OEKのCD

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« アルデイッティ弦楽四重奏団+藪俊彦@金沢21世紀美術館。ケージと能舞取り合わせに加え,密室空間でのリゲティが凄かった!た | トップページ | この秋,金沢では多彩なピアノリサイタルが充実。上杉春雄,ベン・キム,鶴見彩,クリスチャン・ツィメルマン,室井摩耶子 »

2012/09/20

OEK定期。井上道義指揮の「田園」は,オーケストラを自在にドライブした感動的な演奏。森麻季さんはしっとりとした声でスタンド・アローンなど得意曲を披露 #oekjp

今日は井上道義さん指揮OEKの定期公演を聞いてきました。OEKは時々,「ソリストが主役」になる変則的な定期公演を行いますが,今回も交響曲が前半で,後半が森麻季さんの歌で締められるという,「ソリストに花を持たせる」構成でした。

森さんとOEKはCD録音も含めたびたび共演していますが,今回も森さんの声のしっとりとした美しさを味わうことができました。やはり,十八番のムゼッタのワルツが大変聞きごたえがありました。演奏会の最後では,NHKドラマ「坂の上の雲」のテーマ曲「スタンド・アローン」が歌われました。このドラマは何年にも渡って放送していましたので,このテーマ曲は多くの方にとって馴染み深いものだったと思います。久石譲さん作曲ということで,クラシック音楽のコンサートの最後に来ても,全く違和感のない,良い曲です。聞いていて,前向きな気分になりました。

ただし,森さんの声自体はちょっと本調子ではない気がしました。ヘンデルのアリアのような小編成の曲だとバランスは良かったのですが,オペラのアリアだと声の威力がもう少し欲しいかなと感じました。

とはいえ,途中で水色の衣装から秋を思わせる黄色っぽい衣装へと着替えるなど,「芸術の秋」の幕開け気分に相応しい,品の良さと華やかさを持っているあたり,森さんならではのステージでした。

演奏会の前半はベートーヴェンの「田園」交響曲が演奏されましたが,やはり,OEKファンとしては,こちらの方が楽しめました。井上さん指揮による「田園」を聞くのは今回が初めてでしたが,「さすが」という演奏でした。オーケストラをしっかりとドライブした安定感と同時に,木管楽器を中心に非常に積極的な音の絡み合いを楽しむことができました。今回も第1フルート奏者はエキストラの方でしたが(ザビエル・ラックさんという方でした),非常に音に存在感がありました(遠くから見た感じは井上道義さんと,かなりよく似ていましたが)。

。「田園」は,ベートーヴェンの交響曲の中では地味と思われがちですが,今回の演奏は,どの部分にも井上さんの描く音のドラマが込められており,退屈な部分が全くありませんでした。

全体的には思い入れたっぷりという感じではなかったのですが,曲の最後の部分をはじめとして,感動をしっかりと秘めたような充実感があり,聞きごたえ十分でした。この曲の良さを改めて実感させてくれる素晴らしい演奏でした。

PS. 今回,楽章間にトロンボーン奏者の方が入ってこられました。こういうケースを見るのは初めてのことでした。井上さんにお尋ねしようかと思ったのですが...残念ながら今回はサイン会はありませんでした。

« アルデイッティ弦楽四重奏団+藪俊彦@金沢21世紀美術館。ケージと能舞取り合わせに加え,密室空間でのリゲティが凄かった!た | トップページ | この秋,金沢では多彩なピアノリサイタルが充実。上杉春雄,ベン・キム,鶴見彩,クリスチャン・ツィメルマン,室井摩耶子 »

コメント

管理人さま、ごぶさたしています。
夏をはさんで、音楽会も遠のく多忙続きでした。昨晩のコンサート、そんな乾いた心にたっぷり水遣りができた、そんな気分で帰宅しました。

前半の田園は、各弦楽器をほぼ対等に響かせていたようで、井上さんにして、いくぶん古楽系演奏の影響がうかがえました。
正直、井上さんにとって田園は、やりにくい作品なのではないのでしょうか?
それでいつものOEKと対決する剛毅さよりも、OEKの優秀な機能を活かして、かなり緻密なアンサンブルを目指していたように思いました。・・・と、これは勝手な想像ですが、とにかく予想以上に興味深く聴くことができました。

上石さんの後が決まらないため、ゲストで招く首席フルートですが、今回の奏者の音もとても輝かしく素敵でした。これはこれで毎回面白い点ですね。

後半は当然森さんが主役で、こうした趣向もシーズン・オープニングなのでよろしいとは思うのですが、どうしても演奏会としては散漫な感じも否めませんでしたね。
抑えたヘンデルもよかったのですが、アンコールの「わたしのお父さん」で本領全開。やはりイタリアオペラのお人だなあと感動しました。

11月はカルメンがかかりますが、もっとオペラはやったほうがいいかなあと思った次第です。

管理者様、お久しぶりです。
今日、名古屋の演奏会に行ってきました。田園も森麻季さんの歌もよかったです。思い切って行ってよかったと思いました。

田園は、雷鳴の箇所と最後の牧歌の箇所は、ちょっと鳥肌が立ちました。

森さんの歌は、ヘンデルは心を洗われるような歌声でした。スタンドアローンもよかったです。

田園も、森さんの歌も、何か元気をもらった感じがします。

かつおさん,メッセージをありがとうございました。お返事が遅くなって失礼しました。

井上さんは,”派手”なキャラクターなので「田園」と合わないかなとも思ったのですが,私も素晴らしい演奏だったと思います。

森さんの方は,どうも妊娠中だったようです。これからお母さんになると,さらに歌に変化が出てくる気がします。

OEKの名古屋公演がありましたら,また感想をお聞かせください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152606/55706541

この記事へのトラックバック一覧です: OEK定期。井上道義指揮の「田園」は,オーケストラを自在にドライブした感動的な演奏。森麻季さんはしっとりとした声でスタンド・アローンなど得意曲を披露 #oekjp:

« アルデイッティ弦楽四重奏団+藪俊彦@金沢21世紀美術館。ケージと能舞取り合わせに加え,密室空間でのリゲティが凄かった!た | トップページ | この秋,金沢では多彩なピアノリサイタルが充実。上杉春雄,ベン・キム,鶴見彩,クリスチャン・ツィメルマン,室井摩耶子 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック