OEKのCD

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« OEK2012-2013の定期公演のプログラム紹介 #oekjp | トップページ | ピロシキの看板。どういうピロシキなのか気になります。#lfjk »

2012/04/28

ラ・フォル・ジュルネ金沢、まちなかでのプレイベント開始。快晴の中、長町武家屋敷前ではSax四重奏。実にいい感じでした。#lfjk

Nec_0115
今日の金沢は、これ以上ない快晴。気温も25度ぐらいはあったようです。その中、今年のラ・フォル・ジュルネ金沢が開幕しました。音楽祭前半は、金沢市内でのプレイベントということで、今日は午後から自転車で長町武家屋敷方面にふらふらと出かけてきました。

15:00から行われたエリア・イベントは、サクソフォンカルテットボンテVのみなさんによるサクソフォン四重奏でした(リーダーは、金沢ではおなじみのサクソフォーン奏者、筒井裕朗さんです。)。場所は、武家屋敷の野村家に隣接してある茶菓工房たろうの店舗前スペースでした。用水に隣接した場所でのどかなムードたっぷりでした。お客さんも音に釣られて丁度よい具合の賑わいがありました。

私は途中から聞き始めたのですが、行った時に演奏されていたのは、チャイコフスキーのバレエ音楽の中の曲をアレンジしたものでした(私が行った時は「白鳥の湖」のナポリの踊りだったと思います。その後、「くるみ割り人形」のトレパックを演奏していました。)。続いて、ショスタコーヴィチのジャズ組曲の中のワルツが演奏されました。俗っぽさと哀愁が絶妙のブレンドを聞かせる曲で、店舗の前で演奏していたこともあり、「店の呼び込み」風に響いていました。
Nec_0114

その後は、ロシア音楽を離れ、オードリー・ヘップバーン主演の名画の中で使われた曲3曲が演奏されました(魅惑のワルツ、ムーンリバー、踊りあかそう)。サクソフォーン四重奏は、ソプラノ、アルト、テナー、バリトンと人間の声に対応するような声部からなるアンサンブルということで、とてもバランス良い音楽を楽しめました。サクソフォーンは音量も大きいので野外演奏にもぴったりだと思います。

演奏後は、”入場料がわり”に茶菓工房たろうさんで「ようかん」を買って帰りました。例のOEKどら焼きを作っている店ということで、期待して食べてみたいと思います。
Nec_0124

« OEK2012-2013の定期公演のプログラム紹介 #oekjp | トップページ | ピロシキの看板。どういうピロシキなのか気になります。#lfjk »

コメント

楽しんでいただけて嬉しいです☆
「くるみ割り~」は私の手持ちの輸入譜なのですがチョコレートという題になってます。チョコレートもナポリの踊りという曲も知りませんでしたが、2つは似ているのですね!
筒井さんアレンジ「ワルツ」のソロ版は3日に演奏されるそうですね!!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152606/54579199

この記事へのトラックバック一覧です: ラ・フォル・ジュルネ金沢、まちなかでのプレイベント開始。快晴の中、長町武家屋敷前ではSax四重奏。実にいい感じでした。#lfjk:

« OEK2012-2013の定期公演のプログラム紹介 #oekjp | トップページ | ピロシキの看板。どういうピロシキなのか気になります。#lfjk »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック