OEKのCD

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« ラ・フォル・ジュルネ金沢2011開幕 金沢駅周辺は例年通り大勢の人が集まっていました。 #lfjk | トップページ | ラ・フォル・ジュルネ金沢2011エリア・イベントをハシゴ。音楽堂→赤羽ホール→歌劇座 と動いてみましたが,さすがに疲れました。#lfjk »

2011/04/29

ラ・フォル・ジュルネ金沢2011オープニング・コンサートは、例年通り大盛況。変則配置の「未完成」は妙に心に染みました。ミッキーと一騎打ちのような「魔王」 ホルツマイヤーさんは素晴らしい。#lfjk

ラ・フォル・ジュルネ金沢2011オープニング・コンサートを聞いてきました。午前中は風がやや強く、肌寒かったのですが、午後からは快晴になり(毎年4月29日は快晴かも?)、例年通り大盛況の演奏会となりました。

P1000565

東日本大震災で亡くなられた方に対する献奏に続き、例年通りセレモニーがありました。昨年と違うのは金沢市長が山野さんに変わったことです。とても明るい声の挨拶で、そのままシューベルトの歌を歌って頂きたいほどでした。

演奏会の方は、井上道義さん指揮OEKでまず、「未完成」が演奏されました。この曲は、世界中でさんざん演奏されている曲ですので、井上さんらしく、やはり一ひねり入れてきました。オーケストラの配置を下手側に弦楽器、上手側に管楽器を集め、ヴィオラ、チェロ、コントラバスをステージ奥に並べる、という独特の配置でした。この配置(全く同じか定かではありませんが)での「未完成」は、数年前の新人登竜門コンサートでも実験済ですが、弦楽オーケストラと吹奏楽が左右で掛け合いをしているという感じで、とても面白かったと思います。「未完成」は、第2楽章を中心に木管楽器が大活躍しますので、その点でも理に適っている気がしました。

今回のオーボエは加納さん、クラリネットは遠藤さんでしたが、この配置だと、演奏後に指揮者と握手しやすいので、それも狙いかなと思ったりしました。

演奏も素晴らしく、非常に真面目というか、何か色々な感情をぐっと抑制したような、秘めた迫力がありました。冒頭のコントラバスの響きは、ステージの奥から不気味に立ち上がり、その後もじっくりと抑えたテンポで一貫しており、甘さや華やかさを極力抑えているようでした。その分、第2楽章のさりげない優しさが、強く印象に残りました。

後半は、OEKお得意の管弦楽伴奏版のリート名曲集でした。3人の歌手が次々出てきましたが、何といってもヴルフガング・ホルツマイアーさんの声にしびれました。バリトンなのですが、テノールの志田さんよりも明るさを感じさせてくれるような声で、リートにぴったりでした。最後の「魔王」では、オーケストラ版ならではのドラマティックな表現を聞かせてくれました。曲の最後の部分などは、井上さんと一体になって、オペラの中の一場面を演じきったような面白さがありました。

ちなみに、この「魔王」ですが(リスト編曲版だと思います)、最初の部分を聞くとマーラーの「復活」を思い出してしまいます。今回、東京のLFJのテーマはマーラーを含んでいたのですが、以外にシューベルトと近い部分もある気がしています。

演奏会後は、さっそく、公式CDと辻口カフェのお菓子を購入しました(この辺も毎年恒例)。今年も順調にスタートといったところです。ちょっと心配なのは、天候でしょうか。これから5月4日まで、しっかり楽しみたいと思います。

« ラ・フォル・ジュルネ金沢2011開幕 金沢駅周辺は例年通り大勢の人が集まっていました。 #lfjk | トップページ | ラ・フォル・ジュルネ金沢2011エリア・イベントをハシゴ。音楽堂→赤羽ホール→歌劇座 と動いてみましたが,さすがに疲れました。#lfjk »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ラ・フォル・ジュルネ金沢2011開幕 金沢駅周辺は例年通り大勢の人が集まっていました。 #lfjk | トップページ | ラ・フォル・ジュルネ金沢2011エリア・イベントをハシゴ。音楽堂→赤羽ホール→歌劇座 と動いてみましたが,さすがに疲れました。#lfjk »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック