OEKのCD

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 「とどけ!音楽の力 広がれ!音楽の輪」缶バッチ ラ・フォル・ジュルネ金沢2011のインフォメーションで発売中 #lfjk | トップページ | ラ・フォル・ジュルネ金沢2011。いよいよ本公演。ホルツマイヤーさん&井上道義OEKによる管弦楽伴奏版「冬の旅」もすごかったけれども,音楽堂の玄関先でのブラシシモ・ウィーンの盛り上がりもすごかった。気分は前夜祭。 #lfjk »

2011/05/01

ラ・フォル・ジュルネ金沢2011 5月1日は,午後から「吹奏楽の日」へ。陸上自衛隊中央音楽隊と小松明峰の奇跡の(?)コラボで,会場は大盛り上がり #lfjk

ラ・フォル・ジュルネ金沢2011の5月1日のイベントですが,昨日はさんざん動きまわったので,今日は「吹奏楽の日」だけに集中しました。実は,半分まで「吹奏楽の日」に参加し,途中から文教会館の「ピアノの日」に移動しようと思っていたのですが,あまりにも面白かったので,移動するのは止め,13:30~16:00まで(休憩なし)吹奏楽に浸ることにしました。

もともとは昨年同様,しいのき迎賓館裏の石の広場で行われる予定だったものが,今回は,天候不良のため(雨というより風が強かったですね),本多の森ホールでの開催に変更になったものです。ただし,このホールでのパフォーマンスというのは,ある面,良かったと思います。「イベントの絵」としては,昨年のような「晴天の下の吹奏楽」の方が良いのですが,ホール内の方で行う方がイベントとしての盛り上がりは大きくなる気がしました。

# 盛り上がりの前提となるのは,お客さんの数ですが,結構たくさんのお客さんが入っていました。1000人以上は入っていたと思います。

今回登場したのは,登場順に,小松市立高校吹奏楽部,石川県警察音楽隊,小松明峰高校吹奏楽部,百萬石ウィンドオーケストラ,陸上自衛隊中央音楽隊でした。各バンドが約30分ずつ,それぞれトークを入れながら演奏するというもので,それぞれのキャラをしっかり楽しめました。

特にすごかったのが,石川県立小松明峰高校吹奏楽部と陸上自衛隊中央音楽隊の演奏でした。明峰の演奏は,過去のLFJKでも聞いてきましたが,ホールの中でじっくり聞くと,演奏と振付が一体となった「音楽の楽しませ方」が熟練の域(?)に達していることが良く分かりました。明峰お得意の「小さな世界」「宝島」など,大変鮮やかでした。

陸上自衛隊中央音楽隊の方は昨日聞いたばかりだったのですが,今日は昨日と全く違う選曲で,気持ちの良いマーチやアップテンポの曲を中心とした楽しい演奏を聞かせてくれました。今回登場した吹奏楽バンドはどれも水準は高かったのですが,やはり陸上自衛隊中央音楽隊の演奏には,常にリズムにしっかりとした芯があり,腰が据わった安心感がありますl。各パートごとの音のまとまりも素晴らしいと思いました。

最後にエル・クンバンチェロが演奏されたのですが,ここで素晴らしいコラボがありました。途中,パーカッションなどがアドリブなどを入れる部分で,小松明峰の生徒が,ステージの袖から沸いて出てきて,超強力な盛り上げ隊となりました。明峰の吹奏楽部員は控えの1年生も含めると100名もいるとのことで(この数字もすごい),会場はすごいことになりました(この日は,写真撮影をしている方も多かったので,私の方も撮影してしまいました。公開に問題があればご連絡ください。)。

0501_3

本多の森ホールは,クラシック音楽の演奏会には向かないのですが,こういうパフォーマンスを行う場合,ワンフロアになので好都合です。一気に客席の通路が明峰のトレーナーを着た生徒たちに占拠されました。この演出は最初から仕組まれていたのか,急きょアドリブ的にやることになったのか不明ですが,大成功でした。陸上自衛隊の人たちも大変楽しげ演奏していました。

吹奏楽を野外で演奏するか,屋内で演奏するかは一長一短ですが,今回の「吹奏楽の日」公演に参加して,文字通り,「祭典」になっていたのがとても良かったと思います。この連休付近は,県内の高校の吹奏楽部の定期演奏会も集中している「吹奏楽シーズン」なのですが,冬の間に技と芸(?)を磨き,「吹奏楽の日」で一気に発散というのが,石川県の新たな伝統になっても面白いかも,と実感しました。

« 「とどけ!音楽の力 広がれ!音楽の輪」缶バッチ ラ・フォル・ジュルネ金沢2011のインフォメーションで発売中 #lfjk | トップページ | ラ・フォル・ジュルネ金沢2011。いよいよ本公演。ホルツマイヤーさん&井上道義OEKによる管弦楽伴奏版「冬の旅」もすごかったけれども,音楽堂の玄関先でのブラシシモ・ウィーンの盛り上がりもすごかった。気分は前夜祭。 #lfjk »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152606/51549107

この記事へのトラックバック一覧です: ラ・フォル・ジュルネ金沢2011 5月1日は,午後から「吹奏楽の日」へ。陸上自衛隊中央音楽隊と小松明峰の奇跡の(?)コラボで,会場は大盛り上がり #lfjk:

« 「とどけ!音楽の力 広がれ!音楽の輪」缶バッチ ラ・フォル・ジュルネ金沢2011のインフォメーションで発売中 #lfjk | トップページ | ラ・フォル・ジュルネ金沢2011。いよいよ本公演。ホルツマイヤーさん&井上道義OEKによる管弦楽伴奏版「冬の旅」もすごかったけれども,音楽堂の玄関先でのブラシシモ・ウィーンの盛り上がりもすごかった。気分は前夜祭。 #lfjk »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック