OEKのCD

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2011年5月1日 - 2011年5月7日 | トップページ | 2011年5月15日 - 2011年5月21日 »

2011年5月8日 - 2011年5月14日

2011/05/14

6月の金沢で「ブラームスの交響曲全集」が実現。ホールも全部違います。

OEKfanでは,OEKの公演以外にも,金沢近辺で行われる演奏会情報も提供しているのですが,大変面白いことに気づきました。これは,「図らずも」ということになると思うのですが,重複なしでブラームスの交響曲全集を3つのオーケストラで楽しむことができます。会場が全部違うのも面白いですね。ブラームスの交響曲については,2日あれば「全集」は可能ですが,「1ヶ月以内で全集」というのは金沢では初めてのことかもしれません。

それに加え,ブラームスのピアノ協奏曲第2番や,珍しいセレナード第1番まで聞けてしまいます。何と言ってもダニエル・ハーディング指揮マーラー・チェンバー・オーケストラの公演が核ですが,是非,その他の公演も加えて,「全集」にしてみませんか?

プロミネンスリンク交響楽団
5月29日(日) 14:00開演 白山市松任学習センターコンサートホール
ブラームス セレナード第1番ニ長調 作品11(室内楽版)

ダニエル・ハーディング指揮マーラー・チェンバー・オーケストラ金沢公演
6月10日(金)19:00開演 石川県立音楽堂コンサートホール
ブラームス/交響曲第4番ホ短調op.98
ブラームス/交響曲第1番ハ短調op.68

金沢室内管弦楽団第25回定期演奏会
6月11日(土) 19:00 金沢市文化ホール
ブラームス/交響曲第3番へ長調 作品90 

金沢交響楽団第52回定期演奏会
6月25日(土)18:30開演 金沢歌劇座
ブラームス/ピアノ協奏曲第2番変ロ長調op.83
ブラームス/交響曲第2番ニ長調op.73

6月25日のブラームスのピアノ協奏曲第2番の独奏者は田島睦子さんです。6月11日の方は,鶴見彩さんの独奏でモーツァルトのピアノ協奏曲第23番が演奏されます。この2人のピアニストの「競演」も金沢の音楽ファンには楽しみなのではないかと思います。

その他の情報は次でご覧ください。
http://oekfan.web.infoseek.co.jp/info/index.htm

井上道義「未来だった今より」。朝日新聞石川版掲載のOEKファン必読(?)の連載 #oekjp

ラ・フォル・ジュルネ金沢,300回記念定期公演(聞きたかった...行きたかった...)と,以前にも増して,金沢とのつながりが強くなっている井上道義さんですが,朝日新聞の石川版で「未来だった今より」というコラムの連載をはじめています。その記事がオンライン版でも公開されています。

http://mytown.asahi.com/ishikawa/newslist.php?d_id=1800063

井上さんが何を考えて音楽活動をされているかを知る一端になり,OEKファンとしては,大変興味深い内容です。井上さんは,ブログの方でラ・フォル・ジュルネについて,いろいろと書き込みをされていますが,こちらの方は相変わらず率直ですねぇ。

http://www.michiyoshi-inoue.com/2011/05/

2011/05/12

OEK300回定期公演のリハーサルを見学。今回は300回記念のショスタコーヴィチ特集 #oekjp

明日5月13日,記念すべきOEKの300回目の定期公演が行われます。オール・ショスタコーヴィチプログラムということで,大変楽しみにしていたのですが,残念ながら仕事の関係で行けなくなってしまいましたので,「せめてリハーサルの見学でも...」ということで,本日の午後から音楽堂に行き(何とか休みを取れたので),楽友会の皆さんと一緒にリハーサルを見学してきました。

以前,ゲネプロを見学したことはあったのですが,今回は通して演奏するのではなく,ところどころオーケストラを止めてリハーサルを行っていました。非常に新鮮に感じました。

まず感じたのは,指揮者というのは現場監督なんだな,ということです。井上道義さんは,音のバランスを客席まで降りて確認したり,「○○の音は聞こえるか?」とアシスタントの方に尋ねたり,イスの位置をチェックしたり...芸術家という前に,その日のステージ全体の責任者というリーダーシップのようなものを感じました。それと非常に効率よく,リハーサルをしていたのが印象的でした。

今回は,いきなりショスタコーヴィチの交響曲第1番の4楽章から始まりました。ざわざわしていたと思ったら,急に静かになり,すぐにリハーサルが始まりました。その切り替えの速さはさすがプロと思いました。その後,ボリス・ベルキンさんを交えてのヴァイオリン協奏曲第1番のリハーサルが行われました。ベルキンさんと井上さんは,旧知の中のようで,緊張感の中にもリラックスした気分のある集中度の高いリハーサルをされていました。

今回はオーケストラの編成がかなり増強されており,非常に聞きごたえのある響きを楽しむことができました。聞きに行けないのは非常に残念ですが,行かれる方は,是非感想をお聞かせください。

« 2011年5月1日 - 2011年5月7日 | トップページ | 2011年5月15日 - 2011年5月21日 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック