでレスピーギのリュートのための古代舞曲とアリア第3が演奏され,後半,サン=サーンスの交響曲第3番が再度合同で演奏されました。

カルメン組曲は,お馴染みのレパートリーです。山下一史さんの作る音楽は実に滑らかで,明るく健康的な音楽
を聞かせてくれました。こちらの方は,OEKの奏者がトップを担当していまたので,岡本さんのフルート,水谷さんのオーボエなど,瑞々しいソロの連続で,学生さんも「さすが」と思ったことでしょう。

2曲目のレスピーギは,OEKの弦楽セクションのみによる演奏でした。恐らく,指揮者なしでも演奏できるような,OEKの十八番ということで,ニュアンス豊かで聞き応えのある音楽を聞かせてくれました。山下さんは指揮台があるにもかかわらず,指揮台から降りて指揮されていました。そのこともあり,インティメートな暖かさのある,さすがOEKという演奏でした。

# この日のプログラムの解説ですが,何故か組曲第1集の解説が入っていました。「トランペットの入る賑やかな終曲」と書いてあって「?」となった人も居たのではないかと思います。

さて,後半はサン=サーンスのオルガン付き交響曲です。この曲は,数年前,金沢大学フィル単独の定期演奏会で聞いたことはありますが,音楽堂の機能を最高に生かせる曲ということで,大満足の出来でした。第1部前半のザワザワザワした弦楽器の音。パイプオルガンのゆるーい音と弦楽器が絶妙のブレンドを聞かせる後半。非常に力強くくっきりとした弦の音が印象的だった第2部前半。パイプオルガンが大音量で入り,大編成の金管楽器が爽快な高揚感を作り出していた後半...と各部分ごとにキャラが描き分けられていました。

演奏会自体は,それほど長くありませんでしたが,学生オーケストラとOEKの熱いコラボを楽しめた公演でした。

PS. 私がもしも,オーケストラと一緒に演奏できるならやってみたいのが...実は,このサン=サーンスの交響曲第3番のオルガンのパートです。第2部後半でオルガンがバーンと入ってくる部分を一度やってみたいものです。この部分の2つの和音だけならは,やってやれないことはない?などと勝手に思っているのですが...3月10日に,黒瀬恵さんによる,体験講座があるようですが,どなかたやってみませんか?

2011/02/20

ニコラス・クレーマー指揮OEKによるオール・フランス定期公演。フォーレのレクイエムは永遠に続いて欲しいような演奏 #oek

今日は午後からニコラス・クレーマー指揮OEKの定期公演を聞いてきました。このところ,(オペラも含め)声楽の入る公演が続いているのですが,今回もメインがフォーレのレクイエムということで,通常の定期公演とはかなり違ったプログラミングとなっていました(ただし,OEKの場合,このところ,どれが「通常」とも言えなくなっている気もします。)。

前半はラヴェル&フォーレのパヴァーヌの間にラモーの歌劇「プラテー」組曲が入るという構成でした。両パヴァーヌは,どちらも大変すっきりとした自然な音の流れが美しい演奏で,重苦しくなる部分は全くありませんでした。水彩画風の上品な演奏だったと思います。フォーレのパヴァーヌの方には,合唱も加わり,後半のレクイエムへの期待をしっかり盛り上げてくれました。

中間に演奏されたラモーの曲は,CDでも聴いたことはなかったのですが,大変楽しめる作品でした。ヴィヴァルディの曲を思わせるような明快さがあったり,何かを音で描写しているようなユーモアがあったり,クレーマーさんのにこやかな顔が浮かんでくるような生き生きとした演奏でした。最後の曲に「サプライズ」があったのですが,これはレビューの方で紹介しましょう。

さて,後半のレクイエムです。この曲は,OEK合唱団が設立された頃に一度聞いた記憶があるのですが,石川県立音楽堂で聴くのは,今回が初めてのような気がします(どこかの別の合唱団が取り上げていたかもしれませんが)。ここ数年,OEK合唱団は,バッハを中心としたドイツの宗教曲を集中的に取り上げていましたので,新生OEK合唱団のスタートという公演だったのかもしれません。

名曲中の名曲だけあって,最初から魅惑的な響きの連続でした。ヴァイオリンが出てくる機会が非常に少ない稀有な曲ということもあり,ヴィオラがステージの前列。その後ろにヴァイオリンという変則的な配置になっていましたが,このオーケストラの響きが非常に洗練されており,明るさと同時にスケール感をしっかり伝えてくれました。

OEK合唱団の声も大変晴れやかで,フランスの曲らしい軽やかさと繊細さをしっかり伝えてくれました。2人の独唱者もお見事でした。小林沙羅さん,与那城敬さんは,共にとても若い方で,瑞々しい声の魅力をいっぱいに伝えてくれました。与那城さんの声は大変朗々としており,会場いっぱい,美声に酔わせてくれました。小林さんの方は,真ん中の4曲目「ピエ・イエズス」だけに登場したのですが,全く飾り気がない自然な美しさをストレートに伝えてくれるような素晴らしい歌を聞かせてくれました。小林さんの方は,トゥーランドット,椿姫に続いての登場ということで,金沢の音楽ファンには,すっかりお馴染みになったと思います。

このお二人の声とオーケストラと合唱の響きとが相乗効果を産み,心が揺さぶられるような瞬間が何回も出てきました。最後の「天国にて」は,黒瀬恵さんのオルガンの単純な伴奏音型の上に,とてもデリケートな歌が続きます。この部分を聞きながら,「この時間がずっと続いて欲しい」と思いました。最後は,パタっと止まって,儚く終わるのですが,拍手が起きるまでかなり時間がありました。他のお客さんも,この時間がずっと続いていて欲しいと思ったのだろうな,と思いながら,余韻に浸っていました。

PS.終演後,恒例のサイン会がありました。なぜか(?),コンサートミストレスのアビゲイル・ヤングさんが居たので,「You played behind the viola(この英語で合っていた?)」と言ってみたところ,「I'm happy.ただし,今回だけね(英文は忘れました)」と嬉しそうに 答えてくれました。きっといつもより暇で楽だったんだろうな,と思って尋ねてみたのですが,やっぱりそうだったようです。そうなると,サイン会には,ヴィオラの方に登場してもらった方が良かったのかもしれませんが...皆さんお疲れだったので,ヤングさんが登場したとも言えそうです(こういうのをヴィオラ・ジョークと言う?失礼しました)。

2011/02/18

ラ・フォル・ジュルネ金沢2011有料公演の概要が公式サイトで公開されました #lfjk

P1000237
ラ・フォル・ジュルネ金沢2011の有料公演の概要が公式サイトで公開されました。今後,一部内容が変更になる見込みですので,あくまでも現時点では参考としてご覧下さいとのことでした。右の写真は,記者発表の時に配布された資料です。

http://lfjk.jp/news_2010/topics.cgi?action=201102181832

それにしても,次の写真はなかなか面白いですね。こういうセンスがラ・フォル・ジュルネの人気の源泉だと思います。
http://twitpic.com/40yv3o

マルタンさんによると,スニーカーで若々しさ,背景で金沢らしさを表現しているとのことでした。

ラ・フォル・ジュルネ金沢「熱狂の日」音楽祭2011記者発表に参加してきました。ルネ・マルタンさん,梶本眞秀さんらから,プログラムの概要を報告 #lfjk

P1000240
今日の午後から,ラ・フォル・ジュルネ金沢2011の記者発表が行われました。この発表は,一般に公開されていました。恐らく,ブログやツイッターなどに一般人がメッセージを書き込むことによる宣伝効果を狙っているのだと思います。今日の午後からは,もともと休もうかなと思っていたのですが,その意図(?)を受け,参加することにしました。

まず,OEKメンバー+田島睦子さんによって,シューベルトのピアノ五重奏曲「ます」の第4楽章が,歓迎の音楽として演奏されました。その後,山田正幸(LFJKチーフ・プロデューサー,OEKエグゼクティブ・プロデューサー)さん,ルネ・マルタン(アーティスティック・ディレクター)さん,梶本眞秀(アーティスティック・プレデューサー/KAJIMOTO代表取締役社長)さんにより,今年のプログラム概要,聞き所,ポイントなどが紹介されました。

まず,本公演数ですが,2010よりは少なくなります。これはスケジュールの関係です。金沢の本公演は5月2日~4日なのですが,2日は平日ということで,夜だけに限定されます。そのことにより,2009年の157公演よりも少ない,約150公演となります。この点はやや寂しいのですが,その分,無料公演を増やしたり,連休前半の「街なかコンサート」を充実させるとのことですので,全体の雰囲気としては大きく変わることはないようです。

# ちなみに他のLFJの予定は次のとおりです。今年から九州の鳥栖でも行われるのが注目です。
・びわ湖 4/29~30
・金沢  5/2~4
・東京  5/3~6
・鳥栖  5/6~7
・新潟  5/6~8
金沢が終わった後,東京→新潟とハシゴするというのもできないことはない?

P1000241
2011の新しい取り組みとして,4月30日の「少年少女合唱フェスティバル(16,17団体参加予定)」が挙げられます。これは,シューベルトがウィーン少年合唱団に所属していたことによるものとのこです。昨年好評だった,5月1日の「吹奏楽の日」も行われます。こちらには陸上自衛隊中央音楽隊など11団体が登場するとのことです。

LFJの魅力を伝える,クラシック・アンバサダーですが,昨年までの青島広志,池辺晋一郎,響敏也,フランソワーズ・モレシャンの4氏に加え,三枝成彰さんが加わります(既に入っていた印象もあるのですが...)。

LFJKを地域全体で支えるための「個人協賛」を募集するのも新しい試みです。一口1万円で協賛可能とのことです。音楽祭への一言メッセージ+氏名を「絵馬(アーティストのサイン入り)」と共に期間中特設会場に掲示するという特典があるとのことです(なかなか面白いことを考えますね)。

今後のスケジュールは次のとおりです。
・2月18日 有料公演プログラム発表(ただし,暫定的なものです)
・2月下旬~3月上旬 LFJ金沢フレンズチケット先行予約
・3月12日 チケット一般販売
・3月下旬 公式ガイドブック発行
・4月 無料プログラム発表

音楽祭全体のスケジュールは次のとおりです。
・4月27,28日 プレコンサート 富山&金沢
・4月29日 オープニング(北陸3県JRの駅でファンファーレ,コンサート,ガラ・コンサート)
・4月30日,5月1日 北陸エリアコンサート *今年は高岡の瑞竜寺で行われるのが目玉。その他,福井市,七尾市,能美市でも計画
・4月30日 少年少女合唱フェスティバル 金沢歌劇座+赤羽ホール
・5月1日 吹奏楽の日 しいのき迎賓館+赤羽ホール
・5月1日 公開マスタークラス
・5月2日 スクールプログラム
・5月2日 18:00~ 本公演
・5月3,4日 10:00~ 本公演

P1000239


出演するアーティスト,団体は,次のとおりです。
■オーケストラ
・ヨンミン・パク,井上道義指揮ウォンジュ・フィル
・ルーベン・ガザリアン指揮ヴュルテンブルク管弦楽団
・現田茂夫指揮東京大学管弦楽団
・井上道義,山田和樹指揮OEK
■吹奏楽団
陸上自衛隊中央音楽隊,柏市立柏高等学校吹奏楽部,石川県高等学校選抜吹奏楽団
■アンサンブル
ブラシシモ・ウィーン,エーデルワイス・カペレ,イザイ弦楽四重奏団,トリオ・ヴァンダラー,フィリップ・ピエルロ指揮リチェルカーレ・コンソート
■ピアノ
ジャン=クロード・ペヌティエ,ジャン=フレデリック・ヌーブルジェ,アンドレイ・コロベイニコフ,田部京子,ミシェル・ダルベルト,仲道郁代,熊本マリ,ジュゼッペ・マリオッティ,宮谷理香,多田聡子
■ヴァイオリン
オリヴィエ・シャルリエ,庄司紗矢香,マウロ・イウラート
■チェロ
アンリ・ドマルケット,タチアナ・ヴァシリエヴァ
■歌手
ヴォルフガング・ホルツマイヤー,森岡紘子,志田雄啓
■能楽師
渡邊荀之助

# ここまで一気に書いて,疲れてしまいました...

演奏曲目の傾向等については,また,別途ご紹介しましょう。

2011/02/17

明日はラ・フォル・ジュルネ金沢2011のプログラム記者発表。東京は本日 #lfjk 

ラ・フォル・ジュルネ金沢2011のプログラムが明日記者発表されます。この発表ですが,次のとおり一般の方でも無料で参加できるようです。明日の午後は,うまい具合に休むことができそうなので,聞きに行ってみようかなと考えています。

日時:2011年2月18日(金)14:00~
会場:石川県立音楽堂交流ホール

http://lfjk.jp/news_2010/topics.cgi?action=201102171712

また,記者発表の前にオーケストラ・アンサンブル金沢メンバーによる演奏が行われます(ツイッターの情報によると,「ます」の第4楽章のようです)。また,LFJ金沢ホームページへのプログラム掲載は、2月18日(金)19:00頃(予定)とのことです。

一方,東京の方ですが,本日記者発表が行われました。

http://www.lfj.jp/lfj_report/2011/02/2011-1.php

OEKは,例によって,東京の方にも出演するようです。

2011/02/16

今日はOEK能美市公演。ひと足先にクレーマーさんと小林沙羅さん登場 #oek

今日は,能美市根上総合文化会館(タント)でOEKの公演が行われたようです。さすがに私は出かけていませんが,次のとおり,なかなか魅力的なプログラムで,ちょっと聞いてみたかった気もします。

能美公演~能美ロータリークラブ40周年記念~第4回能美市ファミリーコンサート
2月16日(水)19:00開演(18:30開場)能美市根上総合文化会館
指揮:ニコラス・クレーマー 独唱:小林沙羅(ソプラノ)

* ヘンデル/組曲「水上の音楽」
* モーツァルト/踊れ、喜べ、汝幸いなる魂よ
* ラヴェル/亡き王女のためのパヴァーヌ
* ラフマニノフ/ヴォカリーズ
* モーツァルト/交響曲第41番「ジュピター」

金沢公演は,フォーレのレクイエムがメインになります。実演で聞くのは本当に久しぶりなので,大変楽しみです。

2011/02/14

今晩の音楽堂アワーは,バレンタインにちなんだスペシャル版。上杉春雄さんのピアノもしっかり堪能。池辺さんの自身の作品も大変洒落ていました。

バレンタイン・デーの夜,池辺晋一郎さんによる音楽堂アワーに出かけてきました。実は,音楽堂アワーに参加するのは今回が初めてだったのですが,「スペシャル」の看板に相応しい大変聞き応えのある内容でした。

前半は池辺さんのトークが中心でした。「音楽とは?」という大きなテーマから始まった後,今回のゲストのピアニストの上杉春雄さんにちなんだ内容(上杉さんはお医者さんでもあるのです)に展開していきました。「音楽は自然から生まれたものである」というお話は,以前にも聞いたことはあったのですが,「作曲者が重いとか軽い」という意図で作ったものが,聞き手の方にも「重い」とか「軽い」としっかり伝わるといった話は大変興味深いものでした。音楽が「自然」だからこそ,人間の間で共感できるというのは,「なるほど」というものでした。クラシック音楽の普遍性の秘密が分かった気がしました。

後半は,上杉さんを中心とした演奏会になりました。バレンタインデーに相応しく,ゆったり,しっとり演奏されたリストの「愛の夢」で始まり,とても誠実に演奏された「ラ・カンパネラ」と続きました。その後,OEKの江原千絵さんのヴァイオリンとの共演で,池辺さん自身の作品が2曲演奏されました。最初のコンチェルティーノ第2番は,どこか近代フランスのヴァイオリン・ソナタを思わせるセンスを感じました。もう一つの方は,池辺さんらしい洒落っ気のある,小品でした。これについてはレビューで紹介しましょう。

最後にラ・フォル・ジュルネ金沢2011にちなんで,シューベルトの「さすらい人」幻想曲が演奏されました。一度生で聞きたかった作品で,今回はこの曲を目当てに参加したのですが,大満足でした。最初の印象的な連打から颯爽としており,どの部分を取っても弛緩したところのない,求心力のある演奏を聞かせてくれました。

今回は,「スペシャル」ということで,大変よくお客さんが入っていました。トークも演奏も充実(もちろんダジャレも絶好調),ということでお客さんは,皆さん大満足だったと思います。次回の「音楽堂アワー」は,青島広志さんと池辺さんによるトークということで,これもまた凄いことになりそうです。

2011/02/12

ラ・フォル・ジュルネ金沢 石川県縦断ピアノコンサート金沢公演が行われました。 #lfjk

昨日は金沢にいなかったので(氷見でブリを食べていました),OEKのバレンタインコンサートも,カンタさんのリサイタルも行けませんでした。ラ・フォル・ジュルネ金沢のプレイベントの石川県縦断ピアノコンサートも行われたのですが,こちらも大盛況だったようですね。

http://twitter.com/LFJkanazawa

今日は,金沢エキコンでもピアノ演奏が行われるようですね。本日は,やや睡眠不足気味なので,是非次回(松任あたり?),聞きに行ってみたいと思います。

2011/02/08

ダニエル・ハーディング指揮マーラー・チェンバー・オーケストラ金沢公演(6月10日)のチケット先行予約のお知らせ。今回は,ブラームスの4番&1番です。

今日自宅に戻ると,ダニエル・ハーディング指揮マーラー・チェンバー・オーケストラの金沢公演のお知らせが届いていました。次のとおり開催されます。

ダニエル・ハーディング指揮マーラー・チェンバー・オーケストラ金沢公演

6月10日(金)19:00開演
石川県立音楽堂コンサートホール
ブラームス/交響曲第4番ホ短調op.98
ブラームス/交響曲第1番ハ短調op.68
入場料=7000~2000円
石川県立音楽堂チケットボックス 076-232-8632
※ S,A席はOEK定期会員割引あり。2011年2月12日 10:00~先行予約。一般発売日2月19日から

「協奏曲なしで,交響曲2曲」ということで,ブラームス交響曲チクルスの一部のようなプログラムだな...と思って調べてみたら,やはりチクルスでした。大阪では次のような公演が行われます。
http://asahi.co.jp/symphony/event/detail.php?id=1175

それにしても,価格が全然違います。ブラームスの交響曲の中では,第1番と第4番が特に人気がありますので,全曲でなくても良いということならば,県外の方で,大阪公演ではなく金沢公演を選ぶという人も出てくるかもしれません(平日夜なので,簡単に金沢には来れないかもしれませんが)。

いずれにしても,とても楽しみです。金聖響さん指揮OEKのブラームスとの比較しても面白いかもしれません。今度の土曜日から先行予約開始とのことです。

私の2月の予定ですが...11日のカンタさんのリサイタルには是非行きたかったのですが,行けなくなってしまいました。代わりといっては何ですが,14日の音楽堂アワーに行ってみようかと思います。なぜか,シューベルトのさすらい人幻想曲を無性に聞きたくてしょうがありません。

2011/02/02

濱真奈美さん,故郷に錦を飾るイタリアづくしのコンサート。大いに盛り上がりました。 #oek

2月最初のOEKの定期公演は,金沢出身のソプラノ歌手,濱真奈美さんとイタリアのテノール歌手,ルカ・ボディーニさんによる,イタリア・オペラのアリアとカンツォーネを中心としたプログラムでした。オーケストラの定期公演で,こういうプログラムが組まれるのも,「何でもあり」のOEKならではです。50cm近く積もった雪を一気に溶かしてしまうのでは?と思わせるほど,熱い演奏会になりました。

前半は,濱さんとボディーニさんが交互にイタリア・オペラのアリアを歌いました。濱さんの声には,1月に聞いた森麻季さんのような透明感はあまりなかったのですが,丁度良い具合に脂が乗った密度の高い声は,熱いドラマを表現するのにぴったりです。比較的馴染みの薄い曲も含め,充実した歌を聞かせてくれました。

ボディーニさんの方は,女心の歌,誰も寝てはならぬ,などテノールの名曲を中心に歌いました。立派な体格の割には,それほど声の威力は感じなかったのですが,いかにもイタリアンと言う感じのカラっとした声は,イタリア・オペラに相応しいものでした。

ジョルジオ・メザノッティさんの指揮は,無難な感じで,もう少しテンションの高さが欲しいところもありましたが,後半に取り上げた,「イタリアのヨハン・シュトラウス」と呼ばれる,ベクッチの曲などは,とても楽しめました。

後半は,カンツォーネ集でした。お二人は交互に登場し,気楽に楽しめる曲を次々とのびのび歌いました。短い曲が多かったので,お二人が交代するたびに会場の熱気が増していくようでした。当然のことながら,アンコールも歌われました。ここではサプライズの歌も歌われたのですが...これについては,後日レビューでお知らせしましょう。

アンコール曲の途中,濱さんは感極まっているようでした。その思い切りのよいのびのびとした歌を聞きながら,「故郷に錦を飾る」というのは,こういう感じなのかな,と実感しました。こういうコンサートを行えるのも,OEKという存在があるからだと思います。コンサートの終盤に向かうにつれて,お客さんとお二人の歌手の間の一体感がどんどん増して行くのも感動的でした。お客さんにとっても,濱さんにとっても,忘れられない,「金沢ならでは」の演奏になったと思います。

PS.今日の終演時間は,9:30を過ぎていたと思います。全般に各曲のテンポがゆったりしたこともあると思いますが,この辺の時間に頓着しない感じもイタリアらしいな,と思ったりしました。

2011/02/01

第10回北陸新人登竜門コンサート ピアノ部門の出演者が決まりました。

第10回北陸新人登竜門コンサート ピアノ部門のオーディションが行われ、次の通り、出演者が決まりました。

大野 真理子 (金沢市出身、チェコ・ヤナーチェク音楽アカデミー在学中)
前垣内 美帆 (野々市町出身、ドイツ・ヴュルツブルグ音楽大学在籍中)
相良 容子   (金沢市出身、現在七尾市在住)

今回は、全員石川県出身者で、音楽大学在籍中または卒業された方です。コンサートは次の通り行われます。どういう曲を取り上げ、どういう演奏を聞かせてくれるか楽しみですね。

日 時 : 2011年(平成23年)4月17日(日) 開演15:00
会 場 : 石川県立音楽堂コンサートホール
指 揮 : 井上道義
管弦楽: オーケストラ・アンサンブル金沢

詳細は、次のページをご覧ください。
http://www.ongakudo.pref.ishikawa.jp/cgi-bin/topicviw.cgi?id=1296532542

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック