OEKのCD

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011/03/31

「オーケストラの日2011@石川県立音楽堂」は,金聖響さん指揮OEKのベートーヴェン交響曲ア・ラ・カルト。なかなか面白い試み。子供たちも大学生も頑張っていました。

3月31日は「オーケストラの日」ということで,石川県立音楽堂では,OEK定期会員ご招待のファン感謝デー的な演奏会が行われました。昨年までと違うのは,いしかわ邦楽アンサンブルが登場した点です。半年前に活動を始めたばかりの団体ということで,結構ハラハラする部分もありましたが,石川県ジュニアオーケストラと対を成すアンサンブルということで,今後に期待したいと思います。

その後,石川県ジュニアオーケストラのステージになりました。いつもは鈴木織衛さんが指揮をされていましたが,今回は金聖響さんの指揮でした。聖響さんのトークによると,「指揮者はオーケストラを乗せるのが仕事」ということで,のびのびとした音楽を聞かせてくれました。ルロイ・アンダーソンの曲のキラキラした雰囲気が特に印象的でした。

休憩時間は通常の倍の時間取られており,その間,飲みものの無料サービスがありました。邦楽器や弦楽器のお試し演奏コーナーがあったり,カフェコンチェルト前で金沢大フィルのメンバーによる室内楽演奏があったり,ちょっとしたお祭り気分を味わえました。私は,子供たちが演奏していた,小鼓を「ポポポポン(ACではありませんが)」と叩いてみたのですが...あまり冴えた音は出ませんでした。女の子に叩き方を尋ねてみると「真ん中を叩いてください」と言われました。叩いているつもりなのですが...どこが悪いのか...なかなか奥が深いものです。

後半は,金聖響さん指揮OEKでベートーヴェンの4つの交響曲の4つの楽章を組み合わせ,1つの交響曲のように再構成した「ア・ラ・カルト」が演奏されました。演奏されたのは,次の曲です。

第1楽章 第5番の第1楽章
第2楽章 第7番の第2楽章
第3楽章 第8番の第3楽章
第4楽章 第4番の第4楽章

通常の交響曲の場合,楽章間の調性に統一感がありますので,いつもと雰囲気は少し違いましたが,さすが,ベートーヴェン。意外に違和感なく,新しい交響曲のような新鮮さを楽しむことができました。聖響さんの作る音楽は,CD同様,古楽奏法を意識したもので,全般にすっきりとした流れの良さとニュアンスの豊かさが同居していました。第3楽章をはじめとして,表現力豊かなホルンの演奏が特に見事でした。その他の管楽器の音も大変鮮やかで,第4楽章など,「春間近」といった沸き立つ気分いっぱいでした。5月には,聖響さん指揮OEKによる第4番と第8番を組み合わせた新譜CDが発売されますので,その絶好の「プロモーション」になっていました。

アンコールでは,大河ドラマ「利家とまつ」の中から「永遠の愛」が演奏されました。コンサートミストレスのアビゲイル・ヤングさんのしっかり熱く歌うソロを中心とした演奏だったのですが,聞いているうちに,ハリウッドでも活躍したコルンゴルトのヴァイオリン協奏曲のように響いていたのが面白いと思いました。

この日,全国でどのくらいオーケストラの演奏会が行われたのかは分かりませんが,そのエネルギーを大震災の復興のためのエネルギーにしていって欲しいものです。


2011/03/29

いしかわミュージックアカデミー2011のサイトができていました。今年も神尾真由子さんら豪華&注目の講師陣

いしかわミュージックアカデミー(IMA)のサイトですが、2011年版に更新されていました。スケジュールや併せて行われる演奏会などは、次のとおり、2010年とほぼ同様のようです。

http://ishikawa-ma.jp/schedule.html

講師陣も例年同様ですが、今年はかつて受講生でもあった、ホァン・モンラさんが加わっているのが注目です。その他、昨年同様、神尾真由子さんも講師として参加されます。

http://ishikawa-ma.jp/teacher.html

お二人は関連コンサートにも登場すると思います。そちらも楽しみです。

その他、石川県ピアノ協会のサイトの情報によると、IMAに続いて、次のとおり「第1回 いしかわ国際ピアノコンクール~感動をとどけよう~」というコンクールが行われるようです。

開催日程:2011年8月28日(日)第ニ次審査
8月29日(月)最終審査
会 場:石川県立音楽堂 コンサートホール
http://piano-ishikawa.jp/community/

例年通り、井上道義さんによる指揮者講習会も行われるとすれば、この時期のイベントはさらに充実したものになりそうです。

2011/03/27

今日は石川県ジュニアオーケストラの定期演奏会。明日はスプリング・スペシャルコンサート 久石譲&OEKの世界 #oek

今日は石川県ジュニア・オーケストラの定期演奏会が行われました。が、別の用事があり、出かけられませんでした。明日は、「スプリング・スペシャルコンサート 久石譲&OEKの世界」が行われますが、こちらの方も行けません。公式サイトによると、「前売券は完売し、一部補助席のみあり」とのことです。

両コンサートとも、行かれた方、行かれる方がありましたら、感想をお聞かせください。

2011/03/26

2011年度OEK+石川県立音楽堂のカレンダーから。オペラ公演が増えてきているようです。 

2011~2012年のOEKの定期公演に加え,その他の公演の情報も書かれていましたので,今回,初めて情報が出てきたものを中心にご紹介しましょう。

・今年度の「池辺晋一郎の音楽堂アワー」は,石川県立音楽堂のカフェ・コンチェルトで開催
・06/28 アフタヌーン・スペシャルコンサート 森麻季さんと仲道郁代さんが登場
・もっとカンタービレシリーズは次のとおり
 06/29 OEKメンバー
08/23 いしかわミュージックアカデミー講師とのジョイントコンサート
10/24 マイケル・ダウスを迎えて
12/17 打楽器奏者菅原淳さんと共に
02/01 ラルフ・ゴトーニを中心とした室内楽
03/04 OEKメンバー
・池辺晋一郎さんのオペラ「高野聖」を12/09に金沢歌劇座で演奏。その後,数箇所で演奏。
・12/23-24 フンパーディンクの「ヘンゼルとグレーテル」を演奏(23日は定期公演として)。指揮は佐藤正浩
・02/17 メノッティのオペラ「泥棒とオールドミス」を邦楽ホールで上演。中島啓江さんが登場。
・03/04 OEK東京の日比谷公会堂で演奏
・音楽堂開館10周年イベント
 09/10 県民開放デーということで,石川県立音楽堂の舞台裏などを開放するイベントを行うようです。昨年9月に金沢21世紀美術館を開放するイベントが行われましたが,それの音楽堂版のようで,「音楽堂発マラソンコンサート」という企画も考えているようです。
 09/11 秋川雅史さんをゲスト審査員に向かえ,オーケストラと夢の共演。どういう内容かまだよく分かりませんが,「題名のない音楽会」あたりでやりそうな企画かもしれないですね。
 09/11 開館10周年記念ガラコンサート 音楽堂と縁のあるアーティストたちを迎えてのガラコンサート
・09/29 ウラディミール&ヴァフカ・アシュケナージ ピアノ・デュオリサイタル 

その他,ランチタイムコンサートもいろいろ趣向が凝らされているようです。特に9月の10周年企画が楽しそうです。

OEK2011-2012シーズン定期公演の概要が発表されました。ハーディングとミンコフスキが登場するようです。

本日,石川県立音楽堂&OEK情報誌「CADENZA」が送られてきました。その中に2011年9月以降の定期公演の情報が書かれていましたので,ご紹介しましょう。

2011年
09/08 井上道義 イワキメモリアルコンサート 望月京の新作+新世界から+岩城賞受賞者
09/17 井上道義 ヘンデル・ガラコンサート 西村雅彦(語り),シュレヅヴィヒ=ホルシュタイン合唱団
10/06 ポール・メイエ(クラリネットと指揮)
10/14 金聖響 山本貴志(ピアノ) シューマン特集 交響曲第1番「春」他
11/04 バレエ「ラ・シルフィード」をエッセン市立歌劇場バレエ団と@金沢歌劇座
11/28 ギュンター・ピヒラー 高木綾子(フルート),吉野直子(ハープ)
12/23 フンパーディング/歌劇「ヘンゼルとグレーテル」(室内オケ版)@邦楽ホール

2012年
01/08 山田和樹 モナ=飛鳥・オット(ピアノ) 
01/28 ラルフ・ゴトーニ(ピアノと指揮) シューベルト/交響曲第6番他
02/05 ラルフ・ゴトーニ(ピアノと指揮)  シューベルトのミサ曲をOEK合唱団と
03/03 井上道義 ショスタコ/交響曲第14番 他
03/10 宮川彬良のOEK POPS 第5弾
03/23 井上道義 バンベルク交響楽団メンバーと共演
04/13 広上淳一 シューベルト/交響曲第2番 他
05/13 井上道義「大人の音楽教室」(一体どういう企画?)
05/23 下野竜也 カボール・タルケヴィ(トランペット)
06/22 ジョアン・ファレッタ アメリカの作曲家の曲
06/29 企画中
07/13 ダニエル・ハーディング ベートーヴェン/交響曲第5番 他
07/26 マルク・ミンコフスキ ラヴェル/マ・メール・ロア全曲 他

一部,未定の部分はありますが,楽しみなプログラムが並んでいます。2012年にハーディングとミンコフスキが登場するのが特に注目です。それと,12/23に邦楽ホールを使った定期公演が行われるのも初めての試みだと思います。

2011/03/21

郷古廉君の生命力と気力みなぎるスペイン交響曲!忘れえぬ演奏会になりました。 #oek

不幸にして起こってしまった東北関東大震災から10日。OEKの定期公演に今回の地震で大きな被害を受けた宮城県多賀城市出身のヴァイオリニスト郷古廉君が登場しました。災害後の混乱の中,金沢に来るだけで立派なのですが,気力みなぎる堂々たるスペイン交響曲を聞かせてくれました。第1楽章から,演奏全体に高揚感がありました。井上さんとにらみ合うように演奏するシーンもあり,オーケストラとヴァイオリンの間に火花を散らすような緊張感がありました。一瞬も聞き逃せない演奏でした。その一方,静かな部分でじっくり聞かせる優しい表現も魅力的で,「本当に17歳?」と思わせるような表現力の豊かさと余裕がありました。本当に度胸のあるヴァイオリニストです。

今回の演奏については,どうしても”震災直後”という意識で聞いてしまいます。第3楽章の最後の一音の暴力的なまでの迫力。続く第4楽章の最初のトロンボーンの和音の深さ。その後に続く,郷古君のヴァイオリンの美しさ。災害で亡くなられた方を悼むレクイエムのように聞いてしまいました。最後の第5楽章は,それを吹っ切るようなスムーズで伸びやかな演奏でした。

井上音楽監督は,郷古君に対して,「本当に来てくれた良かった」と語っていました。誰もがそう思ったのではないかと思います。震災後の復興には想像を絶する大変さがあると思いますが,郷古君の演奏からは「希望」を感じることができました。

今回の演奏会では,前半の最初に井上音楽監督による挨拶があった後,オーケストラメンバーとお客さんの全員で黙祷を行いました。その後,一旦仕切りなおし,通常どおりの演奏会が始まりました。特に曲目を変更することなく,ロッシーニの明るい曲を演奏してくれたのが本当に良かったと思います。「普通にオーケストラの生演奏を聞けることがいちばん」と感じさせてくれました。その後演奏されたドビュッシーとルーセルの作品には,いつくしむような優しさといかにもフランス音楽らしい,品の良さがありました。

前半の後の休憩時間,井上音楽監督と池辺晋一郎さんをはじめ,OEKメンバーが客席に降りて,募金活動を行いました。故岩城宏之音楽監督以来のバケツ募金です。その結果,100万円以上の義援金を集めることができたとのことです。このお金については,郷古君を通じて,多賀城市に寄付されるとのことです。

今回の演奏会は,お客さんにとっても演奏者にとっても忘れようにも忘れられないような演奏会になったのではないかと思います。

2011/03/19

ラ・フォル・ジュルネ金沢2011 お得なセット券(3公演5000円)情報 #lfjk

ラ・フォル・ジュルネ金沢2011のチケットですが,通常の販売以外に,「3公演セットで5000円(500円お得)」というセット販売も行っています。Webサイトの方には,情報が上がっていないのですが,音楽堂チケットボックスにチラシがありましたので,ご紹介しましょう。販売は,4月15日までで,座席は自動割り振りになりますが,コンサートホールの公演はすべてS席です。

# 公演番号のみ書きました。詳細は次をご覧ください。
http://lfjk.jp/timetable0503.html
http://lfjk.jp/timetable0504.html

5月3日分
A1:フレンドリー名曲セット 212+223+216
A2:日本のシューベルトセット 232+213+224
A3:リフレッシュ名曲セット 221+214+235

5月4日分
B1:アンサンブル・セット 312+323+315
B2:名ピアニスト・セット 322+314+325
B3:ドラマティック・セット 321+313+334

2011/03/18

3月21日の定期公演に登場する郷古廉さん,12時間かけて宮城県から金沢に到着!

3月21日のOEK定期公演に登場する17歳のヴァイオリニスト郷古廉(ごうこすなお)さんと井上道義音楽監督の記者会見の様子が,公式サイトで紹介されています。

郷古さんは,宮城県多賀城市のご出身で,3月11日の東北関東大地震の際,自宅で被災されました。ご自宅は高台にあったため,被害はなかったようですが,今回の公演のため,金沢まで12時間かけて来られました。その心意気は素晴らしいですね。被災者の皆さんを励ますような熱い公演になることを期待したいと思います。

http://www.orchestra-ensemble-kanazawa.jp/news/2011/03/297.html

なお,OEKの東京公演については,3月24日の公演は中止になりましたが,3月25日の公演の方は,次のとおり,節電に配慮しながら,行われます。せっかくの公演ですので,こちらの方も東日本に元気を与えるような演奏会になってほしいと思います。
http://www.operacity.jp/concert/topics/110318.php

山田和樹さん,第21回出光音楽賞を受賞。6月22日のOEK定期公演にロジェ・ブトリー氏の代役で登場 #oek

第21回出光音楽賞の受賞者が次のとおり発表されました。

・片岡リサ(箏)
・南紫音(ヴァイオリン)
・山田和樹(指揮)

http://www.mde.co.jp/topics/110316_10382.html

指揮の山田和樹さんは,OEKのミュージックパートナーとして,OEKファンにはすっかりお馴染みの方です。ラ・フォルジュルネ金沢2011にも登場します。

ヴァイオリンの南紫音さんは,いしかわミュージック・アカデミーを受講されていた方ですので,こちらもお馴染みの方ですね。そのうち,「題名の音楽会」で授賞記念演奏会は放送されるはずです。

なお,山田さんですが,OEK公式サイトの情報によると,6月22日の第304回定期公演フィルハーモニー・シリーズに,指揮者のロジェ・ブトリー氏の代役で登場するようです。
http://www.orchestra-ensemble-kanazawa.jp/news/2011/03/304.html

2011/03/16

3月24日OEK東京定期公演も中止。本日(3/16)の「チョン・ミョンフン指揮チェコフィル&庄司紗矢香」金沢公演も中止

3月24日(木)19:00 サントリーホール で行われる予定だったオーケストラ・アンサンブル金沢 第27回東京定期公演ですが,東北関東大地震の影響で中止されることになりました。詳細は次をご覧ください。
http://www.orchestra-ensemble-kanazawa.jp/news/2011/03/oek27.html

この公演中止については,井上道義音楽監督の公式サイトにもメッセージが書かれています。
http://www.michiyoshi-inoue.com/message/

OEKの公演ではありませんが,本日行われる予定だった「チョン・ミョンフン指揮チェコフィル&庄司紗矢香」公演も中止となりました。こちらについては,次をご覧ください。
http://www.ongakudo.pref.ishikawa.jp/cgi-bin/topicviw.cgi?id=1300239819

改めて,今回の震災の被害の広がりの大きさを痛感しています。クラシック音楽のコンサートというのは,社会基盤がしっかりして初めて成り立つなものなのかもしれません。その分,大きな感動を与えてくれるのだと思います。

2011/03/14

3月15日のOEK横浜公演は中止

明日,横浜で行われる予定だった金聖響指揮OEKによる公演(神奈川大学吹奏楽部との共演)は,次の記事のとおり,中止となりました。

http://www.orchestra-ensemble-kanazawa.jp/news/2011/03/oek_17.html

計画停電が始まり,首都圏の交通網が混乱している状況では,仕方がないと言えそうです。

3月21日の金沢での定期公演に関して,井上道義音楽監督のサイトに次のようなメッセージが書かれていました。

http://www.michiyoshi-inoue.com/message/

宮城県在住のヴァイオリンの郷古廉さんとは無事連絡が取れたとのことです。この演奏会は是非行って頂きたいと思います。

2011/03/12

3月21日のOEK定期公演に登場するヴァイオリニストの郷古廉さんは宮城県出身

東北地方の大地震の被害は,多方面に広がり,大変なことになっていますが,OEKの次回の定期公演に登場する,郷古廉さんは,宮城県多賀城市出身のようです。現在まだ高校生ですので,今度の定期公演に出演することができるのか気になるところですが,OEKファンとしては,しっかり応援してあげたいと思います。

http://www.tpo.or.jp/about/conductor/detail-75.html

なお,明日の名古屋公演と15日の横浜公演については,予定どおり行うとのことです。
http://www.orchestra-ensemble-kanazawa.jp/news/2011/03/post_249.html

ラ・フォル・ジュルネ金沢2011 チケット発売開始

大地震・大津波で,「それどころではない」という感が無きにしもあらずですが,本日からラ・フォル・ジュルネ金沢2011のチケット発売が始まっています。購入方法は次のとおりです。

http://lfjk.jp/ticket01.html

ただし,チラシに書いてある「お得なセット券5000円」については,上のサイトには書いてないようです。これはもう少し後に販売されるのでしょうか?この辺の情報が欲しいところです。

2011/03/10

ラ・フォル・ジュルネ金沢2011前半の街なかプログラムの内容が公開されています。

3月9日は青島広志さんが登場する,OEKファンタジー定期公演が行われましたが,青島さんについては,これから何回もラ・フォル・ジュルネ金沢などでお会いする機会も多そうなので,今回の公演はパスさせて頂きました。行かれた方がありましたら,是非内容についてお知らせください。3月8日に行われた,音楽堂アワーの方も,池辺晋一郎さんと青島さんの共演という豪華顔合わせということで,行ってみたかったのですが...こちらにも行けませんでした。

さて,このラ・フォル・ジュルネのスケジュールについてですが,公式サイトの方に前半(4月27日~5月1日)のプログラム概要が掲載されていましたので,お知らせします。

http://lfjk.jp/timetable0427-0502.html

4月30日と5月1日は,赤羽ホールで合計6公演が行われますので,これと金沢歌劇座での少年少女合唱フェスティバル,しいのき迎賓館での吹奏楽の日を組み合わせると,「街なかラ・フォジュ・ジュルネ」を健康的に楽しむことができそうです。

2011/03/07

もっとカンタービレ第25回は,北谷直樹さんのチェンバロを中心とした熱く,ダンサブルなバロック音楽特集

もっとカンタービレ・シリーズの第25回は,今年度の最終回ということもあり,大変大勢のお客さんが入りました。今回は,チェンバロ奏者の北谷直樹さんを中心とした,バロック音楽特集でした。その演奏ですが,期待を大きく上回る,大変スリリングで,熱いバロック音楽を楽しむことができました。交流ホールでの公演の場合,ステージと客席の距離が非常に近いので,一体感が出やすいのですが,そのメリットを生かした,生気溢れる演奏の連続でした。

バロック音楽といえば,静かな音楽という印象を持つ人もいると思いますが,今回の演奏は,その先入観を裏切り,「バロック音楽も当時のポピュラー音楽(=民族的な踊りの音楽)なんだ」ということを思わせてくれました。

最初に演奏された, ビーバーの戦闘(バッターリャ)からびっくりでした。いきなり足踏みが始まったり,現代音楽を思わせる無調音楽になったり,型破りな音楽の連続でした。続く バッハのブランデンブルク協奏曲第3番と第5番もキリリとしたテンポによる,ビートの効いた演奏でした。

後半の,バッハ,Ph.Eのチェンバロ協奏曲イ短調,Wq26は初めて聞く曲でしたが,これもキリリと締まっており,聞き応えがありました。ブランデンブルクの5番でもそうでしたが,北谷さんのチェンバロは,大変流麗で,協奏曲らしい見せ場をしっかりと作っていました。

その後は,ダンス音楽風の作品が続きました。パッヘルベルの曲は,通常はカノンだけが演奏されることが多いのですが,今回演奏されたジーグも大変生き生きとした曲で,この名曲を再発見した気分になりました。 ファルコニエーリのチャナコンナ, ジェミニアーニの合奏協奏曲ニ短調 (コレッリの「ラ・フォリア」op.5-12による)とこれまで聞いたことのない曲が最後に続きましたが,この両曲での北谷さんのチェンバロの熱さは尋常ではありませんでした。それに応えるアビゲイル・ヤングさんを中心とするOEKメンバーの演奏も名技性たっぷりの熱いものでした。満員の交流ホールで聞くからこそ味わえる,一期一会的な素晴らしい演奏だったと思います。

今回は,テオルボとバロックギターの高本一郎さんも演奏に加わっていましたが,その音も効果的でした。高本さんの音が加わることで,ビートがよりくっきりとした感じになり,曲の推進力が増していたような気がしました。ちょっとザラリとした感触も面白く,通常のバロック音楽の演奏会とは一味違った気分を出していました。

今回の演奏会は,9:15ぐらいまでかかり,ボリューム的にもたっぷりでしたが,過去の「もっとカンタービレ」シリーズの中でも特に面白い内容だったと思います。北谷さんとOEKメンバーの共演については,是非,続編を期待したいと思います。

2011/03/06

3月7日もっとカンタービレ「バロック音楽の夕べ」のプログラム

OEKの演奏による「椿姫」の福井公演が3月5日に無事終わったようですね。

3月7日の,もっとカンタービレですが,詳細なプログラムがチラシに書かれていましたので,お知らせしましょう。

ビーバー/戦闘(バッターリャ)ニ長調
バッハ,J.S./ブランデンブルク協奏曲第3番ト長調,BWV1048
バッハ,J.S./ブランデンブルク協奏曲第5番ニ長調,BWV1050
バッハ,Ph.E./チェンバロ協奏曲イ短調,Wq26
パッヘルベル/3台のヴァイオリンとバッソコンティーヌオのためのカノンとジーグニ長調
ファルコニエーリ/2台のヴァイオリンとバッソコンティーニヌオのためのチャナコンナ ト長調
ジェミニアーニ/合奏協奏曲ニ短調 (コレッリの「ラ・フォリア」op.5-12による)

今回はチェンバロの北谷直樹さんとテオルボ,バロックギターの高本一郎さんをゲストに招いてのバロック音楽特集です。このシリーズの広報は,いつもチラシがあまり出回っていない気がするのですが(北陸中日新聞には掲載されている?),内容はとても面白そうなので,改善の余地がある気がしています。それと,次年度の予定を早く知りたいですね。

2011/03/04

HAB、秋にOEKのミニ番組

9~10月から北陸朝日放送が、石川県立音楽堂10周年記念「OEK・カンタービレ(仮題)」の放送を始めるとのことです。内容は、次の通りです。

-井上道義音楽監督やOEKメンバーが、「コンサートの楽しみ方」「地元の風景とマッチする音楽」などをテーマに音楽の魅力を語る
-週1回、5分程度のミニ番組
-半年以上は続ける予定

新しい試みとして期待したいと思います。

情報源:朝日新聞 石川版
http://mytown.asahi.com/areanews/ishikawa/OSK201103010191.html

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック