OEKのCD

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012/06/29

久石 譲&OEK ファンタスティック・クラシカルコンサート。大人のクラシック音楽を聞いてきました。#oekjp

今日はOEK定期公演F(今後はファンタステッィック・クラシカルコンサートという名称になるようですが)を聞いてきました。指揮は,スタジオ・ジブリの映画音楽などで有名な久石譲さんでした。

ファンタジーシリーズなので,当初は久石さんの自作自演特集かと思っていたのですが,しっかり見てみると,シューマンのチェロ協奏曲とブラームスの交響曲第4番という非常にオーソドックスで落ち着いた雰囲気のプログラムでした。OEKがブラームスの交響曲第4番を演奏する機会は多くありませんので,今回は久石さんがどういうブラームスを聞かせてくれるのかを聞きに出かけてきました。

この曲を聞いた印象ですが...正直なところ久石さんらしさは,あまり強く感じることはできませんでした。どちらかというと,久石さんの指揮を盛りたてようとする,OEKメンバーの個人技の方に注目してしまいました。例えば,ブラームスの4番といえば,最終楽章のフルートの独奏が有名ですが,岡本さんのじっくりと聞かせるソロをしっかり楽しむことができました。弦楽器は通常よりも増強していましたが,すっきりとした艶のある音はいつもどおりでした。

第3楽章の軽快な雰囲気はなかなか良かったのですが,第1楽章や第2楽章の終盤などは,「ここはもう少しグッと踏みこんでほしいな」というところが,サラリとしていたり,ソコソコの盛り上がりという感じになっていたのが,やや物足りないところでした。

前半のシューマンのチェロ協奏曲は,久石さんとも親交のある,OEKの首席チェロ奏者のおなじみルドヴィート・カンタさんが独奏者として登場しました。第1楽章冒頭部から,はかなく優しげな雰囲気のカンタ節を堪能させてくれました。久石さん指揮OEKの演奏はややテンポが重い感じはしましたが,カンタさんに寄り添うようなサポートをしていました。

この曲の後,アンコールとして久石さんのピアノとカンタさんのチェロで久石さんの映画音楽が2曲演奏されました。やはり,こちらの方に久石さんの本領は発揮されていたと思いました。カンタさんのチェロのほのかに甘い音も,久石さんの音楽にぴったりでした。最初に演奏された久石さん編曲によるヴィヴァルディのラ・フォリアも途中にティンパニや打楽器が入ったり,一ひねりされたバロック音楽の世界を楽しませてくれました。

というわけで,個人的には,やはり久石さんの自作または編曲作品をもっと聞きたかった,というのが正直なところです。ただし,この日のお客さんですが,非常に若い人が多かったですね。私の居た3階席には,大学生風のお客さんが大勢いました。こういう光景を見ていると,今回の演奏会がきっかけで,クラシック音楽の演奏会に興味を持つ人も大勢出てくるのではないかと思いました。

次回,久石さんがOEKの指揮台に登場する時には,是非,OEK用のオリジナル作品を作ってもらい,それを披露して欲しいものです。カンタさんだけではなく,OEKメンバーとの室内楽というのも面白いのではないかと思います。

2012/06/24

今日は小松シティ・フィルハーモニック第7回サマーコンサートへ。ドラゴンクエストIIIをしっかり聞いてきました。

今日の午後からは,OEKメンバーによる「ふだん着ティータイムコンサート」,若手ピアニストニュウ・ニュウ(牛牛)のリサイタルなどいろいろと選択肢はあったのですが,小松シティ・フィルハーモニックのサマーコンサートに行くことにしました。

小松シティ・フィルハーモニックの定期公演については,毎年行きたいと思っているのですが,毎回,OEKと石川県学生オーケストラの合同演奏会と重なってしまうので行けずに残念に思っていました。その代わりというわけでもないのですが,今回は,テレビゲーム「ドラゴンクエスト」の音楽を一気に演奏するということもあるので,金沢から1時間ほどドライブをして聞きに行くことにしました。

コンサートが行われたのは,小松市の第一コミュニティーセンターという大きめの公民館といった施設でした。オーケストラの皆さんはここで毎週練習されているようで,この地域の皆さんへの感謝を込めての演奏会という意味もあったようです。

まず,「ジューンブライド」にちなんでメンデルスゾーンの結婚行進曲が演奏された後,室内楽のコーナーになりました。木管五重奏とコントラバス四重奏(この編成で聞くのは初めてでした)で数曲演奏されましたが,司会進行の方とメンバーのやり取りがとてもアットホームで楽しく,各楽器とメンバーへの親しみが増しました。前半最後は,アルビノーニの2本のオーボエのための協奏曲の一部が演奏されました。こちらの方も,オーボエ2本の絡み合いがとてもアットホームでリラックスして楽しむことができました。

後半の最初は,指揮者体験コーナーがあり,前半最初に演奏された,結婚行進曲を4人の子供たちが指揮しました(金沢の「ふだん着ティータイムコンサート」でもほぼ同時間にやっていたのではないでしょうか。)。テンポが重くなってしまうのが微笑ましかったのですが,最後になるほど,「いい感じ」のテンポになってきたようです。

その後,この日のメインの,すぎやまこういち作曲の「ドラゴンクエストIII」の音楽から10曲演奏されました。実は,私自身,このゲームを全くやったことはないのですが,さすがにテーマ曲ぐらいは聞いたことがあります。通常はテレビから音楽が流れてくるのですが,それを交響組曲の形に編曲したものが今回演奏されました。メンバーにこの音楽の熱烈なファンがいたこともあり,今回,選曲されたとのことです。演奏前,お客さんに尋ねた感じでも,かなり多くのお客さんが「聞いたことある」「やったことある」と挙手していましたので,選曲は「当たった」のではないかと思います。

すぎやまさんの音楽は,全体にとても前向きで,健全な感じがするので,聞いていて気持ち良さを感じました。ゲームをやってことのない私でもイメージを広げることができましたが,これは曲の合間に曲についての説明があったからです。最後の2曲では「朝からやっているのでバテバテです」とおっしゃられていましたが(トランペットとかパーカッションとかが特に大変そう),それが,自然な悲壮感(?)となって,音楽の迫力を増していました。ただ,後半はトークを入れると1時間以上かかっていたので,少々疲れました。

今回の演奏会では,その他にもいろいろと「小ネタ」が随所に仕込まれていたり,オーケストラの雰囲気の良さがしっかりと伝わってきました。来年の定期演奏会は,2月3日(日)(「ローマの松」(聞いてみたい)ほか)と予告されていましたが,こちらの方も楽しみです。

2012/06/23

6月はアマチュア・オーケストラの演奏会シーズン。今日は金沢大学フィルのサマーコンサートへ。ドヴォルザークの交響曲第6番(9番ではないですよ)を聞いてきました。

6月は地元のアマチュア・オーケストラの演奏会シーズンで,次のような感じで毎週末に演奏会が行われています。特にこの土日に集中しています。

金沢室内管弦楽団第26回定期演奏会 6月9日(土)
金沢大学フィルハーモニー管弦楽団第37回サマーコンサート 6月23日(土)
金沢交響楽団第54回定期演奏会 6月23日(土)
小松シティ・フィルハーモニック 第7回サマーコンサート 6月24日(日)

今日は金沢交響楽団の演奏会と金沢大学フィルの演奏会がダブってしまい,どちかに行こうか迷ったのですが,ドヴォルザークの交響曲第6番という滅多に実演では演奏されない曲を果敢にも取り上げた,金沢大学フィルの方に行くことにしました。

前半もドヴォルザークのスラヴ舞曲の中の4曲の抜粋でしたので,オール・ドヴォルザーク プログラムということになります。この日は,石川県立音楽堂コンサートホールでの演奏ということで,非常に気持ちの良いオーケストラのサウンドを楽しむことができました。

ただし,メインのドヴォルザークの交響曲第6番については,「ちょっと長いかな」と感じてしまいまいした。曲が始まると「おお,何かブラームスの交響曲第2番に気分が似ているな」という気分で牧歌的な気分になったのですが(どちらもニ長調で,3拍子ですね),段々と長さを感じてしまいました。これは,やはり曲の問題なのかもしれませんが,演奏の方もちょっとまじめ過ぎるかな,という気がしました。後半の2つの楽章は,かなり華やかな感じになりますが(特に第3楽章),そこに行くまでが長いと感じてしまいました。第4楽章の最初の方も,ブラームスの交響曲第2番に雰囲気が似ていたのですが,そうなってくると,やはりブラームスの2番の方が一段上かなということになってしまいそうです。

# ただし,オーケストラ音楽のファンとしては,今回のような”マイナーな曲”を取り上げていって欲しい,という気持ちもあります。

前半のスラヴ舞曲の方もちょっと堅い印象はありましたが,抜粋された4曲のチョイスと並びも良く(ちょっとした交響曲を思わせる配置でした),聞き映えがしました。特にテンポの速い,第1番と第8番は,若い人たちが演奏するのにぴったりだと思いました。

この日はどちらも学生指揮者が指揮をしましたが,どちらもオーケストラがとても良く,しかも,引き締まった感じで鳴っていたのが良かったと思いました。プログラムの裏には,1月の定期演奏会の情報が早くも掲載されていましたが(小松長生さん指揮です),この公演に向け,さらに演奏を磨いていって欲しいと思います(何の曲を演奏するかも楽しみです)。

2012/06/22

金沢のOEK定期に秋山和慶さん初登場。明快&鮮やかなコープランドを堪能。戸田弥生さんのバーバーもグイグイ聞かせてくれました。#oekjp

約1か月ぶりのOEKの定期公演は,秋山和慶さん指揮による,アメリカ音楽の夕べでした。意外なことに,秋山さんが金沢で行われるOEKの定期公演に登場するのは,今回が初めてのことです。ジョアン・ファレッタさんの代役として登場することになったのですが,完全に手の内に入った見事な演奏を聞かせてくれました。

まず,お馴染みのバーバーの弦楽のためのアダージョで始まりました。この曲で,しみじみと,しかし,熱い音楽を聞かせてくれた後,ヴァイオリンの戸田弥生との共演で,バーバーのヴァイオリン協奏曲が演奏されました。この曲は,20世紀のヴァイオリン協奏曲とは思えない,分かりやすい作品で,個人的にとても好きな曲です。生演奏で聞くのは,竹澤恭子さんと尾高/OEK以来のことですが,戸田さんのヴァイオリンは,堂々としたかっぷくの良さがあり,この曲の持つ大らかさとちょっと切なさが混ざったような魅力をしっかり伝えてくれました。第3楽章はワチャワチャとした感じが独特なのですが,秋山さんの鮮やかな指揮で聞くと,非常に分かりやすく整理されており,安心して軽妙さを楽しむことができました。

後半の最初は,映画「シンドラーのリスト」のテーマが演奏されました。この曲のオリジナルはイツァーク・パールマンの演奏だったと思いますが,戸田さんの演奏も,それに負けない,非常に濃くたっぷりと演奏を聞かせてくれました。ただし,ちょっと濃すぎて,やや演歌っぽいかな,というところもありました。

最後は,コープランドの「劇場のための音楽」という,何ともそっけないタイトルの音楽だったのですが,これが非常に楽しめました。木管楽器などは1本ずつでかなりこじんまりした編成でしたが,バーンスタインの音楽の原型のような,変化に富んだ音楽を聞かせてくれました。秋山さんは,非常に明快な指揮をされる方ですが,その職人芸的指揮ぶりから出てくる鮮やかな音楽を,しっかり楽しむことができました。リズムが多彩に変化すればするほど,音楽に安定感が出てくるような,凄みを感じました。トランペット,イングリッシュホルン,クラリネット...など各楽器のソロも楽しめました。原色的な生々しさと軽妙さがありました。特にクラリネットが,ちょっと甲高い音で軽快にジャズ風のメロディを演奏する軽快さが耳にしっかり残っています。

演奏時間的には,それほど長い演奏会ではなかったのですが,これまでOEKがあまり取り上げてこなかったアメリカ音楽の面白さを伝えてくれました。OEKメンバーの雰囲気からは,秋山さんに対する,絶大な信頼感とリスペクトする雰囲気を感じました。是非また客演して欲しいと思います。

PS. それにしても...秋山さんは昔から変わりませんねぇ。30年以上クラシック音楽を聞いているのですが,その間,ずっと今と同じ雰囲気のような気がします。実は,このことも凄いと思っています。

2012/06/17

池辺さん作曲カンタータ「悪魔の飽食」を聞いてきました。予想外に聞きやすい作品で、500人近くの大編成合唱団による熱い歌と反戦の思いがストレートに伝わってきました。 #oekjp

このところOEKは、学校公演を中心に活動していますので、OEKを聞くのは久しぶりのことです。この日は、石川県立音楽堂の洋楽監督の池辺晋一郎さんの作曲・指揮によるカンタータ「悪魔の飽食」を中心としたプログラムを聞いてきました。この作品は,推理作家として有名な森村誠一さんが1981年に著した,関東軍731部隊についての著作をもとにした作品です。旧満州国で行われていたという人体実験の実態を描いた作品ということで,発表当時,大きな話題になりました。

この曲は、森村さん自身による、「悪魔の飽食」に関する、7つの詞に池辺さんが曲を付けたもので、当初はピアノ伴奏による合唱組曲だったのですが、その後、毎年のように繰り返し全国各地で演奏されるようになり、オーケストラ伴奏でも演奏されるようになったものです。今回の金沢公演は23回目とのことです。

前半最後に森村さんと池辺さんによるトークが入ったのですが、この曲については、お二人の予想以上に多くの人に間に”勝手に”広まっているとのことで、この日も全国各地から集まった合唱団に地元のメンバーが加わり、500人近くの大編成合唱団とOEKとの共演となりました。

演奏を聞きながら、繰り返し演奏されていること、そして、合唱に参加する人数が増えている理由が分かる気がしました。タイトルからすると、「難解」「暗い」「重い」作品という先入観を持ってしまうのですが、むしろ印象は逆で、「平明」で「親しみやすさ」がありました。もちろん、大半の作品は暗いのですが、どちらかというと大河ドラマとかミュージカルとかにも使えそうな感じの音楽で、歌う方からすると、気持ちをしっかりと込めやすい、入り込みやすい曲が多いと思いました。そのことが、聞く方にとっても歌う方にとっても魅力的なのだと思います。そういう意味で、「戦争中に起きた非人間的な出来事」、という歴史的な事件を離れて、より普遍性を持った作品になっていると感じました。作品中、ロシア人の母娘が登場したり、赤い靴が登場したり、ナレーションが加わったり...単純な合唱曲ではなく、演劇的な要素も組み込まれていました。その辺も、分かりやすくなっていた理由の一つです。

ということで、大合唱による熱いメッセージがしっかりと伝わってくるステージとなりました。歌詞が全部書かれたパンフレットも配布されましたが、言葉もしっかり聞きとれました。合唱団の皆さんに拍手を送りたいと思います。

前半は地元の太鼓サークルの演奏とOEKのカンタさんを含む、二胡とチェロとピアノによる三重奏の演奏がありました。後半の「悪魔の飽食」との関連は薄かったのですが、特に二胡の音の不思議な軽やかさが印象的でした。

2012/06/13

今年のいしかわミュージックアカデミーは、15周年記念。大変豪華なコンサートの連続 #oekjp

今年のいしかわミュージックアカデミー関連の演奏会情報は、公式サイトではまだ発表されていないのですが、すでにチラシは出回っているようで、石川県立音楽堂の公式サイトの演奏会カレンダーに情報が掲載されていました。今年は「15周年」ということで、例年以上に豪華な内容になっています。次のとおりです。

いしかわミュージックアカデミー日本海交流コンサート
日時:2012年8月23日(木)19:00開演(18:15開場)
会場:石川県立音楽堂コンサートホール
指揮:井上道義
ブラームス:ヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲
 クララ=ジュミ・カン(ヴァイオリン)、ジャン・ワン(チェロ)
チャイコフスキー:ロココの主題による変奏曲
 工藤すみれ(チェロ)
バーンスタイン:セレナード
 神尾真由子(ヴァイオリン)
リスト:ピアノ協奏曲第1番
 後藤正孝(ピアノ)

IMAについては、ヴァイオリニストの登竜門という印象があったのですが、今回はピアニストも登場します。ジャン・ワンさんとクララ=ジュミ・カンさんによる二重協奏曲というのも大変楽しみです。「日中韓共演」ということで、まさに「日本海交流協奏曲」という感じです。

IMAライジングスターコンサート2012
日時:2012年8月19日(日)14:00開演(13:30開場)
会場:石川県立音楽堂交流ホール

毛利文香(ヴァイオリン)
スビン・シン(ヴァイオリン)
ジユン・イ(ヴァイオリン)
篠原悠那(ヴァイオリン)
東條太河(ヴァイオリン)
尾崎未空(ピアノ)
竹田理琴乃(ピアノ)
上野通明(チェロ)

こちらは、IMA音楽賞受賞者を中心に期待の若手奏者が勢ぞろいします。篠原さんは、金沢でもおなじみの方で、昨年の日本音楽コンクールで2位を受賞されています。特に注目したいとおもいます。

さらに、8月21日に行われる、オーケストラ・アンサンブル金沢室内楽シリーズ もっとカンタービレ 第33回では、メンデルスゾーンの八重奏曲とシューベルトの「ます」が演奏されますが、それに登場するメンバーが
レジス・パスキエ、クシシトフ・ヴェグジン、ナムユン・キム、神尾真由子、ホァン・モンラ(ヴァイオリン)、原田幸一郎(ヴィオラ)、毛利伯郎、工藤すみれ(チェロ)、文屋充徳(コントラバス)、チュンモ・カン(ピアノ)
という、これまた豪華メンバーです。

IMAの方は、ラ・フォル・ジュルネ金沢ほどには、金沢に定着はしていないところがありますが(若手演奏家たちには定着していると思いますが)、15年続いているというのは素晴らしいと思います。新しいアーティストを見出す楽しみもありますので、今年も大いに期待したいと思います。

今日は岩城さんの命日。2012年度岩城宏之音楽賞の発表もありました。今年度の受賞者は、ピアニストの田島睦子さん!#oekjp

今日は、故岩城宏之さんの命日です。それにあわせて、今年度の岩城宏之音楽賞の発表がありました。

次の記事のとおり、ピアニストの田島睦子さんが受賞されました。
http://www.orchestra-ensemble-kanazawa.jp/news/2012/06/2012_2.html

田島さんは1999年の第4回石川県新人登竜門コンサートに登場して以来、金沢を中心に活発に活動されています。その当時から活動を見守っている(私のような)金沢の聴衆にとっては、「家族のことように嬉しい」という受賞だと思います。個人的には、ここ数年、「そろそろ田島さんな」と思っていたので、「当然」という受賞だと思います。

7月のミンコフスキ指揮OEKとの共演がますます楽しみになりましたね。9月の受賞式での公演で、何を演奏するのかもとても楽しみです。

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック