OEKのCD

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 今日は小松シティ・フィルハーモニック第7回サマーコンサートへ。ドラゴンクエストIIIをしっかり聞いてきました。 | トップページ | 七夕の夜に聞くOEK室内オペラシリーズ。パーセル「ディドとエネアス」は,シンメトリカルに整った雰囲気から哀感が漂ってきました。バッハのコーヒーカンタータも楽しいステージ。#oekjp »

2012/06/29

久石 譲&OEK ファンタスティック・クラシカルコンサート。大人のクラシック音楽を聞いてきました。#oekjp

今日はOEK定期公演F(今後はファンタステッィック・クラシカルコンサートという名称になるようですが)を聞いてきました。指揮は,スタジオ・ジブリの映画音楽などで有名な久石譲さんでした。

ファンタジーシリーズなので,当初は久石さんの自作自演特集かと思っていたのですが,しっかり見てみると,シューマンのチェロ協奏曲とブラームスの交響曲第4番という非常にオーソドックスで落ち着いた雰囲気のプログラムでした。OEKがブラームスの交響曲第4番を演奏する機会は多くありませんので,今回は久石さんがどういうブラームスを聞かせてくれるのかを聞きに出かけてきました。

この曲を聞いた印象ですが...正直なところ久石さんらしさは,あまり強く感じることはできませんでした。どちらかというと,久石さんの指揮を盛りたてようとする,OEKメンバーの個人技の方に注目してしまいました。例えば,ブラームスの4番といえば,最終楽章のフルートの独奏が有名ですが,岡本さんのじっくりと聞かせるソロをしっかり楽しむことができました。弦楽器は通常よりも増強していましたが,すっきりとした艶のある音はいつもどおりでした。

第3楽章の軽快な雰囲気はなかなか良かったのですが,第1楽章や第2楽章の終盤などは,「ここはもう少しグッと踏みこんでほしいな」というところが,サラリとしていたり,ソコソコの盛り上がりという感じになっていたのが,やや物足りないところでした。

前半のシューマンのチェロ協奏曲は,久石さんとも親交のある,OEKの首席チェロ奏者のおなじみルドヴィート・カンタさんが独奏者として登場しました。第1楽章冒頭部から,はかなく優しげな雰囲気のカンタ節を堪能させてくれました。久石さん指揮OEKの演奏はややテンポが重い感じはしましたが,カンタさんに寄り添うようなサポートをしていました。

この曲の後,アンコールとして久石さんのピアノとカンタさんのチェロで久石さんの映画音楽が2曲演奏されました。やはり,こちらの方に久石さんの本領は発揮されていたと思いました。カンタさんのチェロのほのかに甘い音も,久石さんの音楽にぴったりでした。最初に演奏された久石さん編曲によるヴィヴァルディのラ・フォリアも途中にティンパニや打楽器が入ったり,一ひねりされたバロック音楽の世界を楽しませてくれました。

というわけで,個人的には,やはり久石さんの自作または編曲作品をもっと聞きたかった,というのが正直なところです。ただし,この日のお客さんですが,非常に若い人が多かったですね。私の居た3階席には,大学生風のお客さんが大勢いました。こういう光景を見ていると,今回の演奏会がきっかけで,クラシック音楽の演奏会に興味を持つ人も大勢出てくるのではないかと思いました。

次回,久石さんがOEKの指揮台に登場する時には,是非,OEK用のオリジナル作品を作ってもらい,それを披露して欲しいものです。カンタさんだけではなく,OEKメンバーとの室内楽というのも面白いのではないかと思います。

« 今日は小松シティ・フィルハーモニック第7回サマーコンサートへ。ドラゴンクエストIIIをしっかり聞いてきました。 | トップページ | 七夕の夜に聞くOEK室内オペラシリーズ。パーセル「ディドとエネアス」は,シンメトリカルに整った雰囲気から哀感が漂ってきました。バッハのコーヒーカンタータも楽しいステージ。#oekjp »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152606/55081398

この記事へのトラックバック一覧です: 久石 譲&OEK ファンタスティック・クラシカルコンサート。大人のクラシック音楽を聞いてきました。#oekjp:

« 今日は小松シティ・フィルハーモニック第7回サマーコンサートへ。ドラゴンクエストIIIをしっかり聞いてきました。 | トップページ | 七夕の夜に聞くOEK室内オペラシリーズ。パーセル「ディドとエネアス」は,シンメトリカルに整った雰囲気から哀感が漂ってきました。バッハのコーヒーカンタータも楽しいステージ。#oekjp »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック