OEKのCD

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012/02/26

井上道義指揮石川県学生オーケストラ&OEKのブルックナーの5番。最終楽章のコーダで見事な”音の大聖堂”が完成していました。#oekjp

この時期恒例の石川県の大学オーケストラの選抜メンバーとOEKによる合同公演を聞いてきました。ここ数年、OEK単独では聞けないような大曲が続き、毎年楽しみにしています。今年は、さらに大曲化(?)がすすみ、ブルックナーの交響曲第5番が演奏されました。演奏時間は約80分ということで、大きな挑戦だったと思いますが、素晴らしい演奏でした。

井上さんが演奏後のトークで語っていたとおり、”5分経っても同じ景色が続いている”という曲なのですが、最終的にはそれらが組み合わさって立派な大聖堂が作り上げられていました。大曲揃いのブルックナーの中でも特にこの曲には、そういう性格が強いので、聞く方もある程度の忍耐が必要なのです。恐らく、非常に練習は大変だったと思いますが、それがすべて報われたような演奏だったのではないかと思います。地道に煉瓦を積み重ねていくような持続力には、感動しました。

井上さんのテンポ設定は揺るぎのないもので(揺るがないテンポを維持することは実は、とても難しい気がします。)、熱気はあるけれども、ブレることのない音楽を作っていました。

第2楽章の途中に出てくる、たっぷりとしたメロディなど(弦楽合奏の瑞々しい歌が素晴らしかったです)、ところどころで、流れるように美しい音楽が湧き出てきます。こういう部分では、大聖堂を作っている途中に下を観てみると、素晴らしい景色が広がっていたというような趣きがありました。

例年通り、学生オーケストラ側が全部首席奏者を務めていましたが、その演奏も立派なものでした。第2楽章の最初の方に出てくるオーボエ、第4楽章の最初の方に出てくるクラリネットなど、曲の核となるようなモチーフをくっきりと演奏していたのが印象的でした。

そして、やはり最後の最後の部分のコーダでしょう。この部分では、別動の金管楽器が加わる演奏もありますが、今回は最後に全力を振り絞るような、気力十分の演奏を聞かせてくました。井上さんもこの部分では、最終コーナーで鞭(?)を入れるように、ずっと金管の方に向かって大きく指揮をしていました。実に感動的でした。

私自身、この曲を生で聞くのは今回が初めてでしたが、今回の演奏は、良い意味で「長さを堪能」させてくれました。ところどころで、細かいミスはあったかもしれませんが、OEKにとっても学生にとっても初めてという一期一会的新鮮さは他に換えられない魅力があると感じました(もう少しお客さんが入っていても良いと思いましたが、雪がまたまた降ってきたのも影響があったかもしれませんね)。

というようなわけで、毎年ブルックナーというのはシンドイかもしれませんが、「学生だけでは演奏するのは難しいけれども、OEKが加わればやれそう」という曲にこれからも挑戦していって欲しいと思います。

2012/02/22

ラ・フォル・ジュルネ金沢2012有料プログラム発表。今年はフルオーケストラが沢山登場。そしてイーヴォ・ポゴレリッチが登場 #lfjk

ラ・フォル・ジュルネ金沢2012の有料プログラムが本日発表されました。

http://lfjk.jp/news_2010/topics.cgi?action=201202221120

2月23日~27日まではLFJ金沢フレンズ会員向け先行予約期間、その後、一般発売が3月9日(金)からスタートするとのことです。

今年の有料プログラムをザッと見た感じでは、大規模なオーケストラが多いことが注目です。やはり、ロシア音楽ならではでしょうか?次のようなオーケストラが登場します。

・ドミトリー・リス;井上道義指揮ウラル・フィル
・西本智実;ドリアン・ウィルソン指揮台北市立交響楽団
・現田茂夫指揮同志社交響楽団
・大友直人指揮京都市交響楽団

5つも大編成オーケストラが登場します。そしてももちろんOEKも登場します。OEKを指揮するのは、井上道義さん、山田和樹さんに加え、大友直人さんです。

この大友直人さんが指揮するのが、ストラヴィンスキーの「火の鳥」(1919年版)です。OEKが演奏するのは初めて曲なので、大変楽しみです。京都から、同じ日に2つオーケストラが来るのも注目ですね。

オーケストラの曲では、チャイコフスキーの後期3大交響曲、弦楽セレナード、展覧会の絵など定番曲に加え、井上道義さん指揮によるショスタコーヴィチの交響曲第12番といった曲が含まれています。

その他、オープニングコンサーでは、神尾真由子さんが登場し、井上OEKとチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲を演奏します。

ストラヴィンスキーの「春の祭典」が演奏されない(多分)のは残念ですが、よく見ると「4手ピアノ版」で演奏されるようです。これも注目ですね。

器楽曲や室内楽曲も充実していますが、ロシア音楽の室内楽や器楽曲はオーケストラ作品に比べると知名度が低い曲が多いので、例年よりはマニアックな印象があります。その中でまず注目なのは、イーヴォ・ポゴレリッチです。5月4日の午後にラフマニノフのピアノ・ソナタ第2番などを演奏します。

金沢恒例の「高校吹奏楽」ですが、本公演では、小松明峰高校だけのようですね(昨年の市立柏高校が強烈すぎた?)。恐らく、「吹奏楽の日」の方が「一日吹奏楽」になるのではないかと思います。

恐らく、郵便でも公演情報が送られてくると思いますので、週末にかけて、じっくりと検討してみたいと思います。

2012/02/19

フランソワ=グザヴィエ・ロト指揮南西ドイツ放送交響楽団バーデン=バーデン&フライブルク金沢公演。マーラーの交響曲第5番は、明晰さとしっかりとした構成感のある見事な演奏。萩原麻未来さんのラヴェルもセンス抜群

今日は午後から、フランソワ=グザヴィエ・ロト指揮南西ドイツ放送交響楽団バーデン=バーデン&フライブルク(長い!)の金沢公演を聞いてきました。昨年の東芝グランドコンサートは、東日本大震災の影響で中止になりましたので、2年ぶりということになります。

最初に萩原麻未来さんのピアノ独奏を交えて、ラヴェルのピアノ協奏曲が演奏されました。OEKもたびたび演奏している曲です。萩原さんのピアノからは、それほど強い主張は感じませんでしたが、音楽が常にしなやかで、フランス音楽にふさわしい洒落た雰囲気がありました。特に軽やかに飛翔するような第3楽章の天衣無縫さが印象的でした。

マーラーの交響曲第5番の方は、ロトさんの明晰な音楽づくりが見事で、しっかりとした構成感を感じさせてくれるような演奏になっていました。大きなテンポの揺れであるとか、激しい表情づけなどはありませんでしたが、物足りないところはなく、純音楽的な交響曲として終楽章で大きく盛り上がるような巧みな音楽を聞かせてくれました。

部分的に、ソロを取る楽器をくっきりと強調したり、テンポを遅くしてじっくり聞かせたり、現代音楽に通じるような”違和感”を感じさせるような部分を敢えて作っているようなところもあり、全く退屈しませんでした。

第3楽章では、首席ホルン奏者だけ指揮者の隣に呼び寄せ、ホルン協奏曲のような形で演奏されていたのも独特でした。協奏曲というほどではありませんでしたが、ホルン同志の遠近感が協調されており、第3楽章だけが、ちょっと違った世界になっているような面白さがありました。第1と2楽章、第4と5楽章はそれぞれつながりが大きいので、そのことによって、曲全体を3部構成として作っていたのではないかと感じました。

それにしても、終楽章の終結部は、気持ちが良かったですね。熱狂的に荒れ狂うのではなく、美しい音で、すべての楽器の音を明晰に聞かせながら、高揚していきました。お見事という感じの演奏でした。

2012/02/17

雪の中、メノッティのオペラ「泥棒とオールド・ミス」「電話」の2本立てを観てきました。中島啓江さんは本調子ではありませんでしたが、他に代えがたい存在感!#oekjp

今日の金沢は、夕方から夜にかけて雪模様でした。その中を、メノッティのオペラ「泥棒とオールド・ミス」と「電話」の2本立てを石川県立音楽堂邦楽ホールで観てきました。

OEKによる「室内オペラシリーズ」もすっかり定着してきていますが、今回、メノッティの作品を取り上げたのは、新しい流れです。ブロードウェイの小劇場でヒットし、211回連続で上演されたコメディ・オペラということで、音楽自体も大変分かりやすいものでした。素材的にも演劇に近いものがあり、これまでの「日本のオペラ」路線とは、かなり趣きが違っていました。

今回の注目は、何といっても「泥棒とオールド・ミス」に登場した、中島啓江さんでした。が、開演前に「中島さんは、ここ数日、声帯が不調です。本日はそれを押して出演します。ご了承ください」というアナウンスが入りました。確かに、声は出ていませんでしたが、この役にぴったりといっても良い中島さんのキャラクターは他に代役はあり得ないのではないかと思います。声の不調を押しての出演ということで、終演後は、盛大な拍手が送られていました。

その代りに生彩を放っていたのが、メイド役の石川公美さんの歌でした。ストーリー自体も、最終的には、メイドの方がご主人さまに買ってしまうような展開でしたが、大変、気風の良い気持ちの良い歌を聞かせてくれました。泥棒役の羽渕浩樹さんも2枚目半的役柄を生き生きと演じていました。

この作品を観るのは初めてでしたが、基本的には権力を持つ女性に一泡吹かせてやろう、というストーリーでした。そういう点からすると、中島さんの声に本来備わっているはずの「圧倒的な迫力」というのがなかったため、最後の結末は「かわいそう」という感じを受けてしまいました。

その点で、コメディとして観た場合、やはり期待はずれということになります。その一方、「オールドミス(この言葉は死語に近いですね)」の悲哀のようなものが伝わってきて、普通の演劇としてみた場合は、リアリティが伝わってきました。これはこれで、見ごたえがあると感じました。

メノッティの音楽を聞くのは初めてのことでしたが、生き生きとした音楽の連続で、才気煥発という感じでした。この人の他の作品も是非聞いてみたいものです。その他、脇役にサプライズがあったり(これはレビューの方で紹介しましょう)、非常に立派なセットを使っていたり、洋モノの「室内オペラシリーズ」の第1弾としては大成功だったと思います。

# ややセリフが聞きづらいところはありましたが、オペラの場合、その点については「当たり前」として考えた方が良さそうですね。

前半は、同じメノッティの「電話」が上演されました。こちらは、男女のペアだけが登場する作品で、ディラン&キャサリン的な、ちょっと昔のアメリカの若者の会話劇といった感じがありました。小道具として電話が重要な役割を果たします(タイトルが「電話」なので当然なのですが)。電話に振り回される男性を安藤常光さんが軽妙に演じていました。相手方の木村綾子さんは、電話をしながら歌うようなシーンが多かったのですが、初々しい感じがあり、とても魅力的でした。

今回、中島啓江さんの声が本調子ではなかったのが、少々残念ではありましたが、室内オペラシリーズの新しい可能性を感じさせてくれる有意義な公演だったと思います。是非、この手の作品を今後も発掘していって欲しいと思います。気軽に楽しめるのが何より良い点です。

2012/02/12

ほくでんふれあいコンサート 辻井伸行with金聖響指揮OEKを聞いてきました。辻井さんのピュアな音楽+非常に壮麗な「ジュピター」を楽しんできました。#oekjp

毎年恒例,北陸電力主催のほくでんふれあいコンサート。今年は人気若手ピアニストの辻井伸行さんと金聖響さん指揮OEKの共演でした。プレイガイドでチケットは発売せず,抽選に当たった人だけが,比較的リーズナブルな価格で参加できる演奏会ということで,実は一旦はハズレになったのですが,チケットが「当りすぎた」知り合いからチケットが流れてきて,無事行けることになりました。会場はほぼ満席でした。

最初に「フィガロの結婚」序曲が演奏された後,金聖響さんに手を取られて,辻井さんが登場すると,拍手が一段と大きくなりました。

辻井さんのピアノを生で聞くのは,今回が初めてでした。不純物が全然ないような,大変素直な音楽を聞かせてくれました。タッチに乱雑なところがなく,金聖響さん指揮OEKによる透明度の高い音楽とあわせ,モーツァルトの協奏曲第21番の雰囲気にはぴったりでした。

ただし,これまで映像で見てきた辻井さんの雰囲気からは,ちょっとイメージが違う気がしました。もう少し天真爛漫な伸びやかな音楽を聞かせてくれるのかなと思っていたのですが,かなり内向的な印象を持ちました(いつも聞いている場所よりも後方で聞いていたせいかもしれません)。技術的には,言うことのない演奏なのだと思いますが,どこか,大人になりそうで,なっていないようなナイーブさを感じました。その辺が魅力とも言えるのですが,まだまだ成長過程にあるピアニストなのではないか?と感じました。

アンコール曲では,トルコ行進曲と映画「神様のカルテ」の中の自作曲が演奏されました。

後半は,モーツァルトの「ジュピター」が演奏されました。金聖響さん指揮OEKのモーツァルトといえば,落語版「コシ・ファン・トゥッテ」ぐらいしか聞いたことがありません。交響曲を聞くのは,意外にも初めてのような気がします。が,このコンビならではの聞きごたえのある演奏を聞かせてくれました。

第1楽章,第4楽章とも,かなりどっしりとしたテンポで演奏されていました。弦楽器は,いつもどおり,透明度の高いすっきりとした音を聞かせてくれましたが,全体の構えが大きいので,非常に壮麗でした。両楽章とも繰り返しをしっかり行っており(多分),演奏時間も40分ぐらいはかかっていた気がします。特に最終楽章は,各声部の絡み合いの見通しが良く,重苦しさはないのに,スケール感たっぷりでした。中間の2つの楽章は,反対にやや速めのテンポでしたが,しっかりとエネルギーが満ちており,物足りなさは感じませんでした。

アンコールは,ディベルティメントK138の第2楽章でした。これもこのコンビならではの,精緻で透明感のある演奏でした。聖響さんとOEKによるモーツァルト・シリーズに期待を抱かせてくれるような演奏だったと思います。

PS. この日は,「辻井さん目当て」のお客さんが多かったようで,定期公演の時とはかなり客層が違っているように感じました(拍手のレスポンスが悪く,お客さんの数の割に,拍手の量が少なかったですね。)。逆に言うと,お客さんの層を広げるには絶好のプログラムだったのではないかと思います。

2012/02/05

ラルフ・ゴトーニさん指揮OEK,今度はケルビーニのレクイエムを中心とした珍しい曲を集めたプログラム。レクイエムではOEK合唱団の明るく透明な声が大活躍。サッリネンの室内協奏曲は静かなドラマに満ちた作品でした。#oekjp

1月末から金沢に滞在しているラルフ・ゴトーニさんとOEKの共演シリーズの最終日は,チマローザ,サッリネン,ケルビーニの作品という「珍しい曲」ばかりを集めたプログラムでした。

ラルフ・ゴトーニさんは,最初の共演の時には,シュニトケの協奏曲,前回の共演の時はミニマル・ミュージックを取り上げたり,「分かりやすい現代曲」を積極的に取り上げていますが,今回演奏されたサッリネンのヴァイオリン、ピアノ、管楽のための室内協奏曲もそういう系統の作品でした。文学作品にインスパイアされて作られた曲ということだけあって,どこか文学的で詩的な気分がありました。アビゲイル・ヤングさんのヴァイオリンの芯のしっかりとしたクリアな音色にゴトーニさんのピアノとOEKによる,どこかひんやりとした肌触りの音が絡みあい,独特の世界を作り上げていました。実は...演奏会に来る前に,家の前の雪かきをかなりハードにした後だったので,途中,ちょっとウトウトしかけてしまいました。もう一度じっくりときいてみたい曲です。

後半に演奏されたケルビーニのレクイエムもOEKが演奏するのは初めてのことです。ラテン系のレクイエムですが,ヴェルディやフォーレの曲ほど演奏される機会は多くありません。曲全体は,静かに始まり,途中,がっちりとした感じの曲が何曲かあり,最後また静かに終わるという,シンメトリカルな構成の曲でした。

ソリストはなく,最初から最後まで立ったまま歌っていた,OEK合唱団が”主役”と言っても良い活躍でした。レクイエムにしては,それほど暗い感じはなく,OEK合唱団の皆さんの明るく透明な声と相俟って全曲を気持ち良く聞くことができました。ところどころヴァイオリンの入らない曲があったり,「怒りの日」で銅鑼が入ったり(トゥーランドットなどを思い出してしまいました),独特の響きを作っていました。宗教曲的な感じがやや薄いので,演奏される機会が少ないのかな,という気もしましたが,曲の最後の静かな音のハーモニーなど深さを感じさせてくれる部分も沢山ありました。今度,CDなどでも聞いてみたいと思います。

最初に演奏された,チマローザ/歌劇「秘密の結婚」序曲もとても良い曲でした。OEKの響きも大変充実していました。序奏の部分で,フルートとファゴットのカデンツァのようなフレーズが入るのが意表を突いていて面白かったですね,

というわけで,今回もまた,ゴトーニさんは,面白い曲を金沢の聴衆にいろいろと紹介してくれました。次回の共演がまた楽しみです。

ラ・フォル・ジュルネ金沢「熱狂の日」音楽祭2012の情報が北國新聞に掲載されていました。#lfjk

公式サイトの方にはまだ書かれていないようですが,1月30日に行われた実行委員会の情報が北國新聞で報道されていましたのでお知らせしましょう。

http://www.hokkoku.co.jp/subpage/OD20120131501.htm

・期間は4月28日~5月5日

・4月28日
北國新聞赤羽ホールで北陸地方の選抜メンバーによるピアノコンサート

・4月29日
JR金沢,福井両駅,富山県民会館でオープニングファンファーレ
本多の森ホールでバレエ公演
石川県立音楽堂で開幕コンサート
赤羽ホールでガラコンサート

・4月30日
東日本大震災チャリティコンサート(福島県郡山高校合唱部などを招聘)

・その他,次のアーティストや団体を招く予定
 台北シンフォニー・オーケストラ(西本智実さんらが指揮)
 ウラル・フィルハーモニー管弦楽団
 アンドレイ・コロベイニコフ(ピアノ)
 ロシア民族アンサンブル

ちなみに井上道義さんですが,ナントのラ・フォル・ジュルネでスクリャービンの交響曲第5番などを指揮されて来られたようです(オーケストラはウラル・フィル)。ブログの方に記事が書かれています。
http://www.michiyoshi-inoue.com/2012/02/schedule_2012feb.html

滅多に聞けそうにない作品なので,LFJKでも期待したいところです。

2012/02/01

ラルフ・ゴトーニ&OEKメンバーによる「もっとカンタービレ」。どの曲も良かったけれども,ショスタコーヴィチのピアノ五重奏曲の多彩な世界には圧倒されました。#oekjp

今日から2月ということで,相変わらず金沢では雪の日が続いています。そういう悪条件の中,OEK室内楽シリーズ「もっとカンタービレ」を聞いてきました。お客さんはどれぐらい入っているかな?と少し心配だったのですが,ホールに入ってみるといつもにも増して大入りでした。

今回の室内楽は,先週定期公演に登場したばかりのラルフ・ゴトーニさんがピアニストとして登場し,アビゲイル・ヤングさん,ルドヴィート・カンタさんをはじめとした,首席奏者と共演しました。その期待の大きさの現れと言えます。モーツァルト:ピアノ四重奏曲第1番,モーツァルト:ピアノと管楽のための五重奏曲変ホ長調,ショスタコーヴィチ:ピアノ五重奏曲とこれまで意外に演奏されてこなかったピアノと室内楽のための名曲が並んでいたこともお客さんの数が多かった理由の一つだと思います。今回のような”良いプログラム”で,しっかりお客さんが入るというのは,金沢の聴衆が成熟している証拠かなと思い,まず,嬉しくなりました。

演奏はその期待どおり,どの曲も聞きごたえがありました。モーツァルトのピアノ四重奏曲第1番はト短調の曲ですが,それほど深刻な感じはせず,ゴトーニさんのピアノの上でヤングさんを中心とした弦楽アンサンブルが意欲に溢れた音楽を聞かせるといった演奏でした。ヤングさんの”動”とゴトーニさんの”静”の絡み合いが特に印象的でした。

次のピアノと管楽のための五重奏曲は,まず,OEKの4人の管楽器奏者の音の素晴らしさに聞き惚れました。交流ホールだと管楽器の音は特に鮮明に聞こえます。曲想がとても華やかなので,ソリスト4人による豪華な競演といった趣きがありました。ゴトーニさんのピアノには,決してアンサンブルを邪魔しないバランスの良さがあるのですが,随所で華麗なパッセージを気持ち良く聞かせ,音楽をさらに華やかにしていました。同じ編成の曲はベートーヴェンも作っていますので,是非,次回はこちらの方も聞いてみたいと思いました。

後半は,ショスタコーヴィチのピアノ五重奏曲でした。この曲は,ピアノの一撃から始まるのですが,ゴトーニさんは,モーツァルトの時とは打って変わって,底光りするようなスケールの大きな音を聞かせてくれました。それに続く,OEKの首席弦楽奏者たちによる演奏も耳が離せないものでした。ゆったりとした中に常に緊張感をはらんでいました。この曲は,5楽章形式の曲ですが,楽章間でそれほど大きなインターバルを取っていませんでしたので,カメレオンのように次々と曲想が移り変わっていくような不思議さがありました。この辺もショスタコーヴィチの音楽の魅力です。

キリキリとした狂気をはらんだスケルツォもすごい演奏でしたが,不思議な明るさを持った最終楽章もまた,印象的でした。最後の部分では,どんどん軽やかな感じになり,最初のモーツァルトの雰囲気に戻ったようでした。そう考えると,この3曲の取り合わせも絶妙だったと思います。

「もっとカンタービレ」シリーズもすっかり定着し,これまで,いろいろな編成でいろいろなプログラムを聞いてきましたが,今回の演奏会は,その歴史の中でも特に充実した内容だったと思いました。

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック