OEKのCD

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013/10/26

OEK定期公演マイスターシリーズ,ベートーヴェン交響曲チクルス開始。1番,7番ともOEKの音!ホルンとトランペットが熱く吠える7番はまさに十八番の演奏(合計25番?)。一柳:イシカワ・パラフレーズも堂々と響いていました。# oekjp

2013~14年のOEKの定期公演マイスターシリーズは,ベートーヴェンの交響曲全曲のチクルスになります。その第1回目を聞いてきました。井上音楽監督のトークによると,マイスターシリーズは今後も,特定のテーマを切り口とした公演を並べるという方針とのことです。ラ・フォル・ジュルネを1年間に引き延ばしたようなイメージ,または,金聖響さんが大阪で毎年行っているシリーズを定期公演化した感じ,と言えそうです。

今回演奏されるのは,シリーズの最初ということで「第1番」。そして,OEKの十八番の第7番が演奏されました。どちらもさすがOEKのベートーヴェンという充実した演奏でした。どちらも,「石川県立音楽堂でのOEK」らしい音を聞かせてくれました。よく鳴っているけれども,粗くはなく,緻密で芯のある音です。

1番の方はOEKの場合,プログラムの最後に演奏することもあるのですが,今回は1曲目ということで,堂々とした風格を感じさせながらも,第4楽章の最後の音は,「おやっ?」と思わせるほどソフトに終わっていました。このフェイントに「さすが井上音楽監督,やるなぁ」などと思いました。

続いて,一柳慧さんの交響曲第7番 「イシカワ・パラフレーズ」が演奏されました。このチクルスでは,現代曲とベートーヴェンを組み合わせるのもコンセプトのようです。うまく組み合わさるのかな?とも思ったのですが,全然違和感を感じませんでした。

一柳さんの曲は,緩急が対比されていたり,ヴァイオリンとチェロのソロがシンメトリカルに出てきたり,とても構築的に出来ていると感じました。聞くのは2回目ですが,「立派な交響曲だ」と感じました。民謡風のメロディが出てたり,各楽器のソロが次々出てきたり,聞きどころも多い作品で,大いに盛り上がりました。

後半はベートーヴェンの7番でした。この曲は,OEKが本当によく演奏している曲ですが,それだからこそ,次々と違った解釈で楽しませてもらっている曲です。岩城さん時代から,4つの楽章のインターバルを置かずに演奏したり,楽章の間に別の曲を入れたり,色々な解釈で聞いたことがありますが,今回の演奏は大変正統だったと思います。

OEKらしい音は1番の時と同様でしたが,この日の演奏では,大変ゆっくりとしたテンポで演奏された2楽章が特に印象的でした。最初の低弦の響きからどこか虚無的な感じがあり,井上さんの得意とするマーラーの世界に近い印象を持ってしまいました。第3楽章から第4楽章にかけては,OEKらしい緻密な力強さと同時にライブならではの高揚感をたっぷり味わうことができました。特に鋭く吠えるようなトランぺットとホルンの音が強烈でした(この日,ホルン3本で演奏していました。これは初めて?)。

今回は,首席フルート奏者として工藤重典さんが参加していました。第1楽章の序奏から主部に掛けてのフルートの見せ場を工藤さんの演奏で聞けたというのも貴重でした。さりげなく,香るような音を聞かせてくれました。

さて,井上&OEKは明日は東京駅近くの JPタワーKITTEアトリウムで行われる,北陸新幹線金沢開業PRコンサート&いしかわ芸術祭に登場します。熱い熱い7番(第1楽章と第4楽章だけですが)を聞かせ,通りかかりの人々を驚かせて欲しいものです。

2013/10/17

石川県立音楽堂室内楽シリーズは,北谷直樹+OEKメンバー。フィリップ・グラス:ヴァイオリン協奏曲第2番「アメリカの四季」では,会場全体がトランス状態(?)に。アビゲイル・ヤングさんの気合い十分のヴァイオリンに感動しました #oekjp

今年度から新装オープンした「音楽堂室内楽シリーズ」の第4回目には,今回がOEKと2回目の共演となるチェンバロ奏者の北谷直樹さんが登場しました。前回登場した時もエキサイティングなバロック音楽の連続だったのですが,今回はさらにパワーアップした感じで,「エキサイティング・バロック」というサブタイトルにも関わらず,1937年生まれのフィリップ・グラスの作品を演奏するなど大変大胆な構成の演奏会となりました。

このグラスによる,ヴァイオリン協奏曲第2番「アメリカの四季」ですが,OEKの演奏史上に残るような凄い演奏だったと思います。ミニマル・ミュージックの手法で書かれた作品ということで,低弦+シンセサイザー(というよりは普通のキーボートのような楽器でした)が刻む同じような音型の繰り返しの上で,アビゲイル・ヤングさんが気合い十分の鮮やかなヴァイオリンを聞かせてくれました。

曲の長さはきちんと計っていなかったのですが,恐らく45分以上はあり,その間,ヤングさんはほとんど休みなく演奏していたのではないかと思います。曲は,タイトルどおり,「四季」を描いているのですが,明確な楽章の区別はなく,ヤングさんのソロのカデンツァ風の部分で季節が区分がされていました。

北谷さんの解説によると,秋,冬,春,夏の順番ということで,「秋入学」のようなサイクルになります。季節によりベースとなるビートの強さが違うのが面白く,最後の「夏」がいちばん強いビートになっていました。この部分を中心に,ヤングさんの取りつかれたような迫力のあるヴァイオリンが素晴らしく,曲の終結部では,会場全体がトランス状態に巻き込まれたような不思議な雰囲気に包まれました。

これはやはり,お客さんと演奏者の距離が非常に近い交流ホールならではの素晴らしさで,バロック音楽風の雰囲気を持ちながらも,現代的な雰囲気ももったグラスの音楽の面白さをしっかりと体感できました。北谷さんの話によると,グラスの音楽に繰り返しが多いのは,仏教の輪廻の思想につながる,とのことです。四季自体,春夏秋冬のサイクルを繰り返しているので,この曲を聞きながら,延々と続く時間の流れの面白さを実感することができました。

というようなわけで,後半が特に凄かったのですが,前半のバロック音楽も大変楽しめました。

今回演奏された作品は,ヴェラチーニ,ヴァレンティーニ,ラモー,ヨハン・クリスティアン・バッハの曲で,一般的によく知られている作曲家の作品がないというのも大胆でした。しかし,曲間での北谷さんの解説によると,非常に綿密に計算されたプログラミングだということが分かりました。選曲の妙を実感できました(この辺はレビューでもう少し詳しく触れたいと思います)。

前半演奏された作品の中では,北谷さん自身「チャライ作品です」と語っていた,ヨハン・クリスティアン・バッハのチェンバロ協奏曲が特に気に入りました。モーツァルトのピアノ協奏曲ととても似た雰囲気なのですが,これは,モーツァルトの方が真似をしたものです。北谷さんのチェンバロは,演奏する喜びにあふれた,軽やかで雄弁なものでした。この作曲家の作品をもっと聞いてみたいなと思わせるような演奏でした。

その他の曲も大変楽しめました。「室内楽シリーズ」にしては大編成でOEKの弦楽セクションの半数ぐらいのメンバーが登場していました。オーボエ,ファゴット,フルートが入る曲もあり,通常の定期公演に近い編成だったと思います。

いずれにしても,今回のプログラムは最後に演奏されたグラスのヴァイオリン協奏曲でのヤングさんの演奏に圧倒されました。北谷さんは,「演奏する権利」が切れるのを待って,満を持して選曲した,とのことです。その狙いどおりの,大当たりの演奏会となりました。

2013/10/12

2013ビエンナーレいしかわ秋の芸術祭 石川フィルハーモニー交響楽団特別演奏会 シェヘラザードなどオール・ロシアプログラム。オーケストラっていいなぁと改めて思いました。感動しました。

10月の連休初日の今日,日中はかなり激しい雨が降ったのですが,夕方以降は天気が回復し,ビエンナーレいしかわ秋の芸術祭のイベントの一つとして行われた,石川フィルハーモニー交響楽団の特別演奏会を聞いてきました。今回,聞きに行こうと思ったのは,アマチュア・オーケストラにはハード過ぎると思えるぐらいの魅力的なプログラムだったからです。

最初にストラヴィンスキーの「火の鳥」(1919年版),次にショスタコーヴィチの室内交響曲(弦楽四重奏曲第8番の弦楽オーケストラ版),そして,メインにリムスキー=コルサコフの「シェヘラザード」。石川フィルは2年前には,マーラーの交響曲第9番を演奏しているほどのオーケストラなので実力は十分あるのですが,違ったタイプの難曲3曲というのは,マーラーの大曲1曲とはまた違った難しさがあったのではないかと思います。

その演奏ですが...素晴らしい演奏でした。実は今回,石川県立音楽堂コンサートホールの2階席の前の方で聞いてみたのですが,オーケストラの一員になってしまったような感覚で聞いてしまい,アマチュア・オーケストラの素晴らしさを体感することができました。

何よりも最後に演奏された「シェエラザード」に感動しました。この曲はコンサートマスターがソリストなみに大活躍する曲ですが,まず,コンサートマスターが(女性なのでコンサートミストレスということになりますが)ステージに登場する際,本当ににこやかな表情で登場したのが印象的でした。この表情を見た瞬間,「この演奏は素晴らしい演奏になるだろう」と予想したのですが(前半も素晴らしかったからですが),そのとおりでした。

まず,独奏ヴァイオリンの演奏が,本当に見事でした。冒頭から安心して曲の世界に引き込んでくれました。その演奏に触発されるように,その他のパートもすべて聞きごたえのある演奏を聞かせてくれました。厳密に聞くと,やはり完璧というわけではないのですが,「しっかり仕事しているなぁ」と感じました。その積み重ねを聞いているうちに,オーケストラというのは色々な個性の人がいるはずなのに,よくまとまっているなぁ,とオーケストラ音楽の原点のようなことを考えてしまいました。本当によくまとまった,一丸になった演奏でした。指揮者の花本さんを中心とした練習の成果が十分に発揮された演奏だったのではないかと思います。

前半の2曲も良い演奏でした。「火の鳥」は,途中ちょっと慎重過ぎるかなと感じる部分はあったのですが,終曲の最後の部分で,クレッシェンドした後,バシッと決まる部分が本当にバシっと決まっていたのが爽快でした。ショスタコーヴィチの室内交響曲は弦楽器だけの演奏ということで,アマチュアオーケストラだったら粗が目立つかな...と失礼なことを思っていたのですが,全然そんなことはなく,厚みのある聞きごたえのあるサウンドを聞かせてくれました。この曲でもコンサートマスターが活躍するのですが(前半は男性のコンサートマスターでした),こちらも非常に緻密な演奏を聞かせてくれました。

アンコールでは,ハチャトゥリアンの「仮面舞踏会」の「ワルツ」が流れよく演奏されました。これで,ストラヴィンスキー,ショスタコーヴィチ,リムスキー=コルサコフ,ハチャトゥリアンと役者(?)が勢ぞろいしたことになり,会場は大いに盛り上がりました。この日の演奏会は,石川県立音楽堂コンサートホールの響きの良さ,リムスキー=コルサコフのオーケストレーションの素晴らしさ,そして石川フィルの大健闘と全てのプラスの要素が揃い,素晴らしい演奏になったのではないかと思います。ビエンナーレいしかわはその名のとおり2年に1度ですが,また次回にも期待したいと思います。

2013/10/09

金沢21世紀美術館で行われたAVANTI!室内アンサンブルの演奏会。北欧の音楽,一柳慧,モーツァルト 独特の現代感覚のある演奏を楽しみました

10月上旬は,金沢21世紀美術館の「誕生月」ということで,「まるびいdeパーティ」と題していろいろとイベントを行うことになっています。その一つとして,Avanti!室内アンサンブルの演奏会が21美内のシアター21で行われたので聞いてきました。

このAvanti!という団体はフィンランドのオーケストラメンバーを中心とする室内アンサンブルで,今回は弦楽四重奏+クラリネット+ピアノという編成でした。

演奏された曲は,カイラ,シベリウス,ユッカ・ティエンス,ラウタバーラ,ノルドグレンといったフィンランドの作曲家の室内楽と器楽曲と一柳慧さんのクラリネット六重奏曲,モーツァルトのクラリネット五重奏曲を組み合わせたもので,大変聞きごたえがありました。

フィンランドの作曲家の作品は,かなりバラエティに富んでいましたが(編成もバラバラでした),どの曲にも静寂で詩的な雰囲気がありました。現代音楽ということでフラジオレットをはじめ特殊奏法がいろいろ出てくるのですが,それがどれも魅力的に感じられました。

シアター21は残響がほとんどないホールで,弦楽器奏者にとっては弾きにくい部分もあると思いますが,慣れてくると,独特の密室感があり(ホール内全部真っ黒なので)音楽に集中できます。現代音楽の場合,音楽に集中できるというのはメリットだと思います。

前半最後と後半最後は,クラリネットのカリ・クーリック(この方がAvanti!の芸術監督です)さんを中心とした六重奏曲と五重奏曲で,それぞれ聞きごたえがありました。クーリックさんのクラリネットは,弦楽メンバーに増して雄弁で,これがクラリネットの音?というような多彩な音楽を聞かせてくれました。この日会場には一柳慧さんも来られていましたが,大満足だったのではないかと思います。

モーツァルトのクラリネット五重奏曲の方はお馴染みの作品ですが,この密室空間で聞くと,独特の暗さがあり,モーツァルト晩年の天上の音楽という感じとは一味違った,独特の味がありました。

アンコールでは,このクーリックさんのクラリネットが,ほとんどジャズのような感じで(恐らくジャズ以上に)自由自在,変幻自在に炸裂する大変楽しい曲が演奏されました。これについては,レビューの方でご紹介しましょう。

21世紀美術館のシアター21は通常のクラシック音楽を聞くには,もう少し残響が欲しいと思うのですが,現代曲だとピタリとはまります。現代美術館(21美)での現代曲の演奏会については,今後も期待したいと思います。

2013/10/06

2013ビエンナーレいしかわ秋の芸術祭 ハイドン「天地創造」カスパル・マンド指揮OEK,エストニア・ヴォーチェス・ムジカーレスで全曲をたっぷり聞いてきました #oekjp

2013ビエンナーレいしかわ秋の芸術祭のイベントの一つとして行われた,ハイドンのオラトリオ「天地創造」の全曲公演を聞いてきました。OEKがこの曲の全曲を演奏するのは,丁度10年前で,その時は「ハイドン・フェスティバル」というイベントの中で行われ,岩城宏之さん指揮OEK+日本人歌手というメンバーで演奏されました。

今回は,当初はロルフ・ベックさん指揮でシュレスヴィヒ・ホルシュタイン音楽祭合唱団とOEKが共演する予定でしたが,予定が変更となり,今回がOEKと初共演となる,カスパル・マンド指揮エストニア・ヴォーチェス・ムジカーレスとの共演となりました。

指揮のマンドさんは,大変若い指揮者ですが,この大曲を非常に冷静にまとめていました。慌て過ぎる部分はなく,大変バランスよく,曲の良さを引き出していました。エストニア・ヴォーチェス・ムジカーレスは30名編成ほどの合唱団なのですが,透明感と同時に力強さがありました。全曲を通じて,立体感のある音楽を聞かせてくれました。3人の独唱者も粒ぞろいでした。合唱団同様,皆さん瑞々しく,すっきりとした声で,古典派音楽の雰囲気にぴったりでした。

天地創造は,旧約聖書の創世記に出てくる,第1日目~第6日目の記述+アダムとイブの登場というストーリーなのですが,各日の最後は合唱で締められている感じで,じっくりと聞くと1日ごとに違った感じの盛り上がりがあり,楽しめました。

いきなりですが,6日間と言えば..朝の連続テレビ小説を思い出してします(あまロス気味です)。天地創造もちょうどそういった感じのところがあり,1日ごと聞いても充実感があるのが面白いと思いました。また「あまちゃん」については,視聴者側に「3月11日はどう描くのだろう」という「神の視点」があると言われていましたが,この「天地創造」にもそういったところがあり,指揮者のマンドさんは,「神の視点」にたって,非常にしっかりとした設計のもと全曲をまとめていました。合唱団のフォルテにはグラデーションがあり,まだ大きくなる,まだまだ大きくなるという感じでスケールの大きなクライマックスを築いていました。

もう一つ「あまちゃん」と無理やり比較するのですが...この「天地創造」の方もオーケストラの楽器の使い方の部分でハイドンらしい小ネタが冴えています。動物が色々と登場してくる辺り,生で聞くと大変生き生きとしていました。特に真ん中あたりで出てくる,コントラファゴットの音は,本当に「小ネタ」という感じで出てくるので気に入っています。

第1部の冒頭では「光」の表現が印象的ですが,今回のOEKはかなり古楽奏法を意識した奏法で,ヴォーチェス・ムジカーレスとぴったりの統計感のある音を聞かせてくれました。第3部の最初のフルート3本のしっとりとした響きも好きな部分です。

第3部はアダムとイヴの物語になるのですが,そんなにドラマティックではなく,「二人仲良く分相応に暮らすのが良い」という感じの穏やかさが中心です。今回の演奏には健康的なしっとり感があり,「この感覚はいいなぁ」と思いました。そして最後は,「アーメン」でズシっと締めてくれました。

エストニア・ヴォーチェス・ムジカーレスとOEKは今回が初共演ですが,今年の夏のツァーと今回の共演でさらにつながりが大きくなったと思います。日本にはまだあまり登場していない団体ですので,近い将来,再共演し,金沢経由で知名度を高めていって欲しいと思いました。

三善晃さん死去 OEKエンジェルコーラス,OEK合唱団,OEKと共演した「3つのイメージ」を思い出します。今聞くと強いメッセージを感じさせる作品。「風のとおりみち」も大好きな曲です #oekjp

作曲家の三善晃さんが10月4日に亡くなられました。三善さんと言えば,2002年9月のOEK定期公演で初演された童声・混声合唱とオーケストラのための「3つのイメージ」を思い出します。谷川俊太郎さんの詩に曲を付けたもので,決して聞きやすい音楽ではないのですが,歌詞を読みながら,今聞いてみると,イメージだけではなくメッセージが強く伝わってくる曲だと感じました。

次のような歌詞が出てきます。「火は罪をきよめ 罪そのものとなり 火は恐怖であり 希望であり...」「水は岸を破り家々を押し流し 水はのろいであり めぐみであり...」 そして,最後は「あなたに火と水と人間の矛盾にみちた未来のイメージを贈る あなたに答えは贈らない あなたにひとつの問いかけを贈る」で締めています。

タイトルが童声となっているとおり,合唱というよりは子供の声をそのまま使っているようなところがあり,こういった言葉が生々しく伝わってきます。東日本大震災後,汚染水問題をはじめ,原発問題が解決していない現在,「矛盾にみちたイメージを贈る」という歌詞は予見的な鋭さを感じます。

そして何より,この時の演奏ですが,私の娘がOEKエンジェルコーラスの一員で参加しています。たまたまこの年度だけ参加していたのですが,ちゃっかりとCD化されてしまいました(今では合唱はやっていませんが)。新聞にも掲載されたので(北陸中日新聞だったと思います),写真を取り寄せて(有料だったかも),フォトフレームに入れて今も飾っています。横長の写真だったのでフレームを探すのに苦労したことも思い出します。次のような写真です。

Nec_0226

三善さんとOEKエンジェルコーラスといえば,サマーコンサートで演奏した「風のとおりみち」も懐かしく思い出します。こちらの方は言葉遊び的な要素のある現代の童歌集といったところがある親しみやすい曲で,私も大好きです。

Nec_02262

石川県立音楽堂の1階廊下には,三善晃さんと囲むエンジェルコーラスのメンバーの写真が飾られていますが,この写真にもわが家の子供が小さく写っており,この和気あいあいとした写真を見るたびに嬉しくなります。

「3つのイメージ」は来年のOEKの定期公演で山田和樹さん指揮で再演される予定です。是非,オーケストラ伴奏版の「風のとおり道」の再演にも期待したいと思います。

このように三善晃さんについては,OEKエンジェルコーラスとセットになった思い出があります。心から哀悼の意を表したいと思います。

PS. 三善晃さんの書かれた本では,「オトコ,料理につきる」という本があります。何よりもこのタイトルが美味いですね。「男冥利につきる」のパロディですが,本当にうまいシャレだと思います。

Nec_02261


2013/10/03

石川県立音楽堂&OEK機関誌「CADENZA」スッキリとリニューアル #oekjp

石川県立音楽堂&OEK機関誌「CADENZA」の最新号のVol.43が発行されました。これまでは,これからの音楽堂主催公演の情報がメインの情報だったのですが,今号から編集方針が変わったようで,タウン誌を思わせるような,インタビュー中心の読ませる記事が多くなりました。

Nec_0225

執筆者もガラっと変わっています。これまでは,基本的にはクラシック音楽の雑誌を思わせる感じだったのですが,今号からは誌面全体がよりファッショナブルでセンスの良い雰囲気になりました。新たなお客さんに対するアピールが期待できると思います。10ページ目に「私設応援団を作ってOEKを盛り上げよう」という記事がありましたが,これにも期待したいと思います。

食の街でもある金沢らしく,「本誌×街コラボ」として,街の人気店にクラシック音楽にまつわるメニューを作ってもらおうという企画もはじまっています。OEKにもお店にもPRになるWin-Win企画になりそうですね。

コンサートカレンダーの中で新しい情報をお知らせしましょう。

10月27日(日)16:00~ 東京エキコン
もともと駅でコンサートをするのは,東京エキコンがオリジナルだったのですが,今では金沢エキコンの方が盛んなようです。この東京エキコンに井上道義指揮OEKが登場します。井上さんは日比谷野外音楽堂でも今度演奏会を行いますが,このエキコンも一種野外コンサートですね。大いにアピールして欲しいと思います。

11月24日(日)14:00~ 香川県民ホール
石川県・香川県観光交流提携としてOEKと高松・瀬戸フィルとの合同公演が行われます。そのうち,金沢公演も期待したいと思います。

その他の情報は,是非,音楽堂で手に取ってご覧ください。

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック