OEKのCD

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« ラ・ロック・ダンテロンの再現 11月2日 石川県立音楽堂でアルド・チッコリーニさん OEKと特別公演! #oekjp | トップページ | 定期公演に続き,中嶋彰子&マティアス・フレイ デュオ・リサイタルへ。中嶋さんの声の魅力とオールマイティぶりを堪能。 »

2011/09/03

台風にも負けず,今シーズンの開幕となるOEK定期公演Fを聞いてきました。ちょっとニューイヤーコンサート風の楽しいコンサート。中嶋彰子さんの声は音楽堂にしっかり馴染んでいました。#oekjp

台風の方は,非常にスピードが遅いせいか,「来るぞ,来るぞ」という割には北陸地方への影響はほとんどなく,今日の午後は,出かけようかどうしようか迷っていた,OEKの定期公演を聞いてきました。

今回はOEKの新シーズン最初の定期公演でした。ただし,例年とは違い,ファンタジー公演での開始ということになりました(これは,大震災による公演のキャンセルの影響でもあるのですが)。やはり交響曲の入る公演で始まる方が落ち着くのですが,ファンタジー公演ならではのリラックスした公演で始まるのも悪くはありません。シーズン開幕前夜祭という感じでしょうか。

何よりも,今回の主役,ソプラノの中嶋彰子さんの歌が本当に素晴らしいものでした。オペレッタの曲を中心に歌われたのですが,どれもこれも品が良く,大人の女性の魅力に溢れた歌を聞かせてくれました。アンコールでは,日本語で「恋はやさし~」が歌われました。一般的なイメージの田谷力三さんの楽天的な雰囲気とは全然違い,非常にしっとりと歌われ,新鮮に感じました。CD録音し,シングルカット(死語?)でもしたら,大ヒットするのではないかと思わせるようなグッと来る歌でした。

相方のマティアス・フレイさんの方は大変若いテノールで,中嶋さんに比べると流石に貫録に不足する部分はありました。ただし,その軽い声はオペレッタ向きだと思いました。月曜日には中嶋さんとフレイさんによる歌曲の公演も行われるのですが,そこではシューベルトの「美しき水車屋の娘」の中の曲を歌うそうです。それも大変楽しみです。

2人の歌以外は,ニルス・ムースさん指揮OEKによる演奏でしたが,「つなぎの小品」というよりは,聞きごたえのある中規模ぐらいの作品が多く,ちょっと意外でした。全体のバランス的には,もう少し短い曲が多い方が良いと思いました。ムースさんの指揮ぶりは,かなり動きが大きく,表情付けはやや作為的な気がしました。

演奏された曲ではレオノーレ序曲第3番が面白かったですね。途中,場外からトランペットの信号音が聞こえてくる,という曲ですが,この日は何と2階席の扉の外から演奏させていました。2回目に信号音を演奏する時は,さらに近づいてきて,客席の中から演奏していたのではないかと思います。この演出は楽しめました。今回はスターライト席の前方だったのですが,トランペットの藤井さんが入ってくるのが見えました。こういうのはスターライト席ならではの楽しみですね。

スターライト席については,やはり,ステージの半分ぐらいがよく見えないという問題はあります。また,前方だと,意外に音が飛び込んでこないような気もしましたが,500円という価格を考えると十分だと思いました。いつもと違った光景を楽しめるという面白さもあります。というわけで,皆さんも一度お試しください。

« ラ・ロック・ダンテロンの再現 11月2日 石川県立音楽堂でアルド・チッコリーニさん OEKと特別公演! #oekjp | トップページ | 定期公演に続き,中嶋彰子&マティアス・フレイ デュオ・リサイタルへ。中嶋さんの声の魅力とオールマイティぶりを堪能。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« ラ・ロック・ダンテロンの再現 11月2日 石川県立音楽堂でアルド・チッコリーニさん OEKと特別公演! #oekjp | トップページ | 定期公演に続き,中嶋彰子&マティアス・フレイ デュオ・リサイタルへ。中嶋さんの声の魅力とオールマイティぶりを堪能。 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック