OEKのCD

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« ラ・フォル・ジュルネ金沢2012本公演1日目。なんといっても井上道義/ウラルフィルのショスタコ11番がすごかった。午後からは小雨気味でしたが音楽堂前も盛り上がっていました #lfjk | トップページ | ラ・フォル・ジュルネ金沢2012最終日。今日は「オーケストラの日」。同志社交響楽団、京都市交響楽団、OEKでチャイコフスキー、ムソルグスキー、小曽根さんとのショスタコを堪能。クロージングコンサートもすっかり市民に解け込みました。 #lfjk »

2012/05/04

ラ・フォル・ジュルネ金沢2012本公演2日目.ポゴレリッチは圧倒的存在感で独自の世界(スケジュールは10分遅れに).四手版「春の祭典」byヒジャーク姉妹も期待通り.郡山高校合唱部もじっくり聞かせてくれました #lfjk

雨の中,ラ・フォル・ジュルネ金沢2012の本公演2日目を聞いてきました。過去5年間,終わった途端雨になったことはありますが,これだけ1日雨が降っていたのは,LFJK史上初めてかもしれません。しかもかなり寒かったですね。

しかし,石川県立音楽堂は今日も多くのお客さんで賑わっていました。音楽堂の公演で完売になったものはなかったようですが,個人的には「当日,ふらっと出かけても聞けるラ・フォル・ジュルネ」ぐらいで良いと思っているので,「ほとんど完売」がベストではないかと思っています。

P1040523

さて,今日の目玉は,何と言ってもピアノのイーヴォ・ポゴレリッチでしょう。珍しく1階のかなり前の方の席を取ってしまったのですが,その存在感に圧倒され通しでした。予想通り,非常に遅いテンポで演奏しており,急遽追加で演奏することになったショパンのノクターン(掲示されていたop.9-2ではない,別の曲が演奏されました。何番だったのでしょうか?)は,あまりにも遅いので何かラフマニノフの前奏曲などを聞いているように感じてしまいました。ラフマニノフも非常に遅いテンポで,硬質のクリアなタッチで演奏されていたので,巨大なオブジェをステージ上にずしっと呈示されたような感じでした。テンポが遅いので,音楽の流れがよく分からず,「一体,今は何時?」「一体何の曲を演奏をしている?」という感じになっていましました。ただし,ラフマニノフの最終楽章やイスラメイなどでは,凄まじいタッチで演奏をしていました。

正直なところ,ポゴレリッチだけにしか許されない演奏で,その点で賛否が分かれる演奏だったと思います。また,「大きなものを近くで見過ぎた」という感じで,曲の全体像がつかみきれないように感じてしまいました。というわけで,かなり疲れてしまいました。

その後,邦楽ホールに移動し,プラメナ・マンゴーヴァのピアノを聞いてきました(ちなみに,ポゴレリッチの影響で,以後,音楽堂の公演は全部10分遅れになってしまいました)。このマンゴーヴァさんの演奏ですが,ポゴレリッチを聞いた後だと,音楽が自然に流れるので,非常に気持ち良く聞くことができました。ショスタコーヴィチの24の前奏曲の抜粋など,どの曲も楽しめました。

この日は,オーケストラの公演は,山田和樹さん指揮OEKの公演だけしか聞かなかったのですが,昨日聞いた,二つのフル編成オーケストラに比べても,OEKの充実感は全く劣らないと感じました。スペイン奇想曲など,堂々たる演奏でした。アンリ・ドマルケットさんの透明感のあるチェロも最高でした。

その他,アートホールで聞いたヒジャーク姉妹による「春の祭典」の連弾版,ショーソン・トリオによる「偉大な芸術家の思い出に」など,外せない曲をしっかり楽しむことができました。「春の祭典」の方は,ついついオーケストラの音を探しながら聞いてしまいました。ピアノ自体打楽器的な要素も強く,非常にスカッとした演奏になっていました。

最後にこの日の公演で忘れられなかったのが,交流ホールで「朝一」で聞いた福島県立郡山高校合唱部によるロシア民謡集でした。全部暗譜&ロシア語での歌唱で,ひたむきさが伝わってくる演奏でした。途中,何回かソロも出てきましたが,非常に集中して楽しむことができました。

というわけで,今日も朝から晩までロシア音楽に浸ることができました。明日は最終日,天気がもう少し良くなって欲しいところです。

P1040527
お馴染み石川県筝曲連盟による演奏です。筝の音は民族的な音楽に意外によく合いますね。

交流ホールでのクロージングコンサートのポスターも出始めていました。
P1040529

トリは「1812年」のようですね。その他,ミリヤーナ・ニコリッチさん,カピタン・ロシア民族アンサンブル&OEK合唱団が登場。「1812年」には,金沢大フィルの応援もあるようです。

« ラ・フォル・ジュルネ金沢2012本公演1日目。なんといっても井上道義/ウラルフィルのショスタコ11番がすごかった。午後からは小雨気味でしたが音楽堂前も盛り上がっていました #lfjk | トップページ | ラ・フォル・ジュルネ金沢2012最終日。今日は「オーケストラの日」。同志社交響楽団、京都市交響楽団、OEKでチャイコフスキー、ムソルグスキー、小曽根さんとのショスタコを堪能。クロージングコンサートもすっかり市民に解け込みました。 #lfjk »

コメント

ポゴレリッチがラフマニノフの前に弾いた曲はショパンのノクターン第13番ハ短調Op.48-1です。ポゴレリッチ自身が第2番と言ったとしたらちょとした悪ふざけだったのかもしれません。いくつかの新聞にも第2番と出ていたようでうすが「超有名」な第2番でないことはわかるように思うのですが・・・
ラフマニノフもバラキレフも十数年前サントリーホールやザ・シフォニーホールで聴いた曲とは全く別の曲のような変貌ぶりでした。
この前にアートホールで同じラフマニフの2番をフィリップ・ジュジアーノが演奏。ポゴレリッチとは正反対のスピード感があり、もう少しロシアっぽい情念みたいのがあってもいいのでは、という感じでした。なおアンコールスクリャービンのエチュードとしか書いてありませんでしたがOp.8-11変ロ短調で、美しい演奏でした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ラ・フォル・ジュルネ金沢2012本公演1日目。なんといっても井上道義/ウラルフィルのショスタコ11番がすごかった。午後からは小雨気味でしたが音楽堂前も盛り上がっていました #lfjk | トップページ | ラ・フォル・ジュルネ金沢2012最終日。今日は「オーケストラの日」。同志社交響楽団、京都市交響楽団、OEKでチャイコフスキー、ムソルグスキー、小曽根さんとのショスタコを堪能。クロージングコンサートもすっかり市民に解け込みました。 #lfjk »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック