OEKのCD

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 遅ればせながらOEKのカルメンを魚津の新川文化ホールで観てきました。歌手のバランスの良さに加え,色々と工夫された演出を楽しみました #oekjp | トップページ | 石川県先行上映「リトルマエストラ」を観てきました。いきなり井上道義指揮OEK@石川県立音楽堂が登場します。 #oekjp »

2012/12/01

PFUチャリティクリスマスコンサートはドビュッシー記念の年を締めくくるフランス音楽特集。心地よい響きに包まれました。井上圭子さんのオルガンとも絶妙のブレンド #oekjp

この時期恒例のPFUクリスマスチャリティコンサートを聞いてきました。このコンサートは入場整理券があれば入れる無料コンサートですが,毎年とてもよくお客さんが入ります。この日もほぼ満席でした。

この日の指揮は,渡邊 一正さんで, オルガン独奏は井上圭子さんでした。私の記憶の限りでは,渡邊さんが金沢でOEKを指揮するのを聞くのは今回が初めてです。OEK取り上げる機会が比較的少ないフランス音楽特集でしたが,どの曲についても,管楽器と弦楽器の音のバランスが良く,心地よい響きに包まれました。亡き王女のためのパヴァーヌでの金星さんのホルン,クープランの墓での水谷さんのオーボエなど,ソリスティックな部分でも曲想にふさわしい軽やかで高貴な演奏を 聞かせてくれました。

前半最後は,石川県立音楽堂で聞くのにぴったりのプーランクのオルガンとティンパニのための協奏曲で締められました。独奏の井上圭子さんの演奏を聞くのは,石川県立音楽堂が開館した2001年以来のことですが,プーランクらしい大胆さと親しみやすさが共存したような音楽楽しませてくれました。ティンパニにも,心地よい弦楽器の響きに楔を打ち込むような力強さがあり,聞きごたえがありました。

後半は,今年がアニバーサリーイヤーだったドビュッシーの曲が2曲演奏されました。牧神の午後への前奏曲の方は,通常のOEKの編成では人数が足りないので,OEKの演奏で聞いたことはほとんどないのですが(一度だけ?),今回は小編成の弦楽器+木管楽器3本+ピアノ+打楽器+もうひとつ謎の楽器 というシェーンベルク編曲による珍しい版で演奏されました。これが素晴らしい編曲であり演奏でした。オリジナルの妖しい雰囲気をしっかり残しながらに,すっきりとした室内オーケストラらしい軽やかさも感じさせてくれました。特にピアノをうまく使っているなと思いました。

最後に演奏された子供の領分の方は,もともとピアノ独奏曲ですが,これをカプレが管弦楽用に編曲したものです。以前,井上道義さん指揮でも聞いたことがありますが,ピアノ独奏で聞くよりも,メルヘン的というかファンタジー的な気分が広がるようなところがあり,演奏会を気持ちよく締めてくれました。

最後に「月の光」の管弦楽編曲版がアンコールで演奏されて終了しましたが,穏やかながらとても気持ちの良い演奏会になりました。

« 遅ればせながらOEKのカルメンを魚津の新川文化ホールで観てきました。歌手のバランスの良さに加え,色々と工夫された演出を楽しみました #oekjp | トップページ | 石川県先行上映「リトルマエストラ」を観てきました。いきなり井上道義指揮OEK@石川県立音楽堂が登場します。 #oekjp »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 遅ればせながらOEKのカルメンを魚津の新川文化ホールで観てきました。歌手のバランスの良さに加え,色々と工夫された演出を楽しみました #oekjp | トップページ | 石川県先行上映「リトルマエストラ」を観てきました。いきなり井上道義指揮OEK@石川県立音楽堂が登場します。 #oekjp »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック