OEKのCD

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« ラ・フォル・ジュルネ金沢2012有料プログラム発表。今年はフルオーケストラが沢山登場。そしてイーヴォ・ポゴレリッチが登場 #lfjk | トップページ | 井上道義指揮OEK定期公演は、ラ・フォル・ジュルネを先取りする「こだわりのロシア音楽」。ショスタコーヴィチの交響曲第14番では2人の歌手の圧倒的な声の力で「死」の世界を徹底的に描写 #oekjp »

2012/02/26

井上道義指揮石川県学生オーケストラ&OEKのブルックナーの5番。最終楽章のコーダで見事な”音の大聖堂”が完成していました。#oekjp

この時期恒例の石川県の大学オーケストラの選抜メンバーとOEKによる合同公演を聞いてきました。ここ数年、OEK単独では聞けないような大曲が続き、毎年楽しみにしています。今年は、さらに大曲化(?)がすすみ、ブルックナーの交響曲第5番が演奏されました。演奏時間は約80分ということで、大きな挑戦だったと思いますが、素晴らしい演奏でした。

井上さんが演奏後のトークで語っていたとおり、”5分経っても同じ景色が続いている”という曲なのですが、最終的にはそれらが組み合わさって立派な大聖堂が作り上げられていました。大曲揃いのブルックナーの中でも特にこの曲には、そういう性格が強いので、聞く方もある程度の忍耐が必要なのです。恐らく、非常に練習は大変だったと思いますが、それがすべて報われたような演奏だったのではないかと思います。地道に煉瓦を積み重ねていくような持続力には、感動しました。

井上さんのテンポ設定は揺るぎのないもので(揺るがないテンポを維持することは実は、とても難しい気がします。)、熱気はあるけれども、ブレることのない音楽を作っていました。

第2楽章の途中に出てくる、たっぷりとしたメロディなど(弦楽合奏の瑞々しい歌が素晴らしかったです)、ところどころで、流れるように美しい音楽が湧き出てきます。こういう部分では、大聖堂を作っている途中に下を観てみると、素晴らしい景色が広がっていたというような趣きがありました。

例年通り、学生オーケストラ側が全部首席奏者を務めていましたが、その演奏も立派なものでした。第2楽章の最初の方に出てくるオーボエ、第4楽章の最初の方に出てくるクラリネットなど、曲の核となるようなモチーフをくっきりと演奏していたのが印象的でした。

そして、やはり最後の最後の部分のコーダでしょう。この部分では、別動の金管楽器が加わる演奏もありますが、今回は最後に全力を振り絞るような、気力十分の演奏を聞かせてくました。井上さんもこの部分では、最終コーナーで鞭(?)を入れるように、ずっと金管の方に向かって大きく指揮をしていました。実に感動的でした。

私自身、この曲を生で聞くのは今回が初めてでしたが、今回の演奏は、良い意味で「長さを堪能」させてくれました。ところどころで、細かいミスはあったかもしれませんが、OEKにとっても学生にとっても初めてという一期一会的新鮮さは他に換えられない魅力があると感じました(もう少しお客さんが入っていても良いと思いましたが、雪がまたまた降ってきたのも影響があったかもしれませんね)。

というようなわけで、毎年ブルックナーというのはシンドイかもしれませんが、「学生だけでは演奏するのは難しいけれども、OEKが加わればやれそう」という曲にこれからも挑戦していって欲しいと思います。

« ラ・フォル・ジュルネ金沢2012有料プログラム発表。今年はフルオーケストラが沢山登場。そしてイーヴォ・ポゴレリッチが登場 #lfjk | トップページ | 井上道義指揮OEK定期公演は、ラ・フォル・ジュルネを先取りする「こだわりのロシア音楽」。ショスタコーヴィチの交響曲第14番では2人の歌手の圧倒的な声の力で「死」の世界を徹底的に描写 #oekjp »

コメント

ブルックナー好きの私としては、毎年ブルックナーでも構いませんよ(笑)
正直、これだけ立派なブルックナーになるとは予測していませんでした。そして始めて聴いた井上さんのブルックナーは、これは予想通り熱かったです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152606/54082331

この記事へのトラックバック一覧です: 井上道義指揮石川県学生オーケストラ&OEKのブルックナーの5番。最終楽章のコーダで見事な”音の大聖堂”が完成していました。#oekjp:

« ラ・フォル・ジュルネ金沢2012有料プログラム発表。今年はフルオーケストラが沢山登場。そしてイーヴォ・ポゴレリッチが登場 #lfjk | トップページ | 井上道義指揮OEK定期公演は、ラ・フォル・ジュルネを先取りする「こだわりのロシア音楽」。ショスタコーヴィチの交響曲第14番では2人の歌手の圧倒的な声の力で「死」の世界を徹底的に描写 #oekjp »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック