OEKのCD

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 今週はOEKの演奏で西村朗:鳥のヘテロフォニーを2回聞けます #oekjp | トップページ | 諏訪内晶子さん 来年3月にヴァシリー・ペトレンコ指揮オスロ・フィルと石川県立音楽堂に再登場 »

2013/09/07

OEK設立25周年記念スペシャルコンサートでは,井上道義&OEKの個性をしっかり感じさせてくれました。西村朗:鳥のヘテロフォーニーはやはり生に限ります。楽しめました #oekjp

OEKが設立されて25周年になります。設立当初からの定期会員である私のようなものには感慨深さがあるとともに...我ながら歳を取ったなぁと思います(この間,2倍ほどの年齢になってしまいました)。

OEKは室内オーケストラということで,いろいろな面で制限があります。それを逆手に取るように色々と工夫を凝らした活動をすることによって,OEKらしさを作ってきたようなところがあります。今日のプログラムは,最後に井上さんが語っていたように,「他のオーケストラの25周年だったらこういうことにはならないでしょう」というプログラムでした。各曲ごとにOEKらしさが出ていました。

最初に演奏されたヘンデルの王宮の花火の音楽の序曲は,やはり,何といっても「お祝い」の音楽ですね。ステージに登場する井上さんの歩き方を見ただけで,出てくる音が予想できました。バロックティンパニーとトランペットのハイトーンを中心に格好よく,おめでたく決めてくれました。

次のショスタコーヴィチのヴァイオリン協奏曲第2番は,渋い作品でした。てっきり井上道義さんの趣味で選んだ曲かと思っていたのですが,驚くことに諏訪内晶子さんの選曲とのことでした。CDで予習した感じだと,「これは暗いなぁ」という印象だったのですが,諏訪内さんの演奏を実演で聞くと,「良い曲だなぁ」と感じました。諏訪内さんの演奏はいつもパーフェクトで,その隙のない美しさにひかれるのですが,演奏経験を積み重ねて,落ち着きも加わり,この渋い曲を安心して楽しませてくれました。最終楽章の終盤での,井上&OEKと一体となったアクロバティックな軽やかさもお見事でした。

後半はまず,モーツァルトの交響曲第25番が演奏されました。うかつにも見落としていたのですが...25周年だったので25番ということだったようです。第1楽章の最初から直線的な切迫感のある演奏でした。第4楽章のサッと軽やかに走り抜ける感じも良かったのですが,中間2楽章での脱力した気分も実に良かったですね。聞きながら「日常のあれこれの垢を洗い落としてくれるようだ...」と思いながら浸っていました。

そして最後の西村朗:鳥のヘテロフォニーです。井上さんが語っていたとおり,普通25周年記念の最後に,日本の現代曲を持ってくることはないと思いますが,この試みは大成功だったと思います。個人的には,歴代のOEKのコンポーザ・イン・レジデンスの作曲した曲の中でもいちばんインパクトのある曲だと思っています。この曲を持ってきてくれた辺り,OEKファンとしてはうれしいですね。

CDで聞いても面白いのですが,やはり実演で聞くと格別です。どうやってこういう音が出てくるのだろう,という部分の連続のような曲なので,見ているだけで楽しめます。弦楽器などもかなり細かくパートが分かれているようで,タイトルどおり,熱帯系の鳥がクチャクチャ啼いているような部分があったり,複雑なリズムの繰り返しで盛り上がったり,鍵盤打楽器を弓でこすったり,ティンパニを手で叩いたり(こういう奏法は他では見たことがありません)...演奏後,井上さんが「死にそうなぐらい大変」と言っていましたが,その苦労のし甲斐が演奏効果となってしっかり伝わってくるような作品です。

こういう作品をレパートリーとして持っていることは素晴らしいことだと思います。これだけ多彩な響きを出す作品にも関わらず,通常のOEKの2管編成で演奏できてしまうのがすごいところです(パーカッションは1名追加が必要ですが)。是非,次の25年に向けて(私は生きているのだろうか?)OEK十八番となるような新作を残していって欲しいと思います。

アンコールでは,最初の王宮の花火の音楽の序曲に対応するように,同じ曲のメヌエットで終了しました。ヘンデルでまとまりを付ける辺りも井上さんらしいと思います。

というわけでお祭り気分とOEKらしさに溢れた,素晴らしい演奏会でした。

Nec_0158

この日のプログラムです。ツイッターで紹介されていた缶バッチもゲット。ついつい,井上音楽監督の顔の入ったものを選んでしまいました。

« 今週はOEKの演奏で西村朗:鳥のヘテロフォニーを2回聞けます #oekjp | トップページ | 諏訪内晶子さん 来年3月にヴァシリー・ペトレンコ指揮オスロ・フィルと石川県立音楽堂に再登場 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 今週はOEKの演奏で西村朗:鳥のヘテロフォニーを2回聞けます #oekjp | トップページ | 諏訪内晶子さん 来年3月にヴァシリー・ペトレンコ指揮オスロ・フィルと石川県立音楽堂に再登場 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック