OEKのCD

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011/10/24

もっとカンタービレ第28回「OEK名誉コンサートマスター マイケル・ダウスを迎えて」 モーツァルトとベートーヴェンの「大きな室内楽」2曲の組み合わせは,このシリーズでは珍しいオーソドックスな構成。かえって新鮮に感じました。#oekjp

今晩は,OEK室内楽シリーズもっとカンタービレ第28回「OEK名誉コンサートマスター マイケル・ダウスを迎えて」を聞いてきました。このシリーズでは,比較的短めの曲が4曲ほど演奏されることが多いのですが,今回は,モーツァルトの弦楽五重奏曲ハ長調,K.515とベートーヴェンの七重奏曲の2曲だけ,というこのシリーズには珍しい,シンプルでオーソドックスな構成でした。その点がかえって新鮮でした。ただし,オーソドックスといっても,七重奏とか五重奏といった,「大き目の室内楽」を聞けるのは,このシリーズならではです。

今回は,前半・後半ともOEKの名誉コンサートマスターのマイケル・ダウスさんのヴァイオリンを中心とした室内楽でした。モーツァルトの五重奏曲の方は,交響曲でいう「ジュピター」に当たる,室内楽の名曲と言われているのですが,生で聞くのは今回が初めてです。第1楽章の冒頭から,大澤さんのチェロとダウスさんのヴァイオリンの「ステレオ効果」が面白く(生ならでは),ゆったりとした気分で楽しむことができました。5人編成ということで,丁度真ん中に紅一点のヴィオラの古宮山さんが来て,ロス・インディオス&シルヴィア(古い)とかピンキーとキラーズ(さらに古い)のようだな,とわけの分からないことを考えながら聞いてしまいましたが,この古宮山さんのヴィオラもダウスさん,大澤さんとしっかりバランスを取って,堂々と存在感をアピールしていました。

後半のベートーヴェンの七重奏曲の方は,管楽器3+弦楽器4の室内楽ということで,室内楽というよりはミニ・オーケストラという響きでした。前半は弦の音一色でしたので,この曲の最初の和音が響くと,鮮やかだなぁと気持ちが晴れやかになりました。全体で40分ほどもある大曲ですが,今回の演奏は,全体的に大変キビキビしており,まったく長さを感じませんでした(どちらかというと,前半のモーツァルトの曲の方がちょっと長いと感じてしまいました)。第1楽章の主部などでは,ダウスさんのヴァイオリンを支える,キビキビとしたリズムも快適でした。

中間部のメヌエットとか変奏曲辺りはディヴェルティメント風ですが,弛緩することなく,ここでもキビキビとした音楽を聞かせてくれました。全曲を通じて特にクラリネットやホルンの音が加わると,曲の気分が大きく広がる気がしました。 ベートーヴェンの交響曲第1番と同じ時期に作られた若さ溢れる魅力的な作品を,ダイナミックに聞かせてくれた,楽しい演奏だったと思います。

このところピアノ音楽ばかりを聞いていたので,弦楽器と管楽器による気持ちの良い音楽を聞いて,丁度良い気分転換になった気がします。10月は「ダウスさんの月」でしたが,名コンビ健在ということを実感できた演奏会でした。

2011/10/17

今晩は「協奏曲の夕べ」。上原彩子の「皇帝」VSブーニンのモーツァルト:23番 with 山下一史/OEK。どちらのキャラクターもしっかり発揮された,「ピアノ・フェスティバル」風演奏会でした。#oekjp

先週の金曜日から4日の間に3回,石川県立音楽堂に来ています。OEKの場合,「芸術の秋」というよりは,「ピアノの秋」という感じで,名ピアニスト,話題のピアニストが続々登場しています。この日は,「協奏曲の夕べ~二大国際コンクール優勝者を迎えて」ということで,一晩で上原彩子さんとスタニスラフ・ブーニンさんという2人の人気ピアニストが山下一史指揮OEKと共演登場するという,贅沢な内容の演奏会でした。

主催者としては,チャイコフスキーコンクールの優勝者対ショパンコンクールの優勝者という意図があったようですが,そろそろ,コンクール歴については,無視してあげたいところですね(特にブーニンさんには)。

前半は上原さんのピアノで,ベートーヴェンの「皇帝」が演奏されました。OEKはこの曲を,いろいろなピアニストと何回も何回も演奏していますが,今回の上原さんのピアノには特に明るく華麗な印象がありました。今回は3階席で聞いたこともあり,ホールいっぱいに気持ち良く広がる音を楽しむことができました。上原さんのピアノの音には,磨き上げられた美しさがあるのですが,その表現は,神経質ではなく,「皇帝」のタイトルに相応しい,堂々としたスケールの大きさを感じさせてくれました。

後半はブーニンさんによるモーツァルトのピアノ協奏曲第23番でした。曲の長さからすると,「皇帝」が後半に来るのが普通ですが,やはり,ここは先輩のブーニンさんに敬意を表したのかもしれません。演奏自体も,上原さんの「皇帝」に劣らない,個性溢れる演奏でしたので,この配列で全く問題はありませんでした。

ブーニンさんと言えば,ショパンコンクールで優勝した頃から,一癖も二癖もあるような演奏を聞かせてくれていました。曲によっては,「ついていけない」と思うケースもありますが,今回のモーツァルトとはピタリと波長があってしまいました。「自然体」とは正反対の演奏で,随所に「ひっかかり」とか「孤独感」を感じさせるものでした。

第1楽章の第2主題に入る前に大き目の間を入れ,音量とテンポをぐっと落として,暗く演奏する辺り,大変魅力的でした。第2楽章もシチリア舞曲の揺れるような感じは無視してゴツゴツと演奏していました。どこかグールドの演奏するバッハのような印象があり,これもまた魅力的でした。最終楽章については,若い頃は,猛スピードで演奏していましたが(ブーニンさんが初来日(多分)した時に外山雄三指揮NHK交響楽団と共演したライブ録音CDを何故か持っています),この日の演奏は,かなり落ち着いたテンポで演奏しており,不思議なファンタジーの世界に遊ぶといった趣きがありました。この辺は,人によって受ける印象は違うと思いますが,私には大変魅力的な演奏でした。

お2人はそれぞれ,ピアノ独奏曲のアンコールを演奏しました。チャイコフスキーの「四季」の中の1曲とショパンのマズルカの中の1曲ということで,絵に描いたようにバランスの良い選曲でした。

今回はOEKではなくピアニストが主役の演奏会でしたが,こういう演奏会を金沢で行うことができるのも,OEKという存在があるからでしょう。”ビエンナーレ”ということで2年に1度ぐらいはこういうフェスティバル的な雰囲気のある演奏会を楽しむのも良いものですね。

2011/10/16

石川フィルによるマーラーの9番を聞いてきました。実は,実演で全曲を聞くのは今回が初めてでした(もしかしたら金沢初演?)。マーラーの意図がしっかり伝わってくる充実の演奏でした。

今日は午後から,「2011ビエンナーレいしかわ秋の芸術祭」の中のイベントとして行われた,石川フィルハーモニー交響楽団の特別演奏会を聞いてきました。

この演奏会の注目は何と言っても,マーラーの交響曲第9番です。近年,金沢でも,マーラーの交響曲が演奏される機会は少しずつ増えてきているのですが,6番以降の曲が演奏されたのを聞いたことはありません(OEKが以前,編曲版による「大地の歌」を演奏したことはありますが)。特に,今回演奏された第9番は,調性のある交響曲の到達点,といった名曲ということで,どういう世界が広がるのか楽しみにして演奏会に臨みました。

演奏は,大変立派でした。この曲は,アマチュア・オーケストラが簡単に取り組める作品ではありませんが,曲の全貌をしっかり伝える素晴らしい演奏だったと思います。第1楽章の出だしは,いろいろな楽器が,精密に組み合わさって始まります。さすがに,この部分は,バランスが不安定な感じでしたが,その後,曲が進み,楽章が進むに連れて,どんどん調子が上がってきた気がしました。

特に後半の3,4楽章は聞きごたえ十分でした。第3楽章はテンポが速い部分が多く,技術的な難易度が高い楽章ですが,冷静さと狂乱とが見事に合致しており,圧倒的な音楽を作っていました。この日の演奏では,管楽器は,どのパートも良かったのですが,特に楽章の中間部で出てくる,トランペットが見事でした。プログラムの解説に書いてあったとおり,第4楽章につながる,シンボリックな存在感をしっかりと示していました。

第4楽章も見事でした。何よりも弦楽合奏のうるおいのある響きとバランスの良い厚みが曲想にぴったりでした。最後の「息絶えるように終わる」部分も集中力抜群でした。「死の恐怖」を超越したような明るさのある響きは,マーラーの作曲の意図どおりだったのではないかと思います。

この日の演奏は,どの楽章もテンポ設定が丁度良く,それほど重苦しい感じはしませんでした。「マーラーの楽譜をしっかり再現しよう」という思いだけが伝わってくる,真摯さのある演奏だったと思います。マーラーの交響曲第9番にはライブ録音のCDに名盤と呼ばれるものが多いのですが,今回,初めてこの曲の全曲をライブで聞いて,その理由が少し分かった気がしました。各楽器の音の生々しさやそれらが表現する葛藤のようなものは,90分近く音楽に浸るのがいちばんなのかもしれません。

今回は,マーラーの前にモーツァルトのディヴェルティメントが演奏され,さらにその前に指揮者の花本さんによるプレトークも行われました。ディヴェルティメントの方は,マーラーの後だと印象が薄くなってしまいましたが,面白い組み合わせだと思いました。

プレトークもそうですが,花本さん自身が書かれたプログラム・ノートもとても良かったと思います。マーラーの9番は長く複雑な曲なので,プレトークの時に花本さんが言われていたとおり,今回はこのプログラムノートを見ながら聞いていたのですが,そのことにより曲全体の構成がよく分かりました。

そういった演奏以外の点も含め,とても充実した演奏会でした。マーラーの交響曲のような作品は,そう簡単には,演奏できないと思いますが,是非,今後も大曲に挑戦をしていって欲しいものです。難曲に挑戦し,それを見事に成し遂げた今回の演奏会は,楽団員の皆さんにとっては,大きな自信につながったことでしょう。そういう意味で,石川フィルの皆さんにとって,記念碑的な演奏会になったのではないかと思います。

2011/10/15

PFUクリスマスチャリティコンサート(12月3日)の情報が掲載されていました。#oekjp

毎年恒例の「PFUクリスマスチャリティコンサート」の情報が発表になりました。

今年は次のとおり開催されます。
実施日 2011年12月3日(土曜日) 開場 14時、開演 15時
場所 石川県立音楽堂 コンサートホール
主催 株式会社PFU
管弦楽 オーケストラ・アンサンブル金沢
指揮者 ギュンター・ピヒラー
独奏者 ピアノ 菊池 洋子
プログラム <ウィーン楽壇の寵児たち>
ロッシーニ : 歌劇「セヴィリアの理髪師」序曲
モーツァルト : ピアノ協奏曲第21番ハ長調K.467
              交響曲第38番ニ長調K.504「プラハ」

入場無料ですが、整理券が必要です。応募方法の詳細は次のページをご覧ください。
http://www.pfu.fujitsu.com/news/2011/new111014.html

2011/10/14

金聖響/OEKの定期はシューマン特集。大変鮮やかな演奏。まだ頭の中でシンコペーションが踊っています。山本貴志さん独奏のピアノ協奏曲は,タダ者ではない凄い演奏。#oekjp

金聖響さんとOEKは,ここ数年,毎年シリーズものの演奏会を行っていますが,今年は「ロマン派の交響曲」シリーズということで,今回の定期演奏会ではOEKとしては珍しいレパートリーである,シューマンの交響曲第1番「春」がメインで演奏されました。

シューマンという作曲家については,内面にいろいろと思い溜めこんだ鬱々とした感じの作風という印象があるのですが,さすがに今回演奏された交響曲第1番「春」は,タイトル通りの作品です。聖響さんとOEKにぴったりの曲であり,演奏でした。

冒頭のファンファーレから非常に鮮やかで,高解像度で撮影された田園風景を眺めるような美しさがありました。全体にすっきりした感じではあるのですが,テンポは落ち着いており,隅々までくっきり,伸びやかに表現されていました。随所に出てくる管楽器のソリスティックな活躍も聞きものでした。最終楽章のコーダ部分のスピード感は,このコンビならではで,実に格好良いエンディングになっていました。この曲では,シンコペーションのリズムが何回も繰り返し出てくるのですが,とても鮮やかに演奏されていたので,今でも頭の中に「ターンタタタ,タタタタ...」リズムが残っています。気持ちの良いシューマンでした。

2曲目に演奏された,シューマンのピアノ協奏曲は,「凄い演奏」でした。山本貴志さんの演奏を実演で聞くのは初めてのことでしたが,「タダ者ではない」と強く思いました。冒頭,強いけれでもとてもマイルド音で始まった後,一気に,シューマンの世界...というよりは,山本さんとシューマンが渾然一体になったような,曲への熱い思いが溢れ出てくるような世界に入って行きました(上を見上げたり,下を向いたり,かなり大きな演奏動作でした)。何よりもピアノのタッチが美しく,特に弱音の表現力には思わず引き込まれてしまいました。音は小さくなっても,内容がいっぱい詰まっているような感じで,一瞬も聞き逃したくないという感じの演奏でした。

OEKの演奏も,この山本さんのオーラを強く受けていたようで,第2楽章の途中で出てくるチェロの歌・歌・歌...など,ピアノにぴったりの雰囲気でした。第3楽章のエンディングもスリリングでした。山本さんのテンポ感はかなりラプソディックでしたので,合わせるのは大変そうでしたが,聖響さんは,山本さんの方をじっと見ながら「ピタリと付けてやるぞ!」という気迫十分の指揮ぶりでした。この部分では,ライブならではの面白さを堪能できました。

最初に演奏されたマンフレッド序曲の印象は,少々飛んでしまったところはありましたが,どこをとっても充実という,シューマン特集でした。というわけで,金聖響/OEKには,シューマンの2番と4番も是非,取り上げて欲しいものです。山本さんについても,是非,再演を期待したいと思います。一度,リサイタルも聞いてみたいですね。

2011/10/06

OEK定期公演。メイエさんの指揮とクラリネットを楽しみました。モーツァルトのクラリネット協奏曲は,”これがモーツァルトだ!”という感じの自由自在の演奏。ベートーヴェンの7番の方はちょっと淡泊な印象 #oekjp

OEKの定期公演,今回はクラリネット奏者として著名なポール・メイエさんの指揮&演奏による,モーツァルトとベートーヴェンというプログラムでした。メイエさんがOEKと共演するのは,ラ・フォル・ジュルネ金沢の2年目以来,2回目のことです。その時は井上道義さん指揮のOEKとの共演で,モーツァルトのクラリネット協奏曲を演奏しましたが,今回はメイエさんの”吹き振り”によってこの曲が演奏されました。”吹き振り”というのは珍しいケースですが,実際のところはコンサートミストレスのアビゲイル・ヤングさんにリードをお任せし,純粋にソリストとして演奏しているようでした。

今回の演奏ですが...これこそモーツァルトという演奏でした。ラ・フォル・ジュルネの時以上に自由な雰囲気のある演奏だった気がします。モーツァルトの曲の多くには,神童のまま大人に成長してしまった,天真爛漫さがありますが,今回のメイエさんとOEKによる演奏も,快速のスピードに乗った,変幻自在の演奏でした。テンポ設定はメイエさんの希望のテンポだと思いますが,ヤングさんを中心としたOEKの演奏も大変積極的で,非常にストレートな演奏にも関わらず,魅力的なニュアンスの変化満載の演奏でした。メイエさんのクラリネットの音には輝かしい明るさがあり,音楽全体に勢いがあるのが魅力的でしたが,そのテンポがふっと遅くなったり,ちょっと音量が小さくなると,一瞬,陰りが漂います。この一瞬の変化がモーツァルトですね。第2楽章の秋の高い青空のような澄んだ世界,第3楽章の疾走感。さらりと深く考えずに演奏しているようで,実は味わい深い,という素晴らしい演奏でした。

最初に演奏された,モーツァルトの「エジプト王タモス」と後半に演奏されたベートーヴェンの交響曲第7番では,メイエさんは,純粋に指揮に専念していました。こちらの方は,やや淡泊かなと感じました。特にOEKが何回も演奏している,ベートーヴェンについては,軽快さはあるものの,粘着するようなしつこさが感じられず,ちょっと物足りなかったですね。この曲については,リズムの激しさと同時に,じわじわと高揚するようなベートーヴェン的な盛り上がりが,やはり欲しいかなと思いました。最終楽章のコーダの非常にキレの良い明るい音楽は魅力的でしたが,あまり汗臭さがなく,「秋の運動会」的な気楽な印象を持ってしまいました。

というわけで,やはりメイエさんの本領は,モーツァルトかなと実感した次第です。機会があれば,メイエさんについては,金沢でリサイタル公演なども聞きたいものです。

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック