OEKのCD

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 三善晃さん死去 OEKエンジェルコーラス,OEK合唱団,OEKと共演した「3つのイメージ」を思い出します。今聞くと強いメッセージを感じさせる作品。「風のとおりみち」も大好きな曲です #oekjp | トップページ | 金沢21世紀美術館で行われたAVANTI!室内アンサンブルの演奏会。北欧の音楽,一柳慧,モーツァルト 独特の現代感覚のある演奏を楽しみました »

2013/10/06

2013ビエンナーレいしかわ秋の芸術祭 ハイドン「天地創造」カスパル・マンド指揮OEK,エストニア・ヴォーチェス・ムジカーレスで全曲をたっぷり聞いてきました #oekjp

2013ビエンナーレいしかわ秋の芸術祭のイベントの一つとして行われた,ハイドンのオラトリオ「天地創造」の全曲公演を聞いてきました。OEKがこの曲の全曲を演奏するのは,丁度10年前で,その時は「ハイドン・フェスティバル」というイベントの中で行われ,岩城宏之さん指揮OEK+日本人歌手というメンバーで演奏されました。

今回は,当初はロルフ・ベックさん指揮でシュレスヴィヒ・ホルシュタイン音楽祭合唱団とOEKが共演する予定でしたが,予定が変更となり,今回がOEKと初共演となる,カスパル・マンド指揮エストニア・ヴォーチェス・ムジカーレスとの共演となりました。

指揮のマンドさんは,大変若い指揮者ですが,この大曲を非常に冷静にまとめていました。慌て過ぎる部分はなく,大変バランスよく,曲の良さを引き出していました。エストニア・ヴォーチェス・ムジカーレスは30名編成ほどの合唱団なのですが,透明感と同時に力強さがありました。全曲を通じて,立体感のある音楽を聞かせてくれました。3人の独唱者も粒ぞろいでした。合唱団同様,皆さん瑞々しく,すっきりとした声で,古典派音楽の雰囲気にぴったりでした。

天地創造は,旧約聖書の創世記に出てくる,第1日目~第6日目の記述+アダムとイブの登場というストーリーなのですが,各日の最後は合唱で締められている感じで,じっくりと聞くと1日ごとに違った感じの盛り上がりがあり,楽しめました。

いきなりですが,6日間と言えば..朝の連続テレビ小説を思い出してします(あまロス気味です)。天地創造もちょうどそういった感じのところがあり,1日ごと聞いても充実感があるのが面白いと思いました。また「あまちゃん」については,視聴者側に「3月11日はどう描くのだろう」という「神の視点」があると言われていましたが,この「天地創造」にもそういったところがあり,指揮者のマンドさんは,「神の視点」にたって,非常にしっかりとした設計のもと全曲をまとめていました。合唱団のフォルテにはグラデーションがあり,まだ大きくなる,まだまだ大きくなるという感じでスケールの大きなクライマックスを築いていました。

もう一つ「あまちゃん」と無理やり比較するのですが...この「天地創造」の方もオーケストラの楽器の使い方の部分でハイドンらしい小ネタが冴えています。動物が色々と登場してくる辺り,生で聞くと大変生き生きとしていました。特に真ん中あたりで出てくる,コントラファゴットの音は,本当に「小ネタ」という感じで出てくるので気に入っています。

第1部の冒頭では「光」の表現が印象的ですが,今回のOEKはかなり古楽奏法を意識した奏法で,ヴォーチェス・ムジカーレスとぴったりの統計感のある音を聞かせてくれました。第3部の最初のフルート3本のしっとりとした響きも好きな部分です。

第3部はアダムとイヴの物語になるのですが,そんなにドラマティックではなく,「二人仲良く分相応に暮らすのが良い」という感じの穏やかさが中心です。今回の演奏には健康的なしっとり感があり,「この感覚はいいなぁ」と思いました。そして最後は,「アーメン」でズシっと締めてくれました。

エストニア・ヴォーチェス・ムジカーレスとOEKは今回が初共演ですが,今年の夏のツァーと今回の共演でさらにつながりが大きくなったと思います。日本にはまだあまり登場していない団体ですので,近い将来,再共演し,金沢経由で知名度を高めていって欲しいと思いました。

« 三善晃さん死去 OEKエンジェルコーラス,OEK合唱団,OEKと共演した「3つのイメージ」を思い出します。今聞くと強いメッセージを感じさせる作品。「風のとおりみち」も大好きな曲です #oekjp | トップページ | 金沢21世紀美術館で行われたAVANTI!室内アンサンブルの演奏会。北欧の音楽,一柳慧,モーツァルト 独特の現代感覚のある演奏を楽しみました »

コメント

すばらしい演奏でしたね1  昔 歌いましたが 何せ40年強前のことで なかなか思い出せず 「Keiner、Keiner・・・」の音が聴こえ 思い出したしだいです。  30人の音量 すごいバランスよく最高でした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152606/58332459

この記事へのトラックバック一覧です: 2013ビエンナーレいしかわ秋の芸術祭 ハイドン「天地創造」カスパル・マンド指揮OEK,エストニア・ヴォーチェス・ムジカーレスで全曲をたっぷり聞いてきました #oekjp:

« 三善晃さん死去 OEKエンジェルコーラス,OEK合唱団,OEKと共演した「3つのイメージ」を思い出します。今聞くと強いメッセージを感じさせる作品。「風のとおりみち」も大好きな曲です #oekjp | トップページ | 金沢21世紀美術館で行われたAVANTI!室内アンサンブルの演奏会。北欧の音楽,一柳慧,モーツァルト 独特の現代感覚のある演奏を楽しみました »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック