OEKのCD

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« ラ・フォル・ジュルネ金沢2011。いよいよ本公演。ホルツマイヤーさん&井上道義OEKによる管弦楽伴奏版「冬の旅」もすごかったけれども,音楽堂の玄関先でのブラシシモ・ウィーンの盛り上がりもすごかった。気分は前夜祭。 #lfjk | トップページ | ラ・フォル・ジュルネ金沢2011最終日。今日も快晴で大賑わい。フェアウェルコンサートまでたっぷりた楽しみました。MVPはホルツマイヤーさんと柏高校吹奏楽部かな。関係者の皆さまありがとうございました #lfjk »

2011/05/03

ラ・フォル・ジュルネ金沢2011 本公演2日目。いよいよ本格的にハシゴ。晩年の大作を聞いた後,今晩は,エーデルワイスカペレで締め。今年の金沢はアフターコンサートがすごい?#lfjk

ラ・フォル・ジュルネ金沢2011,今日と明日が本番という感じです。過去3回のLFJKでは,コンサートホールでの公演を中心に聞いてきたのですが,今日はアートホール中心に攻めることにしました。

まず,ミシェル・ダルベルトさんの独奏による,シューベルトのピアノ・ソナタは「外すわけには行かないだろう」ということで,「裏番組」のOEKの公演を裏切ってしまいました(幸いなことに,これはHABでテレビ放送してくれたようなので録画することにしました)。ダルベルトさんを入れるならば,田部京子さんも,庄司紗矢香さんも...,それに一度生で聞いてみたかった,晩年の大作,弦楽五重奏も聞きたい...ということで,邦楽ホール→アートホール→アートホール→アートホールというコースになりました。

その結果ですが,どれも素晴らしい演奏でした。やはりダルベルトさんは素晴らしいですね。シューベルトを得意にされている方ということで,抒情的な演奏を得意とする方なのかな,と思っていたのですが,力強い打鍵も素晴らしく,オールマイティのピアニストなんだ,ということがよく分かりました。明日の,OEKとの「さすらい人」幻想曲の管弦楽伴奏版も大変楽しみになりました。

田部京子さんによる,ピアノソナタ第21番も,独自の”田部さんの宇宙”を堪能しました。ライプツィヒ弦楽四重奏団とドマルケットさんによる弦楽五重奏曲は50分以上かかる演奏で,天国的な長さの曲を真正面からじっくり聞かせてくれました。

午前中聞いた,庄司紗矢香さん,ヴァシリエヴァさん,ダルベルトさんによるピアノ三重奏曲第2番では,室内楽奏者としての庄司さんの演奏を楽しむことができました。絶妙のバランスで室内楽的に聞かせる部分と,ソリスト的に強く聞かせる部分との両方を味わうことができ,大変聞きごたえのある演奏になっていました。

今回はアートホール中心に聞いたので,結構,間に余裕があり,いろいろと無料公演を眺めるために歩きまわっていたのですが,そのこともあり,夕方にはかなり疲れてきました。

18:00以降は,コンサートホールで,シャルリエさんのヴァイオリンによる,ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲を聞いた後,鈴木秀美さん,若松夏美さん,高田あずみさんによる弦楽三重奏を聞いたのですが,さすがにこの辺りではボーっとなっていました。

その状態で,最後に「ザ・グレイト」をヨンミン・パクさん指揮ウォンジュ・フィルで聞きました。一体どうなることか,と思いましたが...これがとっても良かったですね。韓国と言えばキムチですが,どちらかというと醤油味という感じのさっぱりとした演奏で,疲れた体に大変心地よく音が染み込みました。実は,ウォンジュ・フィルの前日の演奏を聞いて,イマイチかなと思ったのですが(やはり指揮者2人のコンサートというのは難しい面が多かったのだと思います),韓流俳優のようにスマートなヨンミン・パクさんの熱くなり過ぎない指揮ともども,独特の持ち味があると感じました。

すべての演奏が終わった後,音楽堂の玄関に出ると,今日もまた楽しげな音楽が...今晩はエーデルワイス・カペレの皆さんでした。
0503
今日もまた「出来上がっている方」が大勢いたのですが,そこに演奏会帰りの人々が加わり,さらに雰囲気が盛り上がりました。途中で井上道義さんと池辺晋一郎さんがダンスで乱入したり,「熱狂の日」ならではの楽しいステージが続きました。

今年はコンサートホールの有料公演のお客さんの入りは,少し悪い気がしますが,反対に無料公演でのお客さんの盛り上がりは例年以上だと思います。これは悪いことではないと思います。特に「アフターコンサート」と言っても良い夜9:00過ぎからの盛り上がりが凄いですね。ラ・フォル・ジュルネ金沢は,クラシック音楽のイベントなのですが,もう一つ別の面も持っており,クラシック音楽のカテゴリーを離れ,「音楽を肴に自由に楽しもう」という地域イベントとしてもに定着しつつあるのかもしれませんね。

さて,いよいよ明日が最終日です。明日もまた,トリの公演が凄いことになりそうです。本日,人が多すぎてじっくり見ていない(聞いていない),柏市立柏高等学校吹奏楽部の演奏にひそかに注目しています。

« ラ・フォル・ジュルネ金沢2011。いよいよ本公演。ホルツマイヤーさん&井上道義OEKによる管弦楽伴奏版「冬の旅」もすごかったけれども,音楽堂の玄関先でのブラシシモ・ウィーンの盛り上がりもすごかった。気分は前夜祭。 #lfjk | トップページ | ラ・フォル・ジュルネ金沢2011最終日。今日も快晴で大賑わい。フェアウェルコンサートまでたっぷりた楽しみました。MVPはホルツマイヤーさんと柏高校吹奏楽部かな。関係者の皆さまありがとうございました #lfjk »

コメント

こんにちは。愛知在住のKatsuomaruです。
私も家族で、3日の公演に行きました。当初は母と二人でいく予定でしたが、嫁いでいる妹が急きょきたので、3人で行き、3つの公演を交代で聞きました。
私は仲道さんのピアノ協奏曲と美しき水車小屋の娘の声楽と能のコラボを見に行きました。仲道さんの公演では2楽章で泣きそうになりました。法学ホールのコラボ公演は、怒り・失望から癒し・再生・希望という、何か原題の内容よりも前向きなメッセージ(個人的には震災などを絡めて)を感じました。
来年は、妹の旦那+αで行けるといいなぁと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« ラ・フォル・ジュルネ金沢2011。いよいよ本公演。ホルツマイヤーさん&井上道義OEKによる管弦楽伴奏版「冬の旅」もすごかったけれども,音楽堂の玄関先でのブラシシモ・ウィーンの盛り上がりもすごかった。気分は前夜祭。 #lfjk | トップページ | ラ・フォル・ジュルネ金沢2011最終日。今日も快晴で大賑わい。フェアウェルコンサートまでたっぷりた楽しみました。MVPはホルツマイヤーさんと柏高校吹奏楽部かな。関係者の皆さまありがとうございました #lfjk »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック