OEKのCD

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 2011年6月19日 - 2011年6月25日 | トップページ | 2011年7月3日 - 2011年7月9日 »

2011年6月26日 - 2011年7月2日

2011/06/29

OEK室内楽シリーズもっとカンタ―ビレ第26回は聞きごたえたっぷり。特にトゥイレのピアノと管楽のための六重奏曲が気に入りました。#oekjp

今日はOEK室内楽シリーズもっとカンタ―ビレの,今年度第1回目を聞いてきました。サブタイトルが「これぞ,室内楽の王道」ということで,後半は,ベートーヴェンとバルトークの弦楽四重奏曲の組み合わせという聞きごたえのあるプログラムとなっていました。ベートーヴェンもバルトークも短めの曲が選べれていましたが(セリオーソと第3番),どちらの曲もチェロの大澤さんが語っていたとおり,大変密度の高い作品で,大曲を聞いたような充足感(そして,疲労感が少々)がありました。

プログラム前半は,コダーイとトゥイレの知名度の低い作品でしたが,こちらの方も大変充実した内容でした。コダーイの曲は,ヴァイオリン2本とヴィオラのためのセレナードという曲でしたが,その名前から連想されるほど優雅な曲ではなく,バルトークの弦楽四重奏曲と対を成すような激しさがありました。今回は,最近OEKに入ったばかりの丸山萌音揮さんがヴィオラを演奏されていましたが,江原さんと原田さんに負けない,堂々たる演奏を聞かせてくれました。

前半の最後に演奏された,トゥイレのピアノと管楽のための六重奏曲は,今回演奏された曲の中で特に気に入りました。柳浦さんのトークにもあったように,大変聞きやすい作品で,ブラームスやR.シュトラウスの曲を思わせる雰囲気が随所にありました。特にホルンやオーボエの音が入ると,ドイツの後期ロマン派の気分が強くなるのが面白いと思いました。第3楽章などは,可愛らしいけれどもどこか怖さのあるメルヘン的な気分があり,魅力的でした。

というようなわけで,今年度のもっとカンタービレもますます充実の内容が期待できそうです。次回のIMA講師陣とOEKの共演も大変楽しみです。

2011/06/26

ルドヴィート・カンタ来日20周年記念”夢の協奏曲公演”マルティヌー:チェロ協奏曲第2番,ドヴォルザーク:チェロ協奏曲をたっぷり鑑賞。 お客さん,井上道義さん,OEKメンバー.. みんな暖かい雰囲気でした。#oekjp

今日はOEKの首席チェロ奏者,ルドヴィート・カンタさんの来日20周年を記念した”夢の協奏曲公演”を石川県立音楽堂で聞いてきました。カンタさんと言えばOEKの顔と言っても良いメンバーで,これまでもたびたび協奏曲のソリストとして登場したり,リサイタルを行ったり,非常に積極的に活動をされてきました。今回は,井上道義指揮OEKとの共演で,ドーンとチェロ協奏曲の大曲2曲を演奏するという,これまでの活動の「総決算」と言っても良い演奏会となりました。

今回の公演でまず注目なのが,前半に演奏されたマルティヌーのチェロ協奏曲第2番です。プログラムのメッセージによると,カンタさん自身はこの曲に対して非常に強い思い入れがあるようなのですが,日本にはこれまで紹介されておらず,何と今回が日本初演とのことでした。今回の演奏会の「夢の協奏曲公演」という言葉にはいくつか意味が込められていると思いますが,まずこのマルティヌーの作品が「夢の協奏曲」ということになります。

聞いた感じは,20世紀の作品にしては,大変聞きやすく,ドヴォルザークやブラームスの伝統を受け継いでいる曲だな,という印象を持ちました。「パストラール」の別名を持つ,と解説に書いてあったとおり,響きの感じとしては,ブラームスの交響曲第2番的なのどかさがあると思いました。カンタさんは,いつもどおりしっかりと情感のこもった,穏やかな演奏を聞かせてくれました。

ただし,やはり聞いていて「長いかな」と感じました。少々体調が悪かったこともあるのですが,第1,2楽章については,ウトウトしかけてしまいました。同じような音型が繰り返し出てきて,ちょっと曲のメリハリが不足しているような印象を持ちました。その分,第3楽章は軽快な動きが出てきたり,シリアスなカデンツァが出てきたり,しっかりと楽しむことができました。

後半のドヴォルザークはお馴染みのチェロの定番です。カンタさんの独奏で聞くのも2回目です。カンタさんは,チェロの音を豪快に朗々と聞かせるというタイプではないので,オーケストラと共演した場合,やや力感が不足すると感じる部分もあるのですが,その分,じっくりとデリケートな弱音を聞かせたり,ドヴォルザークの美しいメロディをきめの細かく抒情的に歌わせてくれます。今回のチェロ協奏曲でも第2楽章を中心に,室内楽的と言っても良い美しい演奏を聞かせてくれました。

この演奏では,OEKの演奏も鮮やかでした。まず,第1楽章にたっぷりと出てくるホルンのソロがお見事でした(今日はエキストラの方が担当していました)。クライマックスで出てくる,トランペットやトロンボーンの音も大変充実していました。第2楽章は,チェロと木管楽器のための合奏協奏曲のような親密さがありました。第3楽章の最後に出てくる,コンサートマスターとチェロとの重奏の部分も最高でした。この日は松井直さんがコンサートマスターでしたが,大変すがすがしい音で,「カンタさん,20周年おめでとう」と祝福しているようでした。

ホールのロビーではカンタさんの写真展(カンタさんの個性がしっかり表れている素晴らしい写真の数々です),玄関ではカンタさんのリサイタルのチラシの展示。カンタさんのサイン入りワインの販売をしていたり,ありとあらゆる方法で,カンタさんの活動を盛り上げていました。この20年,OEKもすっかり地元に定着したけれども,それと並行してカンタさんも石川県の音楽界に無くてはならない存在になりました。上では「総決算」と書きましたが,これからもOEKともども積極的な演奏活動を行って欲しいと思います。

PS.ちなみにこの日の公演ですが,ライブ録音CDになるようです。大曲2曲を収録した充実の1枚になりそうです。

« 2011年6月19日 - 2011年6月25日 | トップページ | 2011年7月3日 - 2011年7月9日 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック