OEKのCD

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« ラ・フォル・ジュルネ金沢「熱狂の日」音楽祭2012の情報が北國新聞に掲載されていました。#lfjk | トップページ | ほくでんふれあいコンサート 辻井伸行with金聖響指揮OEKを聞いてきました。辻井さんのピュアな音楽+非常に壮麗な「ジュピター」を楽しんできました。#oekjp »

2012/02/05

ラルフ・ゴトーニさん指揮OEK,今度はケルビーニのレクイエムを中心とした珍しい曲を集めたプログラム。レクイエムではOEK合唱団の明るく透明な声が大活躍。サッリネンの室内協奏曲は静かなドラマに満ちた作品でした。#oekjp

1月末から金沢に滞在しているラルフ・ゴトーニさんとOEKの共演シリーズの最終日は,チマローザ,サッリネン,ケルビーニの作品という「珍しい曲」ばかりを集めたプログラムでした。

ラルフ・ゴトーニさんは,最初の共演の時には,シュニトケの協奏曲,前回の共演の時はミニマル・ミュージックを取り上げたり,「分かりやすい現代曲」を積極的に取り上げていますが,今回演奏されたサッリネンのヴァイオリン、ピアノ、管楽のための室内協奏曲もそういう系統の作品でした。文学作品にインスパイアされて作られた曲ということだけあって,どこか文学的で詩的な気分がありました。アビゲイル・ヤングさんのヴァイオリンの芯のしっかりとしたクリアな音色にゴトーニさんのピアノとOEKによる,どこかひんやりとした肌触りの音が絡みあい,独特の世界を作り上げていました。実は...演奏会に来る前に,家の前の雪かきをかなりハードにした後だったので,途中,ちょっとウトウトしかけてしまいました。もう一度じっくりときいてみたい曲です。

後半に演奏されたケルビーニのレクイエムもOEKが演奏するのは初めてのことです。ラテン系のレクイエムですが,ヴェルディやフォーレの曲ほど演奏される機会は多くありません。曲全体は,静かに始まり,途中,がっちりとした感じの曲が何曲かあり,最後また静かに終わるという,シンメトリカルな構成の曲でした。

ソリストはなく,最初から最後まで立ったまま歌っていた,OEK合唱団が”主役”と言っても良い活躍でした。レクイエムにしては,それほど暗い感じはなく,OEK合唱団の皆さんの明るく透明な声と相俟って全曲を気持ち良く聞くことができました。ところどころヴァイオリンの入らない曲があったり,「怒りの日」で銅鑼が入ったり(トゥーランドットなどを思い出してしまいました),独特の響きを作っていました。宗教曲的な感じがやや薄いので,演奏される機会が少ないのかな,という気もしましたが,曲の最後の静かな音のハーモニーなど深さを感じさせてくれる部分も沢山ありました。今度,CDなどでも聞いてみたいと思います。

最初に演奏された,チマローザ/歌劇「秘密の結婚」序曲もとても良い曲でした。OEKの響きも大変充実していました。序奏の部分で,フルートとファゴットのカデンツァのようなフレーズが入るのが意表を突いていて面白かったですね,

というわけで,今回もまた,ゴトーニさんは,面白い曲を金沢の聴衆にいろいろと紹介してくれました。次回の共演がまた楽しみです。

« ラ・フォル・ジュルネ金沢「熱狂の日」音楽祭2012の情報が北國新聞に掲載されていました。#lfjk | トップページ | ほくでんふれあいコンサート 辻井伸行with金聖響指揮OEKを聞いてきました。辻井さんのピュアな音楽+非常に壮麗な「ジュピター」を楽しんできました。#oekjp »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ラ・フォル・ジュルネ金沢「熱狂の日」音楽祭2012の情報が北國新聞に掲載されていました。#lfjk | トップページ | ほくでんふれあいコンサート 辻井伸行with金聖響指揮OEKを聞いてきました。辻井さんのピュアな音楽+非常に壮麗な「ジュピター」を楽しんできました。#oekjp »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック