OEKのCD

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013/08/25

音楽堂室内楽シリーズIMA講師チェンバーコンサートは,聞きごたえ十分の室内楽の連続。最後のシューマンのピアノ五重奏曲は変化に富んだスケール感たっぷりの演奏。今年のIMAをしっかり締めてくれました。

いしかわミュージックアカデミーも本日で終了ということで,そのエンディングとなる室内楽コンサートが石川県立音楽堂邦楽ホールで行われました。コンサートのタイトルは,「IMA×OEK」となっているものもありましたが,OEKからはヴィオラの石黒さんだけが参加していましたので,IMAチェンバーコンサートというのが正確なところかもしれません。

演奏された曲は,ベートーヴェン/ピアノ三重奏曲「街の歌」,モーツァルト/弦楽五重奏曲第4番ト短調 ,シューマン/ピアノ五重奏曲変ホ長調 ということで,古典派からロマン派に掛けてのドイツ・オーストリア系の室内楽の本流をしっかり聞かせてくれるようなプログラムでした。

講師陣勢ぞろいということで,どの曲も素晴らしい演奏でした。大げさな身振りはないのに味が染みている「街の歌」,今回,IMA初登場(だと思います)のフランチェスコ・マナーラさんの透き通るようなヴァイオリンを中心に,バランスの良い「せつなさ」を感じさせてくれたモーツァルトの弦楽五重奏曲。どちらも堪能させてくれました。

後半に演奏されたシューマン/ピアノ五重奏曲変ホ長調は,演奏効果のあがる名曲だけあって, 特に聞き映えがしました。レジス・パスキエさんの熱のこもったヴァイオリンの歌いぶり,それに応えるジャン・ワンさんの威厳のある第2主題...第1楽章から名俳優が競い合って演技をするような面白さがありました。

どの楽章も曲想が鮮やかに描き分けられていたのですが,特に最後の楽章の終結部で,すべてのパートが全開になって,「全員が主役」みたいな感じで盛り上がっていたのが素晴らしかったですね。

会場は満席ではなかったのが残念でした。IMAの受講生を応援しつつ,こういう正統的で聞きごたえのある室内楽プログラムを楽しむような市民が増えてきてくれると良いのになぁと聞きながら考えていました。

さて,IMAが終わると,OEKの新シーズンも間近です。演奏会の帰り際に,「打ち水」のような感じのにわか雨に遭遇してしまいましたが,聞きごたえのある室内楽公演を聞いて,植物同様に息を吹き返した感じです。とても良い演奏会だったと思います。

2013/08/20

いしかわミュージックアカデミー ライジングスターコンサート2013 今年も力強く熱い演奏の連続 

いしかわミュージックアカデミーに合わせて,過去のIMA音楽賞受賞者を中心とした若手奏者が勢ぞろいするライジングスターコンサートが行われました。毎年,ヴァイオリン,チェロ,ピアノの演奏が中心ですが,今年は,弦楽四重奏とピアノ三重奏による演奏があったのが特徴だったと思います。

弦楽四重奏の方は,山根一仁さん,毛利文香さん,田原綾子さん,上野通明さんという桐朋女子高等学校音楽科(男女共学です)の仲間で結成されたエール弦楽四重奏団によるドヴォルザークの「アメリカ」の第1楽章,第4楽章が楽しめました。コンクール入賞者集団ということで,各楽器のソロが大変雄弁で,大変立体的で聞きごたえのある演奏を聞かせてくれました。第4楽章の方は大変軽快で,ちょっと遊び心を感じさせてくれるほどの鮮やかさのある演奏でした。さすがと言う演奏でした。

演奏会の最後に演奏されたピアノ三重奏の方は,竹田理琴乃さん,小川響子さん,松本亜優さんという女性3人による「女子会」的華やかさのある演奏でした。押し出しの強い小川さんのヴァイオリンに触発されるように,熱い演奏が繰り広げられました。ピアノ三重奏は,昔からソリストが3人集まって演奏されることの多いジャンルですが,演奏会のトリを締めるのにふさわしい演奏でした,

韓国のジェヒョン・イさんとジヨン・イムさんのヴァイオリン二重奏によるサラサーテのナヴァーラも圧倒的な演奏でした。一糸乱れないバチっと決まった,強靭な演奏で,ただただ凄いと思いました。

その他,合計8組が次々登場しました。リスト,パガニーニなど技巧的な曲が多いので,聞いていてやや疲れるところもありましたが,今年も若さと力強さ溢れる演奏を堪能できました。

PS. 最初に登場した尾崎未空さんですが...一瞬,能年玲奈さんが登場したのかと思ってしまいました。「あまちゃん」の見過ぎですね。

PS2. 演奏会の後,金沢フォーラスに立ち寄ったところ,楽器を持った若者集団とすれ違いました。よく見ると,エール四重奏団の皆さんでした。「ご苦労さん」とでも掛けてあげれば良かったかな...。こういうのは大都市圏ではありえない,金沢ならではの楽しさですね。

2013/08/18

8月後半はいしかわミュージックアカデミー その開講をPRする金沢エキコンに山根一仁さん,上野通明さん,竹田理琴乃さんが登場。暑さと構内アナウンスに負けない素晴らしい演奏でした

8月のお盆休みが終わると,いしかわミュージックアカデミー(IMA)の時期になります。今年の夏は全国的に35度ぐらいの猛暑続きですが,IMAをアピールする金沢エキコンが行われたので聞いてきました。登場したのは,ヴァイオリンの山根一仁さん,チェロの上野通明さん,ピアノの竹田理琴乃さんでした。

Nec_0102

特に山根さんは,日本音楽コンクールで優勝したり,OEKと共演したり十代にして積極的に活動をされている方なので,その演奏を駅の構内で間近で聞けるというのは,後から振り返ると非常に貴重な機会だったのではないかと思いました。

約30分のコンサートのうち前半は山根さんと上野さんのデュオでベートーヴェンとヘンデルの曲が演奏されました。さすがに駅構内での雑踏の中での演奏ということで,マイクを使って演奏していましたが,そのキリっと締まった演奏は大変インパクトがあり,多くの人が足を止めて聞き入っていました。2曲目のヘンデルのパッサカリアは,ハルヴォルセン編曲ということで,どこか現代的な感じがあり,変奏が進むにつれて,色々な技が繰り広げられるような面白さがありました。

後半の竹田さんの方は,まず,ショパンのピアノソナタ第2番の第1,2楽章を演奏しました。こちらも大げさになりすぎることなく,しっかりと音楽を聞かせてくれるような良い演奏でした。間近で聞く演奏は,迫力十分で集中力のある演奏に引き込まれました。ただし,第2楽章の方は消えるように終わり,さらにこの時に構内アナウンスが入ったので(エキコンの宿命ですが),ちょっと残念でした。そう考えると,選曲的にはもう少し軽い曲でも良かったかなとも思いました。

その分,最後に演奏された映画「コクリコ坂」から「さよならの夏」という曲は透明感のある曲で,爽やかな印象を残してくれ,とても良かったと思います。

Nec_0109

恒例の「花束贈呈」に続き,それに応える形でアンコールが演奏されました。

アンコールでは,山根さんと竹田さんの共演でタイスの瞑想曲が演奏されました。既にしっかりとした表現力を持った二人の演奏ということで,大変聞き映えがしました。それと...2人がステージに揃っているだけで「絵になるなぁ」と思いました。

IMA関連のコンサートは,8月20日(火)の18:00からIMAライジングスターコンサートが石川県立音楽堂交流ホールで行われます。今回は独奏だけではなく,室内楽公演も行われるようなので,聞きにいきたいと思いまます。

2013/08/12

9月3日 サイトウ・キネン・フェスティバル松本 スクリーンコンサート2013が金沢で行われます。

毎年夏に松本市で行われているサイトウ・キネン・フェスティバル松本の演奏会を生中継する「スクリーンコンサート」が今年も金沢で行われます。次のとおりです。

日時:9月3日(火) 18:30~
場所:金沢市文化ホール
内容:
第1部 18:30~
 サイトウ・キネン・フェスティバル松本の歩み
 今年のSKF松本の他公演ダイジェスト

第2部 19:00~ キッセイ文化ホールから中継
 モーツァルト:交響曲第33番
 リゲティ:フルート,オーボエと管楽器のための二重協奏曲(日本初演)
 シュトラウス,R.:交響詩「ツァラトゥストラはかく語りき」
 大野和士指揮サイトウ・キネン・オーケストラ

入場無料ですが整理券が必要です。応募方法については次のページをご覧ください。
http://www.hab.co.jp/event/detail.php?id=30


2013/08/10

本日もかなざわ燈涼会関連のコンサートへ。金沢文芸館で新谷要一さんのフルート独奏を聞いてきました。その他,茶屋街で工芸品鑑賞

昨日はかなざわ燈涼会関連でソプラノとピアノの演奏会を尾張町町民文化会館で聞いてきましたが,本日は金沢文芸館でフルート奏者,新谷要一さんの演奏を聞いてきました(無料公演でした)。新谷さんは金沢出身の方で,ドイツのオーケストラで在籍した後,国内で活躍されています。通常のフルートだけではなく,フラウト・トラベルソやリコーダーなどの古楽器奏者としても活動しています。

P1060368

今回もリコーダーとフラウト・トラヴェルソによる演奏の後,通常のフルートでバッハの無伴奏チェロ組曲第1番のフルート版が演奏されました。古楽器による演奏の方は,どこか素朴で朴訥さがありました。それに比べるとモダン・フルートの方は音に輝きがあり,音量も豊かでした。こういう聞き比べができたのがまず良かったと思います。

最後に演奏されたバッハはフルート1本で演奏すると,「線の音楽」になります。ただし,新谷さんの演奏は,メロディラインが単純にサラサラと続くのではなく,どこかゴツゴツとした感じがありました。

最後はアンコールがわりに,「椰子の実」をお客さん全員で歌ってお開きとなりました。

今日はこのイベントの前にかなざわ燈涼会関連で行っていた工芸の展示を見てきました。主計町茶屋街の中の「一見さんお断り」風の店の中に作品が展示されており,「こういう機会でないと入れない」と思い,茶屋をハシゴしてきました。

P1060358

一箱古本市をいつもやっている源法院では,いろいろな作家の作品が狭いスペースに詰め込まれており,「秘宝展」といった趣きになっていました。

P1060353


その他,しいのき迎賓館裏でやっていた野外映画(本日は金沢でロケをした「ファンシイ・ダンス」でした)も楽しそうでしたが,これはまた別の機会にしたいと思います。

というわけで連日,夕方からゴソゴソと活動をしています。日中は暑くて活動するのが結構大変なので,夏のナイトミュージアムというのは,ヒット企画なのではないか,と思っています。来年も期待したいと思います。

2013/08/09

夕方からかなざわ燈涼会2013関連のコンサートを聞きに尾張町町民文化館へ。モリカワヒロトーさんの映像と直江学美さんのソプラノと長野良子さんのピアノがマッチしとても良い雰囲気。その後ナイトミュージアムで記念品をゲット

暦の上ではDecember...ならぬ秋なのですが,金沢でも,このところ夏本番の暑さが続いています。日中は動く気力もなかったのですが,夕方からは日差しも弱くなってきたので,昨日から浅野川周辺で始まった,かなざわ燈涼会2013関連のミニコンサートを聞きに,尾張町町民文化館に行ってきました。

私の場合,野外でもどこでも,金沢市内の目新しい場所で演奏を行うという情報が入ると行ってみて聞きたくなります。今回の演奏の行われた尾張町町民文化館もそういう場所でした。入口は次のような雰囲気で,元々は銀行だったようです。
P1060315

中は意外に広く,リサイタルや室内楽ならば十分に行えます。今回は,ソプラノの直江学美さんとピアノの長野良子さんが登場しました。今回は,Art_Cafe@尾張町という企画で飲み物を飲みながら演奏を聞けるようになっており,私は塩サイダー(珠洲市の名物のようです)を注文してみました。

P1060318

演奏の方は前半は西洋の歌曲,後半は日本の歌曲という構成でした。直江さんの声には穏やかな暖かさと,間近で聞く迫力が共存しており,大変聞きごたえがありました。後半の日本の歌では,「初恋」「夏の思い出」「浜辺の歌」などお馴染みの曲が歌われました。個人的にはつい最近,テレビで「二十四の瞳」を見たばかりだったので,「浜辺の歌」の爽やかさが耳に染みました。ドラマの最後で,成長した女の教え子がこの歌を歌うシーンで終わるのですが...直江さんの方がずっと素晴らしい歌でした。

アンコールで歌われた,武満徹「小さな空」も明るさと懐かしさに溢れており,直江さんのトークにあったとおり,子どもの頃の夏休みの気分を思い出しました。

その後,直江さんが所属している星稜大学のギター・サークルの学生2人がモリカワさんの映像の前で静かな曲を2曲演奏しておしまいとなりました。

モリカワさんの映像は金沢市内の名所を,四季折々に,美しく新鮮なアングルで撮影した映像をスライドショーのようにつなげたものです。
P1060321

# 少し前に金沢21世紀美術館でやっていた「ス・ドホ展」に少し似た感じの映像作品があったのを思い出しました。

元々はモリカワさん自身による音楽も付いているのですが,今回は映像だけを流していました。金沢に住んでいる私たちにとっても,金沢の美しさを再認識させてくれるような映像で,県外の人たちが見たら,「金沢に行ってみたい」と思う人が増えるのではないかと思います。

町民文化館で演奏を聞くのは初めてだったのですが,金沢蓄音器館よりもゆったりとしているので,今後も「飲食しながら演奏」という企画に期待したいと思います(ジャズでも行けそうですね)。ただし,冷房か何かを制御する機械の音が今回はかなりうるさかったですね。この点だけは改善が必要と思いました。

その他,この日は浅野川~尾張町周辺の博物館が延長営業しており,夜間無料で入ることのできるナイトミュージアムという企画をやっていたので参加してきました。スタンプラリーをやっており,所定の個数のスタンプを集めると記念品がもらえるということでした。

まず演奏会前に泉鏡花記念館と金沢蓄音器館に行きました。
P1060302

P1060303

金沢蓄音器館は1階には何回も入ったことはあるのですが,建物の中で蓄音器を実際に聞くのは今回が初めてのことでした。丁度良いタイミングで2階で蓄音器の聞き比べをやっていました。電気を使わずに再生するのですが,さすが最高の蓄音器が集まっているだけあって,どれも大変立派な音が出ていました。CDなどに比べると,ダイナミックレンジは狭いのですが,音に丸みがあり懐かしい気持ちになります。機械というよりは,楽器に近いですね。

今回は5台の蓄音器の聞き比べをしたのですが,蓄音器時代の録音はやはり蓄音器で聞くのがいちばんと思いました。ドリス・デイの「ケ・セラ・セラ」,ナット・キング・コールの「スマイル」,ダイナ・ショアの「青いカナリア」などを流して頂きましたが,昔の英語の歌は非常によく歌詞が分かりますね。どの曲も私でも十分シャドウイングできそうなぐらいで(シンプルな英語を明確に発音しているんですね),嬉しくなりました。

P1060342
↑リーフレットの写真です。この辺で試聴しました。

かなざわ燈涼会関連のコンサートは明日はまた別の方の演奏で行っているようなので,日中の暑さにうんざりしている方は是非お出かけください。

P1060325
↑帰宅するときに再度,金沢蓄音器館の前を通りかかったのですが,おなじみのニッパー犬がトロピカルな雰囲気になっていました(ソフトバンクのCM辺りに出てきそうな雰囲気?)。

ナイトミュージアムのスタンプラリーの商品ですが,文庫本用の特製カバーでした。いろいろとブックカバーを集めるのが趣味なので,個人的には「大当たり」の商品でした。
P1060340

最後,「梅の橋」でモリカワさん風に撮影しようと思ったのですが...いまいちですね。
P1060339

以下がモリカワさんの作品
http://www.youtube.com/watch?v=wj-fGk6HyIs&feature=c4-overview-vl&list=PLCD3F133D47B718FC


2013/08/03

音楽堂ミュージックトレジャーで打楽器をいろいろ楽しみました。オリエンタル鈴木(?)指揮OEKのコンサートも大変楽しい内容。ケパブバーガの屋台など夏祭り気分 #oekjp

毎年夏休み期間中,石川県立音楽堂では,家族でクラシック音楽を楽しめるコンサートとして,朝日新聞,北陸朝日放送と石川県音楽文化振興事業団主催で「なつやすみコンサート」が行われてきましたが,今年は楽器体験企画などを組み合わせて「音楽堂ミュージックトレジャー」というイベントが2日に渡って行われます。コンサートだけではなく,石川県立音楽堂全体を使って楽器体験,ワークショップが行われるのが特徴です。
P1060261

その1日目に出かけてきました。私はOEKが登場するオーケストラコンサートと音楽堂前でやっていた無料ミニコンサートを聞いてきました。今回は今年は打楽器がテーマということで,どのコンサートも打楽器がポイントになっていました。OEKの公演以外にも,中国の太鼓,韓国の太鼓,和太鼓など世界の打いろいろな楽器の音が聞こえてきました。

オーケストラコンサートは,約1時間の長さでした。昨年までの「夏休みコンサート」では,石川県ジュニアオーケストラも登場していましたが,今年は「ジュニアはジュニアだけ」として全く別のコンサートという形になっていました(こちらは明日4日に行われます)。

OEKの登場するオーケストラコンサートは,3日,4日の両日とも,同じ内容で行われました。さすがに2日連続で同じ内容だと集客的には厳しいものがあり,今日のコンサートは空席が目立ちましたが,内容的には大変楽しいものでした。

OEK得意のシチェドリンのカルメン組曲の抜粋で始まった後,「お客さん参加型」のシュトラウスの鍛冶屋のポルカ,アンダーソンのサンドペーパー・バレエが演奏されました。鍛冶屋のポルカは,演奏中に鉄のレールを叩きたい子供を募集しながら演奏するというなかなかすごい企画でした。短い曲なのに3人が次々登場し,見事にまとまりました。

サンド・ペーパー・バレエは「演奏用サンドペーパー」を希望する子供たちに配布し,リズムパターンを教えた後,一緒に演奏するというものでいた。単純な手拍子よりはかなり複雑なリズムでしたが,これぐらいの方が楽しいのではないかと思います(実は私もやってみたかった)。

ハイドンの交響曲第103番「太鼓連打」の第1楽章は,今回唯一の古典派の曲でしたが,冒頭の「ティンパニー連打」の部分が中々華やかで気分を盛り上げてくれました。鈴木織衛さんの指揮もいつもどおり大変流麗でさわやかでした。ちなみに,鈴木織衛さんの子供の頃のニックネームは,「オリエンタル」だったとのことです(本日やっていたHABの番組で言っていました。)。鈴木さんはジュニアオーケストラもよく指揮されていますが,その時だけは,「オリエンタル鈴木」に改名して頂くというのはいかがでしょうか?

この日いちばんの聞きものだったのは,榊原栄作曲の「キッチン・コンチェルト」だったかもしれません。台所用品を駆使した楽しい作品を長屋綾乃さんのサービス精神たっぷりの演奏で楽しませてくれました。長屋さんは,白い帽子のコックさんの衣装で登場し,ソ・ミ・・ドの音の出るフライパンを中心に(大和で購入したと司会の恩田アナウンサーはおっしゃられていましたが,叩きながら購入したのでしょうか?)見事な演奏を聞かせてくれました。コンチェルトということで,途中,カデンツァもあるのですが,おなじみ「きょうの料理」のテーマが出てくるなど,ユーモアのセンスも抜群でした。榊原栄さん(懐かしいですね)の曲の雰囲気はルロイ・アンダーソンそのものなので他の曲との相性もぴったりでした。

徳山美奈子さんの交響的素描より「海の男」は,外山雄三さんの「ラプソディ」の能登版といったところで,和太鼓風の勇壮な気分をしっかり楽しませてくれました。ちなみに聞きながら「海の男」と言えば...外山でなく加山雄三だな...などと余計なことが頭に浮かんでしまいました。

最後は,シュトラウスのポルカ「雷鳴と稲妻」で締められましたが,途中から中国の太鼓チームが乱入してきました(午前中のワークショップをされていた方々でしょうか?)。結構騒々しい音でしたので「数十年に一度の雷鳴と稲妻(そういえば少し前に金沢でもありましたね)」という雰囲気でした。

本日はめでたく北陸地方も「ようやく梅雨明け」ということで,その気分に相応しい演奏でした。

ミュージックトレジャーの方は,ラ・フォル・ジュルネ金沢同様,ゲリラ的に公演が行われていました。これも楽しかったですね。以下,写真入りで紹介しましょう。

P1060273

コンサートホール側入口前ではチェロのルドヴィート・カンタさんがサイレント・チェロ(ヤマハの商品名?)を演奏していました。骨だけのチェロのような感じでマイクで音量を拡大しているようでしたが,野外で演奏するならば,この楽器の方が良いのかもしれません。ジャズ風の曲も演奏していましたが,大変良い雰囲気が出ていました。

P1060263
交流ホールでは色々な打楽器を体験できるようになっていました。

P1060269
屋台でケパブサンドを買って食べてみました。チリソースにしたので,「そこら中,血だらけ」みたくなってしまいました。パンの生地も大変おいしいと思いました。ちなみにマメブ(「あまちゃん」でおなじみ)の屋台は出ていませんでした。

P1060267_2
その他,たこ焼きとかパフェ(加賀野菜入り?)とかも売っていました。明日行かれる方はお楽しみください。

P1060264
今回,このように「ラ・フォル・ジュルネ」のようなパネルも出ていました。そうなってくると,もう少し有料公演を並べ,夜までやっても面白い気もしました。それと,1日だけに圧縮してしまう方が盛り上がりを作りやすいかもしれません。次年度以降に期待したいと思います。


« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック