OEKのCD

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2011年8月14日 - 2011年8月20日 | トップページ | 2011年8月28日 - 2011年9月3日 »

2011年8月21日 - 2011年8月27日

2011/08/27

IMA日本海交流コンサートへ。山根一仁,クララ=ジュミ・カン,南紫音,ホァン・モンラ 4人のヴァイオリニストとの共演&競演。久しぶりにオーケストラの響きも堪能 #oekjp

このところ演奏会通いが立て込んでいます。今日は,IMA日本海交流コンサートで,久しぶりにフル編成のOEKの演奏を聞いてきました。とはいえ,今回の主役は4人の若手ヴァイオリニストでした。いしかわミュージックアカデミー(IMA)受講生だった,山根一仁,クララ=ジュミ・カン,南紫音,ホァン・モンラの4人のヴァイオリニストが次々登場し,OEKと共演しました。それぞれの個性が発揮されており,同音異義語の「競演」にもなっていました。

特に印象に残ったのは,やはりクララ=ジュミ・カンさんによるコルンゴルトのヴァイオリン協奏曲でした。今回はこの曲を聞くのがいちばんの目的でした。ハリウッド大作映画の香りと20世紀の作品らしい斬新さを兼ね備えたような作品をクララさんは,時に濃厚に,時に鮮やかに聞かせてくれました。こうやって聞いてみると,バーバーのヴァイオリン協奏曲にも似た雰囲気があります。来年辺り,この曲を聞いてみたいものです。

物凄い勢いで「カルメン」を熱演した山根一仁さん,重苦しくならず,鮮やかに「ツィガーヌ」を演奏した南紫音さんの演奏も良かったのですが,最後に登場した,今回からIMAの講師にもなったホァン・モンラさんのチャイコフスキーも印象的でした。

チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲の演奏では,昨年聞いた,五嶋みどりさんによる限界まで張りつめたような緊張感漂う演奏を思い出しますが。モンラさんの演奏は,暖色系・脱力系といった演奏でした。もちろん技巧的には大変安定しているのですが,くすんだ落ち着いた色合いのある演奏で,聞きながら,「さすが大人だ(一般的にはまだまだ若手という年齢ですが)」と実感しました。この曲は,すごい勢いで熱演しても面白いのですが,これだけ何回も演奏されてくると,いろいろなタイプの演奏を聞きたくなります。今回のモンラさんの演奏は,そういう「熱演タイプ」を敢えて避けているようなところがあり(その点では,物足りないと感じた人もあったかもしれません),私には,大変面白く聞くことができました。

最初に演奏された,OEK+IMAによるレスピーギのリュートのための古代舞曲とアリア第3番も楽しめました。IMA単独で演奏するのかと思っていたら,OEKとの合同による大編成の弦楽合奏でした。これがまた素晴らしい演奏でした。BGM的に使われることもある曲ですが,今回の演奏には,壮大な叙事詩を見るようなスケール感がありました。

この演奏会には,現在音楽堂で行っている文屋充徳さんによるコントラバス講習会の受講生も参加していましたが,さらにステージ上には,今日から行われる「井上道義による指揮講習会」の受講生のメンバーまで座っていました(「皆さん,ステージ上でOEKを指揮したいでしょう?」と「餌」を見せる意図?)。8月末の音楽堂でのイベント総結集という感じで,どこか華やいだ気分がありました。この雰囲気は,是非,今後も続けていって欲しいと思いました。

2011/08/26

サイトウ・キネン・フェスティバル松本(に行った気分)。スクリーンコンサート@金沢を聞いてきました。ディエゴ・マテウスさんのチャイコフスキー:交響曲第4番は計算され尽くされているけれども嫌味のない見事な演奏

今日は金沢市文化ホールで行われたサイトウ・キネン・フェスティバル松本2011のオーケストラコンサートを生中継する,「スクリーン・コンサート」に出かけてきました。内容は次のとおりです。

第1部 18:30~

* サイトウ・キネン・フェスティバルの歩み
* バルトーク オペラ「青ひげ公の城」より抜粋(VTR)

第2部 19:00~

オーケストラコンサート(場所:長野県松本文化会館 )

* チャイコフスキー:幻想序曲「ロメオとジュリエット」
* バルトーク:「ピアノ協奏曲第3番 ホ長調 Sz.119」
* チャイコフスキー:「交響曲第4番 へ長調 作品36」

演奏:サイトウ・キネン・オーケストラ
指揮:ディエゴ・マテウス

今年の小澤さんの映像は,第1部に少し出てきただけで,今回のメインは第2部のコンサートの方でした。

スクリーン・コンサートというイベントに参加するのは,今回が初めてのことでしたが,正直なところ妙な気分でした。拍手をしても松本に届くわけではないので,拍手をしようか躊躇してしまいました。皆さんはパラパラと拍手はしていましたが,せっかく立派な演奏をしても,生のコンサートの時のようには,盛大な拍手にならないのがもどがしいところです。演奏者側からも金沢の客席が見えるような形にならないと,どうも落ち着かないな,と感じました(ただし,これは贅沢というものですね。)。

前半は,座る位置を間違ったかなと思いました。ステージ上のスクリーンは,それほど大きくなかったので,「前の方でも良いかな」と思い,前半はかなり前方の座席で見ていたのですが,結構高い位置にスクリーンがあり,次第に首が疲れてきました。段々とプラネタリウムを見るような,「かなり仰向け」の姿勢になってしまいました。

実は,ステージを生で見るのとは違い,演奏者の顔がアップになるのを見るのが煩わしかったので,途中から目を閉じて聞いていたのですが,そのうちに仰向けの姿勢と相俟って,2曲目のバルトークの時には,ついウトウトとしてしまいました(せっかくの,ピーター・ゼルキンさんのバルトークだったのですが...あまり記憶に残っていません。)。個人的には,あまりアップ映像は使わず,オーケストラ全体を指揮者の背後から撮る映像の割合を増やして欲しかったと思いました。

音声の方は悪くないと思いました。もちろん本当の生のような”空気感”のようなものはないのですが,5.1chサラウンドということで,会場の拍手の音がちゃんと後方から聞こえてくるなど,臨場感はありました。

というようなわけで,後半はもっと後ろの座席に移動し,やや見下ろすような形で見ることにしました。スクリーンが遠い分,アップも気にならないし,この形の方がしっくり来ました。

後半に演奏されたチャイコフスキーの交響曲第4番ですが,さすがサイトウ・キネン・オーケストラという演奏でした。映像を見ていると,特に管楽器奏者に外国人が目立ち,既に斎藤秀雄先生とは,「関係ない?」という人ばかりによる多国籍オーケストラという感じでした。コンサートマスターは,この曲では矢部達哉んでしたが(1曲ごとに変わっていました),まず,そのリードぶりが素晴らしいと思いました。力感に溢れた,バシッとしまった響きが印象的でした。

指揮者のディエゴ・マテウスさんは,まだ若い指揮者ですが,見るからに明るいキャラクターの方で,サイトウ・キネン・フェスティバルの「フェスティバル」の部分には相応しい方だと感じました。しかし,音楽づくりの方は非常に緻密で,細部まで,しっかり計算されているような演奏を聞かせてくれました。無意味に音楽が流れるようなところはなく,どの部分もがっちりと音が積み重なっているような,充実感がありました。しっかり計算されていても,それが嫌味にならないのが素晴らしいと思いました。例えば,第4楽章のコーダの部分の意図的なテンポアップも,湧き立つような爽快感となって感じられました。ただし,これはサイトウ・キネン・オーケストラの特徴なのかもしれませんね。

このところ,小澤征爾さんの体調が不安定なことは大変心配なのですが,今回の中継を見ながら,サイトウ・キネン・フェスティバル松本自体は,順調に松本市に定着していることが実感できました。金沢と松本は文化交流提携を結んでいますので,今回のようなイベントはさらに進めていって欲しいと思います。例えば,石川県立音楽堂と松本文化会館を双方向で中継するようなイベントがあれば,とても面白いのではないかと思います。

2011/08/25

9月11日の石川県立音楽堂開館10周年記念スペシャルコンサートの司会は...徳光和夫さんに!これは楽しみです。#oekjp

9月11日に行われる石川県立音楽堂開館10周年記念スペシャルコンサートの総合司会は,つい最近,24時間テレビでマラソンを完走されたばかりの徳光和夫さんに決まりました。

http://www.ongakudo.jp/cgi-bin/topicviw.cgi?id=1314231087

この日は,次のとおり,多彩なステージが続きます。徳光さんがどう仕切るのかも楽しみですね。

日時/9月11日(日)14:00開演 (13:15開場)
会場/石川県立音楽堂コンサートホール

第1部 秋川雅史さんと共に 紅白対抗 生オケ歌合戦
第2部 いしかわ邦楽の至芸(筝曲・長唄舞踊・素囃子)
第3部 邦楽、合唱&オーケストラのコラボレーション

OEK定期会員,邦友会会員は2000円...ということで,みんなで10周年を祝うイベントになると良いですね。その他,詳細は次のページをご覧ください。

http://www.ongakudo.jp/10th/index.html

2011/08/24

石川県立音楽堂は連日若い人たちで大賑わい。今日は石川県ジュニアオーケストラとOEKエンジェルコーラスがOEKと共演する「夏休みコンサート」が行われました。#oekjp

石川県立音楽堂では連日,いしかわミュージックアカデミーの講習会が行われていますが,その合間を縫って,恒例の「夏休みコンサート:朝日親子サマースペシャル」が行われました。

コンサートのチケットは持っていたのですが,今週末も演奏会に出かける予定なので,体力を温存するために,今回はパスし,家族とその知人に代わりに子供たちの演奏を楽しんできてもらいました。

感想を聞いてみると,「子供の歌はやっぱりいいねぇ」「子供の絵もいいねぇ」「ジュニアオーケストラもうまかった」ということで,しっかり楽しんできてくれたようです。

行かれた方がありましたら,是非,感想をお聞かせください。

それにしても8月末の音楽堂は,若い人たちでいっぱいですね。月末に音楽堂で行われる,井上道義さんによる指揮講習会には,スケジュール的に聞きに行くのは難しそうなのですが,次の予定を見ると,面白そうな曲が沢山並んでいます。

http://www.oek.jp/application/inoue/schedule.pdf

最終日のリレーコンサートの一部だけでも,聞きに行こうかなと思っています。

2011/08/23

いしかわミュージックアカデミー(IMA)&OEKジョイントコンサートは今年も充実の演奏の連続。神尾真由子,ホアン・モンラ,レジス・パスキエ,原田幸一郎...他豪華講師陣とOEKメンバーが共演しました。 #oekjp

昨年から,OEKの「もっとカンタービレ」シリーズの中の一つのコンサートとして行われるようになった,IMAの講師とOEKメンバーのジョイントによる室内楽コンサートを聞いてきました。コンサート会場ですが,昨年,石川県立音楽堂交流ホールで行ったところ,定員オーバー状態になってしまったので,今年は邦楽ホールで行われました。邦楽ホールだと満席にはならなかったのですが,やはり,これだけ充実したメンバーによる演奏なので,邦楽ホールの方で聞く方が落ち着くと思いました。

演奏会は,今年から講師に加わったIMA修了生でもあるホアン・モンラさんと神尾真由子さんのデュオによるサラサーテのナバーラで始まりました。最初の音の絶妙のハモリからゾクゾクとしてしまいましたが,その後もヴァイオリンの超絶技巧の競演が続き,非常にスリリングな演奏を聞かせてくれました。真剣勝負であると同時に,余裕をもって演奏を楽しんでいるようなところもあり,今回のようなジョイントコンサートの雰囲気にはぴったりの演奏だったと思います。

続いて,OEKのクラリネット奏者遠藤文江さんとIMAの講師陣+OEKメンバーでモーツァルトのクラリネット五重奏曲が演奏されました。この曲はモーツァルトの作品の中でも特によく演奏されている作品です。今回の演奏は非常にニュアンス豊かな,見事な演奏でした。遠藤さんは今回,バセットクラリネットで演奏されていたとのことです。見た感じは「普通よりも少し長いかな?」という程度で,大きな違いは分からなかったのですが,第3楽章のトリオなどでは,いつもよりも低い音を出していたのは分かりました。

この3楽章から4楽章に掛けては,特に表情の変化が豊かで,同じメロディが繰り返されているだけなのに,笑ったり,泣いたり,怒ったりしているような表現力のすごさを感じさせてくれました。OEKからは,ヴィオラの丸山さんとチェロのソンジュン・キムさんという,今年団員になった若手奏者も演奏に加わっていましたが,恐らく大変勉強になったのではないかと思います。5人一体となってのアンサンブルも聞きものでした。

後半は,ドヴォルザークの弦楽五重奏曲第2番という,ちょっと珍しい作品が演奏されました。この演奏では,IMA講師陣に加えて,現在別途,コントラバス講習会を同じ音楽堂内で行っている文屋充徳さんも加わっていました。弦楽四重奏にコントラバスが加わる五重奏というのはちょっと珍しいパターンかもしれませんが,そのこともあり,室内楽とは思えない,重厚でスケールの大きな音楽を聞かせてくれました。

ドヴォルザークの曲については,これまでの経験上,あまり演奏されない曲だとしても,分かりやすい曲が多いのですが(メンデルスゾーンもそうですね),この曲もそういう作品でした。この演奏では,第1ヴァイオリンのレジス・パスキエさんに特に注目してしまいました。その味わい深い演奏は特に印象的でした。

この演奏会には,IMAの受講生も聞きに来ていたようですが,大いに刺激になったのではないかと思います。IMAも終盤になってきましたが,明日からはさらに熱い指導が続くことでしょ。

2011/08/21

いしかわミュージックアカデミー(IMA) 体験レッスンby神尾真由子。その後はエキコン金沢で受講生による弦楽四重奏を聞いてきました。

今日の午前中は,まず,石川県立音楽堂のカフェコンチェルトで行われたヴァイオリニストの神尾真由子さんによる,「体験レッスン」の様子を眺めてきました。石川県内在住の3人の受講生に対して神尾さんがレッスンをするというものでした。最初の20分ほどだけ見てきたのですが,神尾さんは「この部分の筋肉を使って」とか「あと5cm上」とか非常に具体的に体の使い方についての説明をされていたのが印象的でした。IMAのマスタークラスのレッスンはまた違う内容だと思いますが,プロだなぁと感じました。

その後,JR金沢駅コンコースに移動し,11:00から金沢エキコンを聞いてきました。こちらもIMA関係で,韓国と日本の4人の受講生による弦楽四重奏で5曲の小品が演奏されました。

演奏直前までは,それほど大勢の人は集まっていなかったのですが,演奏が始まると,ざわざわと人が集まり始まって来ました。この感覚がエキコンの面白いところです。演奏された曲は,おなじみの曲ばかりでした。久石譲さんの「Summer」は,「新しい夏の定番」という曲と説明されていましたが,特に夏休み中の駅のコンコースにはぴったりの選曲だと思いました。

IMA関連コンサートは,23日に室内楽コンサート,27日の日本海交流コンサートと続きます。今年もまた熱い演奏を期待したいと思います。

« 2011年8月14日 - 2011年8月20日 | トップページ | 2011年8月28日 - 2011年9月3日 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック