OEKのCD

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« ラ・フォル・ジュルネ金沢2012。今日は絶好の吹奏楽日和。「吹奏楽の日」参加10団体中7つを聞いてしまいました。音楽堂のチャリティコンサートもレベルの高い演奏の連続 #lfjk | トップページ | ラ・フォル・ジュルネ金沢2012本公演2日目.ポゴレリッチは圧倒的存在感で独自の世界(スケジュールは10分遅れに).四手版「春の祭典」byヒジャーク姉妹も期待通り.郡山高校合唱部もじっくり聞かせてくれました #lfjk »

2012/05/03

ラ・フォル・ジュルネ金沢2012本公演1日目。なんといっても井上道義/ウラルフィルのショスタコ11番がすごかった。午後からは小雨気味でしたが音楽堂前も盛り上がっていました #lfjk

いよいよラ・フォル・ジュルネ金沢2012の本公演が始まりました。昨年は本公演が2日+αでしたが、今年は丸々3日ということで堪能したいと思います。

天候の方は思ったほど悪くはならず、午前中は晴れ間も見えていましたが、夕方頃からは小雨気味になりました。ただし、これぐらいの天候は全く影響はないようで、例年通り、石川県立音楽堂~JR金沢駅周辺は多くの人で賑わっていました。ただし、今年は鼓門下やその地下でのイベントは行っていませんでした。その分、音楽堂のにぎわいの密度が高くなっていた気がします。

私は12:00以降、コンサートホールと邦楽を往復して過ごしました。今年はフル編成オーケストラが沢山来るので、特にコンサートホールでの演奏に期待しているのですが、今日の公演では、井上道義さん指揮ウラル・フィルによるショスタコーヴィチの交響曲第12番「1917年」が圧倒的な演奏でした。井上さん自身も大満足という演奏だったと思います(終演後の雰囲気から分かりました。)。ショスタコーヴィチの曲については、「曲の裏」を読んだりする楽しみもありますが、この日の演奏では、ウラルフィルのパーカッションを中心とした、破壊力抜群の響きに、「曲の裏」など何も考えずに呑み込まれてしまいました。

お昼に演奏された、庄司紗矢香さんと、おなじくウラルフィルによる、ショスタコーヴィチのヴァイオリン協奏曲第1番も聞きごたえたっぷりでした。この曲は、昨年のOEKの定期公演で聞きそこなった曲だったのですが(ボリス・ベルキンさんが登場した回です)、深さと同時に名技性を楽しめる見事な演奏でした。

西本智実さんが登場した台湾市立響による、チャイコフスキーの「悲愴」は、超満員でした。ただし、演奏の方は、「悲愴」にしては、オーケストラの響きが明るく、「華麗なる悲愴」といった感じでした。第3楽章の後には、予想通り(?)盛大な拍手も入りましたが、「お祭り」の中で聞くには、暗すぎるよりも良いのかな、という気はしました。

最後に聞いた、コロベイニコフさんと台湾市立響によるラフマニノフのピアノ協奏曲第2番も超満員のお客さんが入っていました。こちらもオーケストラの響きは、明るく感じましたが、ラフマニノフの場合、映画音楽的な部分もありますので、大変心地よく感じました。コロベイニコフさんのピアノについては、圧倒的なスケール感というよりは、第2楽章などの抒情的な部分で、ぐっと内向していくような雰囲気が印象的でした。

それ以外は、邦楽ホールで、LFJKの常連、アンヌ・ケフェレックさんによる小品集、プラジャーク弦楽四重奏団によるチャイコフスキーとボロディンの弦楽四重奏をそれぞれ楽しみました。特にプラジャーク弦楽四重奏団は良かったですね。ちょっとくすんだような響きがあり、聞いていて、何故か、懐かしさを感じてしましました。

交流ホールでやっていた高橋多佳子さんと宮谷理香さんによるデュオ・グレースのステージも半分ほど聞きました。非常に楽しいステージでした。お二人は、何と美しい振り袖姿で演奏されていました。赤い八角形ステージの上で着物を着た女性二人が「剣の舞」を連弾で演奏する、というのはラ・フォル・ジュルネ金沢ならではでしょう(この二人は、新しいLFJK名物になりそう?)。「花のワルツ」では、演奏をしながら、扇子で花びらを散らすパフォーマンスが出てくるなど、お祭り気分を盛り上げてくれるネタも満載でした。ピアノ連弾するだけではなく、トークのやりとりも息がぴったりで、超満員のお客さんも大喜びでした。

P1040479

本日の締めは、音楽堂前広場での、カピタン・ロシア民族アンサンブルのパフォーマンスでした。演奏会が全部終わった後、このスペースでダラダラと過ごすのもラ・フォル・ジュルネらしい感じです。今日は寒かったせいか、アンコールはなかったのですが、おなじみのロシア民謡を次々と歌ったり演奏したりして、気分を盛り上げてくれました。
P1040512

明日はいよいよポゴレリッチさんが登場しますね。一体、どういう演奏を聞かせてくれるのでしょうか?

« ラ・フォル・ジュルネ金沢2012。今日は絶好の吹奏楽日和。「吹奏楽の日」参加10団体中7つを聞いてしまいました。音楽堂のチャリティコンサートもレベルの高い演奏の連続 #lfjk | トップページ | ラ・フォル・ジュルネ金沢2012本公演2日目.ポゴレリッチは圧倒的存在感で独自の世界(スケジュールは10分遅れに).四手版「春の祭典」byヒジャーク姉妹も期待通り.郡山高校合唱部もじっくり聞かせてくれました #lfjk »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« ラ・フォル・ジュルネ金沢2012。今日は絶好の吹奏楽日和。「吹奏楽の日」参加10団体中7つを聞いてしまいました。音楽堂のチャリティコンサートもレベルの高い演奏の連続 #lfjk | トップページ | ラ・フォル・ジュルネ金沢2012本公演2日目.ポゴレリッチは圧倒的存在感で独自の世界(スケジュールは10分遅れに).四手版「春の祭典」byヒジャーク姉妹も期待通り.郡山高校合唱部もじっくり聞かせてくれました #lfjk »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック