OEKのCD

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 10月以降OEKの演奏会の紹介 11月13日に第9,11月16日平原綾香&OEK...石川県内各地でも公演 #oekjp | トップページ | ウラディミール&ヴォフカ・アシュケナージ デュオリサイタル@金沢 ピアノによるシンフォニックな室内楽!やはりラフマニノフは最高。ヴォフカさんは紙の譜面ではなくiPadを使用 »

2011/09/17

OEK307回定期M ヘンデル・ガラコンサート~神々しき調べ~シュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭合唱団の引き締まった充実感のある歌唱。役者・井上道義の驚異の演技力でヘンデルの音楽人生を堪能。西村雅彦さんの渋さと好対照。#oekjp

OEK第307回定期公演マイスター・シリーズは,ヘンデルのオラトリオのハイライトを中心としたガラコンサートでした。井上道義さんがカツラ+衣装付きでヘンデル役を,俳優の西村雅彦さんが,ヘンデルの伝記を書こうとしているロマン・ロラン役を演じ,ヘンデルの音楽人生の変遷をドラマティックに描く,といった独特の内容でした。

まず,指揮者の井上さんが指揮をせず,演技だけに専念していたというのが注目でした。井上さんは,過去,語り入りの定期公演を何回も行ってきましたが,今回のヘンデル役は,これまででいちばん良かったのではないかと思いました。もともとドイツ語のシナリオがあり,それを日本向けに脚色した内容だったのですが,しっかりとヘンデルになり切っていました。

その演技にリアリティを加えていたのが,ロルフ・べックさん指揮OEK+シュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭合唱団によるヘンデルの音楽の数々でした。ヘンデルといえば,何といっても「メサイア」を思い出しますが,今回はそれ以外にも「エジプトのイスラエル人」「ユダス・マカベウス」「ソロモン」「イェフタ」といった,日本では上演される機会の少ないオラトリオの中の合唱曲がハイライトで取り上げられ,絶好の「ヘンデルのオラトリオ入門」という内容になっていました。シュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭合唱団の実力は,既に過去のOEKとの共演で金沢の音楽ファンにもお馴染みですが,今回もまた,力強さと軽やかさを兼ね備えたような完成度の高い歌を聞かせてくれました。

前半最後は「表彰式」でお馴染みの「見よ,勇者は帰る」で締められましたが,この曲のテンポ感は日本で一般的に演奏されているものと,原曲とではかなり違いますね。原曲だと,「チャン/チャンチャ/チャン/チャ...」行進曲風に弾むような感じですが,日本でやる場合,「チャーン,チャーンチャ,チャーン,チャーン/チャララララ...」と2倍ぐらいのテンポでなだらかに感動を込める感じで演奏されます。この辺は日欧の感覚の違いが表れているようで,なかなか面白いですね。

オラトリオの曲以外では,「水上の音楽」「王宮の花火の音楽」といったお馴染みの作品も演奏されました。実演だと,「王宮の花火の音楽」は,「水上の音楽」ほどは演奏されないのですが(管楽器の編成がOEKにとっては大きいので),今回は,トランペットの高音が続出する華やかな音楽を堪能できました。

西村雅彦さんの渋いナレーションも,全体を引き締めていました。ロマン・ロランがヘンデルについての評伝を書いているとは知らなかったのですが,今回の作品のような内容を本当に記しているのか確認したくなりました。

井上道義/OEKは,今年の夏,シュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭に出演してきたばかりですが,今回の演奏を聞いて芸術監督を務めるロルフ・べックさんは,「来年もぜひ」と思ったのではないかと思います。

« 10月以降OEKの演奏会の紹介 11月13日に第9,11月16日平原綾香&OEK...石川県内各地でも公演 #oekjp | トップページ | ウラディミール&ヴォフカ・アシュケナージ デュオリサイタル@金沢 ピアノによるシンフォニックな室内楽!やはりラフマニノフは最高。ヴォフカさんは紙の譜面ではなくiPadを使用 »

コメント

22日。またOEKにやられました。名古屋での演奏会で聞いてきました。演奏会のヘンデル・ガラは、人生訓めいた内容とは別ですが、冒頭の合唱で鳥肌が立ち、井上さんの冒頭の語りで涙が出そうでした。メサイアと水上の音楽以外、演奏されることすらまれな曲がほとんどのヘンデル。ヘンデルの曲、オラトリオを聴き直そうと思いました。

あと演奏会後、カルベ・ディエム。毎日まいにち、一時いっときを大切にしていくことが大切だと思いつつ、合唱の素晴らしさとオケの濃厚さのコンサートの余韻に浸りながら、帰途につきました。

Katsuomaruさん、今晩は。ロルフ・ベックさんとシュレスヴィヒ=ホルシュタイン合唱団は相変わらず素晴らしかったですね。

今回の公演は、ちょっとマイナーなところのあるヘンデルに注目したところが、まず、良かったと思いました。井上さんのヘンデルについては、最後にオルガンを演奏したあたりに凄みを感じました。どこまが井上さんの言葉なのか分かりませんでしたが、聞いていて前向きな気持ちにさせてくれる演奏会でした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 10月以降OEKの演奏会の紹介 11月13日に第9,11月16日平原綾香&OEK...石川県内各地でも公演 #oekjp | トップページ | ウラディミール&ヴォフカ・アシュケナージ デュオリサイタル@金沢 ピアノによるシンフォニックな室内楽!やはりラフマニノフは最高。ヴォフカさんは紙の譜面ではなくiPadを使用 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック