OEKのCD

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« ラ・フォル・ジュルネ金沢2011オープニング・コンサートは、例年通り大盛況。変則配置の「未完成」は妙に心に染みました。ミッキーと一騎打ちのような「魔王」 ホルツマイヤーさんは素晴らしい。#lfjk | トップページ | ラ・フォル・ジュルネ金沢2011 ブラスの響き 陸上自衛隊中央音楽隊の演奏を聞いてきました。大勢の中高生たちが最高峰の演奏を熱心に聞いていました。#lfjk »

2011/04/30

ラ・フォル・ジュルネ金沢2011エリア・イベントをハシゴ。音楽堂→赤羽ホール→歌劇座 と動いてみましたが,さすがに疲れました。#lfjk

今日のラ・フォル・ジュルネ金沢2011の公演は,エリア・イベント目白押しということで,どれぐらい回れるだろうか,と半分実験的な意味も含め,かなりハードなハシゴをしてみました。

まず,12:00~石川県立音楽堂に行き,チャリティ・プロムナードコンサートの第1部を聞きました。パイプオルガンの演奏あり,ピアノ独奏あり,ソプラノ独唱あり,ととても楽しめました。その後,JR金沢駅から「まちバス」(100円)に乗り,金沢21世紀美術館まで行き,金沢歌劇座でやっていた「少年少女合唱フェスティバル」の様子を見てきました(観賞というよりは,ほとんど取材のようなものです)。

歌劇座の1階の方はほとんど満席で,2階席で聞いたのですが,いろいろな合唱団が入れ替わり立ち替わり入ってくるので,全く飽きずに楽しめそうでした(金沢市立の学校が毎年やっている連合音楽会のような感じでしたね)。

そのままずっと腰を落ちつけたかったところですが,14:00~赤羽ホールでの有料公演に行かないといけないので,13:40頃に歌劇座を出て,赤羽ホールまで歩きました。微妙な時間でしたが,20分以内で到着できました(赤羽ホールでは,三枝さんがプレトークをされていましたが,それが結構長くなっていたようでした。)。

赤羽ホールでの公演は,能舞と声楽の共演という金沢ならではの公演でした。この公演は5月3日に音楽堂の邦楽ホールでも行われることになっています。シューベルトの「美しき水車屋の娘」の中から6曲抜粋し,それに合わせて,何かのストーリーを演じていました。これは昨年もそうだったのですが,この能で何を演じていたのかが,全く分からず(おそらく,歌曲のストーリーどおり,失恋の物語だった?),今回もまた消化不良でした。この公演は,リーフレットが全くなかったのですが(こういうケースは初めて?),能の公演だからこそ,リーフレットぐらいは付けてほしかったですね。

この「美しき水車屋の娘」という曲は,私自身,シューベルトの曲の中でも特に好きな曲で,一度,是非,生で聴きたいと思っていた曲でした。今回は,テノールの志田さんとソプラノの森岡さんが交互に歌う,という変則的な形を取っていましたが,この辺にもかなり違和感を感じてしまいました。最後は2人で一緒に歌う,という形になっていましたが...正直なところ「イメージと違う!」という感じでした。それとやはり,能舞を見るならば,邦楽ホールの方が良かったかもしれません。

志田さんと森岡さんとピアノの多田さんは,何と着物+袴で演奏されており,「これはちょっと他では見られないだろうな」という内容でしたが,全体としては,ちょっと期待外れの公演でした。

前半に演奏された,水上さんのヴァイオリンと鶴見さんのピアノによる幻想曲も一度聞きたかった曲です。幽玄の世界と言っても良い演奏で,もしかしたら,こちらの曲の方が能に合ったかもしれないという気もしました。

その後,再度歌劇座まで歩き,少年少女合唱フェスティバルを最後まで聞きました。昨日のオープニングコンサートで登場した名古屋少年少女合唱団をはじめ,レベルの高い演奏の連続でした。地元の小学校の合唱団も非常に澄んだ声を聞かせてくれました。これも嬉しかったですね。

最後は,昨日同様,「野ばら」を全員で合唱しました。司会のしゅううさえこさんによる,簡単なドイツ語指導などもあったりして,和気あいあいとしたムードでお開きとなりました。

というわけで,感想なのですが,やはり,金沢市内のハシゴは疲れます。ただし,これは今日が雨だったからかもしれません。晴れていれば健康的で爽快な運動になりそうです。

« ラ・フォル・ジュルネ金沢2011オープニング・コンサートは、例年通り大盛況。変則配置の「未完成」は妙に心に染みました。ミッキーと一騎打ちのような「魔王」 ホルツマイヤーさんは素晴らしい。#lfjk | トップページ | ラ・フォル・ジュルネ金沢2011 ブラスの響き 陸上自衛隊中央音楽隊の演奏を聞いてきました。大勢の中高生たちが最高峰の演奏を熱心に聞いていました。#lfjk »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152606/51534812

この記事へのトラックバック一覧です: ラ・フォル・ジュルネ金沢2011エリア・イベントをハシゴ。音楽堂→赤羽ホール→歌劇座 と動いてみましたが,さすがに疲れました。#lfjk:

« ラ・フォル・ジュルネ金沢2011オープニング・コンサートは、例年通り大盛況。変則配置の「未完成」は妙に心に染みました。ミッキーと一騎打ちのような「魔王」 ホルツマイヤーさんは素晴らしい。#lfjk | トップページ | ラ・フォル・ジュルネ金沢2011 ブラスの響き 陸上自衛隊中央音楽隊の演奏を聞いてきました。大勢の中高生たちが最高峰の演奏を熱心に聞いていました。#lfjk »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック