OEKのCD

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« ラ・フォル・ジュルネ金沢の開催結果報告が掲載されていました。他のLFJと比較してみたのですが大健闘です。5月22日にはLFJKの特別番組もあります。 #lfjk | トップページ | 2011年度OEK室内楽シリーズ もっとカンタービレの内容発表 #oekjp »

2011/05/25

アレクサンダー・リープライヒ指揮OEK定期公演は,充実の「追悼の音楽」集。ただし,後半のルトスワフスキとハルトマンはさすがに疲れました #oekjp

5月はラ・フォル・ジュルネに加え,3種類の定期公演があります(その他,岡本真夜さんとの公演もあります。これだけ忙しい月も珍しいのではないでしょうか。)。そのうち,2回は行けなかったので,個人的には久しぶりの定期公演ということになります。今回の定期公演には,ドイツの指揮者アレクサンダー・リープライヒさんが登場しました。OEKを指揮するのは初めてのことです。

演奏された曲は,弦楽合奏によるペルト,ルトスワフスキ,ハルトマンの作品とハイドンの交響曲を組み合わせた,かなり渋い選曲でした。このプログラムに共通するのは,どれも「追悼の音楽」だということです。「ハイドンの交響曲第98番だけは別?」と一瞬思うのですが,調べてみると,この曲もモーツァルトを追悼して作った可能性がある曲とのことです。このハイドンの回りを弦楽合奏の曲で囲むという独特の(しかしよく考えてみると室内オーケストラならではの)構成でした。

弦楽合奏の曲の中では,最初に演奏されたペルトの曲の静謐さ,バルトークの曲を思わせる構成感と激しさをもったルトスワフスキが特に印象的でした。最後に演奏されたハルトマンの交響曲も非常に聞きごたえがあったのですが,ルトスワフスキを聞いた後だと,さすがに重~く感じました。

ハイドンの交響曲は,どれも大好きなのですが,今回の第98番も「さすがハイドン」という作品でした。第2楽章はモーツァルトの「ジュピター」の第2楽章を思わせるような深さを持っていました。ところどころで「間」があるのが,寂しさを強調しているようでした。その他の楽章は,いつもながらのハイドンなのです。リープライヒさん指揮のOEKは,古楽奏法を意識した演奏でした。どちらかというと寒色系で,非常に知的な感じがしました。

リープライヒさんは長身の方で,しかも大きく棒を振っていましたので,スケールの大きさを感じましたが,出てくる音は大変緻密でした。現代性な感性に溢れたハイドンだったと思います。最終楽章に,仕掛けのあることの多いハイドンですが,この曲でも,コンサートミストレスのアビゲイル・ヤングさんがソリストのように活躍したり,最後の最後の部分で,チェンバロが登場したり,やはり一ひねりありました。この辺の雰囲気が,のどかというよりは,「知的な遊戯」といった感じになっていたのが,リープライヒさんらしさだと思います。

今回の演奏会は,小編成にも関わらず重い曲が多かったのですが,ハイドンの曲というのは,意外に何とでも合うところがあり,全体的には良いバランスになっていたと思います。リープライヒさんは,金聖響さんなどと同世代の指揮者ということで,これからも是非,OEKの定期公演に登場してもらいたいと思います。リープライヒさんが芸術監督を務めるミュンヘン室内管弦楽団の金沢公演も実現しないかな,と思ったりしました。

« ラ・フォル・ジュルネ金沢の開催結果報告が掲載されていました。他のLFJと比較してみたのですが大健闘です。5月22日にはLFJKの特別番組もあります。 #lfjk | トップページ | 2011年度OEK室内楽シリーズ もっとカンタービレの内容発表 #oekjp »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152606/51768846

この記事へのトラックバック一覧です: アレクサンダー・リープライヒ指揮OEK定期公演は,充実の「追悼の音楽」集。ただし,後半のルトスワフスキとハルトマンはさすがに疲れました #oekjp:

« ラ・フォル・ジュルネ金沢の開催結果報告が掲載されていました。他のLFJと比較してみたのですが大健闘です。5月22日にはLFJKの特別番組もあります。 #lfjk | トップページ | 2011年度OEK室内楽シリーズ もっとカンタービレの内容発表 #oekjp »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック