OEKのCD

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« ラ・フォル・ジュルネ金沢2011 お得なセット券(3公演5000円)情報 #lfjk | トップページ | OEK2011-2012シーズン定期公演の概要が発表されました。ハーディングとミンコフスキが登場するようです。 »

2011/03/21

郷古廉君の生命力と気力みなぎるスペイン交響曲!忘れえぬ演奏会になりました。 #oek

不幸にして起こってしまった東北関東大震災から10日。OEKの定期公演に今回の地震で大きな被害を受けた宮城県多賀城市出身のヴァイオリニスト郷古廉君が登場しました。災害後の混乱の中,金沢に来るだけで立派なのですが,気力みなぎる堂々たるスペイン交響曲を聞かせてくれました。第1楽章から,演奏全体に高揚感がありました。井上さんとにらみ合うように演奏するシーンもあり,オーケストラとヴァイオリンの間に火花を散らすような緊張感がありました。一瞬も聞き逃せない演奏でした。その一方,静かな部分でじっくり聞かせる優しい表現も魅力的で,「本当に17歳?」と思わせるような表現力の豊かさと余裕がありました。本当に度胸のあるヴァイオリニストです。

今回の演奏については,どうしても”震災直後”という意識で聞いてしまいます。第3楽章の最後の一音の暴力的なまでの迫力。続く第4楽章の最初のトロンボーンの和音の深さ。その後に続く,郷古君のヴァイオリンの美しさ。災害で亡くなられた方を悼むレクイエムのように聞いてしまいました。最後の第5楽章は,それを吹っ切るようなスムーズで伸びやかな演奏でした。

井上音楽監督は,郷古君に対して,「本当に来てくれた良かった」と語っていました。誰もがそう思ったのではないかと思います。震災後の復興には想像を絶する大変さがあると思いますが,郷古君の演奏からは「希望」を感じることができました。

今回の演奏会では,前半の最初に井上音楽監督による挨拶があった後,オーケストラメンバーとお客さんの全員で黙祷を行いました。その後,一旦仕切りなおし,通常どおりの演奏会が始まりました。特に曲目を変更することなく,ロッシーニの明るい曲を演奏してくれたのが本当に良かったと思います。「普通にオーケストラの生演奏を聞けることがいちばん」と感じさせてくれました。その後演奏されたドビュッシーとルーセルの作品には,いつくしむような優しさといかにもフランス音楽らしい,品の良さがありました。

前半の後の休憩時間,井上音楽監督と池辺晋一郎さんをはじめ,OEKメンバーが客席に降りて,募金活動を行いました。故岩城宏之音楽監督以来のバケツ募金です。その結果,100万円以上の義援金を集めることができたとのことです。このお金については,郷古君を通じて,多賀城市に寄付されるとのことです。

今回の演奏会は,お客さんにとっても演奏者にとっても忘れようにも忘れられないような演奏会になったのではないかと思います。

« ラ・フォル・ジュルネ金沢2011 お得なセット券(3公演5000円)情報 #lfjk | トップページ | OEK2011-2012シーズン定期公演の概要が発表されました。ハーディングとミンコフスキが登場するようです。 »

コメント

予想通り、この会場にも大震災に係る事が終始折りこまれてしまいました。舞台の会話と黙祷と募金・・・正直に言えば、失望しました。私は、連日の報道で、すっかり萎えてしまった気持ちを転換に来たのにです。

 音楽会は非日常の世界です。せめてこのひと時は、震災のことは忘れたかったと、そう言うことを言うと薄情者になるのでしょうか?

 私、この震災から何かを学んだ、いえ学んだ錯覚に陥っています。自分の事ではないから、本当は何もわかってないのですが、少なくとも心は大変脅えています。あの方々に何もできない、わが日々をどうとも変えられない、そんあ自分大切さにもう辟易しています。

 だからこそ、今日はこのコンサートで大いに気分を変えたかった。来場の幾人の方も同じ思いじゃなかったでしょうか。皆さん、今日のコンサートの意味がわかっている、だから、あえて言葉で、態度で示して欲しくなかったなあと思うのです。

 今日くらい、ただただひたすらに音楽をして欲しかったと感じました。

めの・もっそさん,今晩は。私も,このところの震災の報道の連続で,気分的には萎えていたのですが,災害が起きてまだ10日という時期ですので,音楽だけに浸るというのは難しいのではないかと思っています。むしろ,意識的に震災と結び付け,「義援金の募金」「盛大な拍手」「黙祷」といった形で参加することで気持ちが落ち着いた気がします。

今回の演奏会は,そういう意味で,「邪道」「例外」だったと思います。私も,純粋に音楽だけを楽しめる日が,日本中に早く戻ってくることを願っています。

詳しいレポート頂き、ありがとうございました。聴こえてくるようでした。
純粋に音楽を聴きに、音楽で全てを忘れにいらした方々には御不快な想いをされた方もいらっしゃったかと思いますが、こんなにも多くの方が金沢でご協力くださったことを、わたしたちは忘れません。OEKが仙台にいらしたのを聴きにいったこともありますが、またいつか仙台にいらして頂ける日を、普通に音楽会を楽しめる世の中が戻ってくることを願ってます。仙台のホールは中が壊滅状態だそうです。金沢のように、音楽が流れる日を待ちながら復興に努めたいと思います。ありがとうございました。

momoさま お返事がすっかりおそくなりましたが,ブログの記事で書いたとおり,4月18日に仙台フィルが金沢で演奏会を行うことになりました。しっかり応援をしてきたいと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152606/51181242

この記事へのトラックバック一覧です: 郷古廉君の生命力と気力みなぎるスペイン交響曲!忘れえぬ演奏会になりました。 #oek:

« ラ・フォル・ジュルネ金沢2011 お得なセット券(3公演5000円)情報 #lfjk | トップページ | OEK2011-2012シーズン定期公演の概要が発表されました。ハーディングとミンコフスキが登場するようです。 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック