OEKのCD

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 2012年3月18日 - 2012年3月24日 | トップページ | 2012年4月8日 - 2012年4月14日 »

2012年4月1日 - 2012年4月7日

2012/04/07

今年の北陸新人登竜門コンサートは異例?新人はハープの山徳理紗さん一人だけ。ただし,プログラムはとても面白そう。 #oekjp

今日は4月としては異例なことに金沢で雪が積りました。今年の北陸新人登竜門コンサートも異例なようです。音楽堂のサイトに掲載されていたチラシによると今年の新人は,ハープの山徳理紗さん一人だけで,サン=サーンスの演奏会用小品を演奏します。

これだけでは時間が余るので,OEKメンバーなどがソリストとして出演する演奏会になるようです。そのプログラムですが,とても面白そうな内容です。次のような曲が演奏されます。

シュニトケ/モーツ-アルト・ア・ラ・ハイドン
チャイコフスキー/ロココの主題による変奏曲
ヒンデミット/白鳥を焼く男

シュニトケでは,OEKのサイモン・ブレンディスさんと江原千絵さんがヴァイオリン独奏で登場,チャイコフスキーでは,ユジョン・イさんという昨年の夏,OEKが韓国で演奏会を行ったときにOEKと共演した若い女性チェリストが登場します。そして,ヒンデミットでは,OEKヴィオラ奏者の丸山萌音揮さんが登場します。

丸山さんは大変若い方で,「OEK=石川県ゆかり」ということなので,新人登竜門コンサートで演奏しても全く違和感のない方だと思います。

例年とは違った,異例の「新人登竜門」コンサートですが,ラ・フォル・ジュルネのプレイベント的な曲も演奏されますので,楽しめるコンサートになるのではないかと思います。

詳細は次のチラシをご覧ください。
http://www.ongakudo.jp/cgi/e_pdf/1332485855.pdf

« 2012年3月18日 - 2012年3月24日 | トップページ | 2012年4月8日 - 2012年4月14日 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック