OEKのCD

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« OEK300回定期公演のリハーサルを見学。今回は300回記念のショスタコーヴィチ特集 #oekjp | トップページ | 6月の金沢で「ブラームスの交響曲全集」が実現。ホールも全部違います。 »

2011/05/14

井上道義「未来だった今より」。朝日新聞石川版掲載のOEKファン必読(?)の連載 #oekjp

ラ・フォル・ジュルネ金沢,300回記念定期公演(聞きたかった...行きたかった...)と,以前にも増して,金沢とのつながりが強くなっている井上道義さんですが,朝日新聞の石川版で「未来だった今より」というコラムの連載をはじめています。その記事がオンライン版でも公開されています。

http://mytown.asahi.com/ishikawa/newslist.php?d_id=1800063

井上さんが何を考えて音楽活動をされているかを知る一端になり,OEKファンとしては,大変興味深い内容です。井上さんは,ブログの方でラ・フォル・ジュルネについて,いろいろと書き込みをされていますが,こちらの方は相変わらず率直ですねぇ。

http://www.michiyoshi-inoue.com/2011/05/

« OEK300回定期公演のリハーサルを見学。今回は300回記念のショスタコーヴィチ特集 #oekjp | トップページ | 6月の金沢で「ブラームスの交響曲全集」が実現。ホールも全部違います。 »

コメント

幸福=肯定と続幸福=肯定という井上さん(マエストロ井上?井上先生)の文章を読んでいて、涙が出そうになりました。ちょうど自分が高校生の時に定演をしたOEK。金沢というか、石川は岩城さんといい、団員の皆さんも、それを支えておられるスタッフの皆さんといい、そして井上さんやマルタンさんのようにすばらしい方々に恵まれている場所だなぁと、なんか、本当にありがとうという気持ちになりました。

OEK Funさん、もうしっているかもしれませんが。
こんな記事が…
最多の11万人“熱狂”「ラ・フォル・ジュルネ金沢」 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) http://t.co/5KLqkOF via @yomiuri_online
ラフォルジュルネ金沢で、期間中、復興支援の活動をしてました。

Katsuomaruさん,こんにちは。返事が遅くなってすみません。情報提供ありがとうございます。金沢のラ・フォル・ジュルネは,東京とは別の形でしっかり定着してきていると思います。来年は,チャイコフスキーをはじめとしたロシア音楽,ということで,さらに盛り上がりそうですね。

井上さんは,雰囲気としては,とても奔放ですが,結構ナイーブな方なのですね。逆に言うと,そういう感性がないとアーティストにはなれない気がします。今回の朝日新聞石川版の企画は,とても良い企画だったと思います。

こんにちは。katsuomaruです。そうですね。自分のお初、井上さんは、上記ブログにも書いてますが、92年の11月。ロストロポーヴィッチ氏がチェロ演奏、新日本フィルが出演した協奏曲の夕べというサントリーホールでの演奏会でした。

あの演奏会では、ハイドンとショスタスタコ‐ヴィッチの2番。そしてアンコールはバッハの無伴奏5番のサラバンドと3番のブーレ。ハイドンから感涙の涙で聞いた東京での初演奏会でした。

無伴奏の時に指揮台に座って聞かれて、楽団員の皆さんと共に何か涙されていたのを見た記憶があります。

TWitterも始めました。EpistleRome525で登録してますので、よければ、フォローしてみて下さい。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152606/51665464

この記事へのトラックバック一覧です: 井上道義「未来だった今より」。朝日新聞石川版掲載のOEKファン必読(?)の連載 #oekjp:

« OEK300回定期公演のリハーサルを見学。今回は300回記念のショスタコーヴィチ特集 #oekjp | トップページ | 6月の金沢で「ブラームスの交響曲全集」が実現。ホールも全部違います。 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック