OEKのCD

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013/11/23

直江学美&黒瀬恵デュオ・コンサートVol.3 篠崎史紀さんをゲストに迎え,20世紀末の音楽を核として統一感のあるプログラムを楽しませてくれました。

金沢を中心に活躍しているソプラノ歌手の直江学美さんとオルガン奏者の黒瀬恵さんは,年1回この時期にデュオコンサートを行っています。その3回目のコンサートを聞いてきました。毎年,NHK交響楽団コンサートマスターの篠崎史紀さんをゲストに招いているのが「目玉」の一つです。今回も篠崎さんのヴァイオリンやトークを交えたステージとなりました。

ソプラノとオルガンとヴァイオリンという組み合わせのコンサートは,滅多にないのですが,オルガンという楽器はピアノのような伴奏もできれば,オーケストラの代用もできますので,一種「何でもできる」編成ではないかと思いました。今回もバロック音楽,リヒャルト・シュトラウスのオリジナルはオーケストラ伴奏版歌曲,クライスラーのヴァイオリン曲,日本の歌曲・唱歌,そして,オルガンの独奏曲と色々な時代の色々な編成の曲を楽しむことができました。それがバラバラな印象を残すのではなく,オルガンの響きを核として,全体の雰囲気がしっかりまとまっていたのが良かったと思いました。

特に良いなぁと思ったのは,ソプラノ,ヴァイオリン,オルガンで演奏したリヒャルト・シュトラウスの「4つの最後の歌」の中の「夕映えに」でした。オリジナルはオーケストラ伴奏で,一度実演で聞いてみたい曲だったのですが,そのスケール感をしっかり楽しむことができました。直江さんの声はとても落ち着いた気分があるので,人生の末期を描いたこの曲の気分にぴったりでした。ソプラノに絡み合ってくる篠崎さんの繊細なヴァイオリンも雰囲気にぴったりでした。

篠崎さんのヴァイオリンでは,前半の最後に演奏されたクライスラー作曲のプニャーニの様式による前奏曲とアレグロがお見事でした。「さすが」という貫禄と技巧を楽しませてくれました。もともと,クライスラーならではの,バロック風を模したような曲なのですが,それに黒瀬さんの重厚なオルガンが加わり,「オペラ座の怪人」がヴァイオリンを弾いているような,どこか妖しい(?)気分たっぷりでした。

後半の最初の方では,篠崎さんと直江さんを中心としたトークコーナーがありました。毎年この時期に忙しい篠崎さんが金沢でのこの演奏会に来ているのは...実は...カニが目的(の一つ)だったとか,篠崎さんのヴァイオリン関係グッズとして,いろいろな和風の工芸品を使っているとか,「へぇ」という感じの楽しいトークを楽しむことができました。

この日は耳で音楽を楽しむだけではなく,視覚的に楽しませようという試みもありました。シュトラウスの歌曲では,夕映えの気分を出すように,徐々に照明を暗くしていったり,ヴィドールのオルガン交響曲第5番のトッカータでは,目まぐるしく動く曲想に合わせて,パイプオルガンのパイプに当てられた照明が変化したり,各曲ごとに趣向が凝らされていました。照明については,もう少し鮮やかな方が効果的かなという気もしましたが,先日,しいのき迎賓館で行われて人気を集めたプロジェクション・マッッピングを思い出しました。

後半では,シンプルな美しさを持った日本歌曲も印象的でした。ピアノ伴奏で聞くのとは一味違った,イマジネーションの広がりを感じさせてくれるような演奏でした。

この演奏会については,第1回目から「聞いてみたいな」と思っていたのですが,今回初めて聞いてみて,その魅力を実感できました。ソプラノ,オルガン,ヴァイオリンという独特の組み合わせであるからこそ,趣向を凝らす必要があり,そのことが,演奏の新鮮さにつながっているのだと思います。こういう演奏会が金沢出身のアーティストが中心となって継続している点が素晴らしいと思います。是非,「第4回」の企画に期待したいと思います。

2013/11/17

チョン・ミョンフン指揮東京フィル他による「トリスタンとイゾルデ」(演奏会形式,全曲)を富山のオーバード・ホールで鑑賞。演技がい分,非常に集中してワーグナーの世界に入ることができました。声楽陣も大変充実していました。

今年はワーグナーの生誕200年ということで,ワーグナーの作品が取り上げられる機会が多い...はずなのですが,石川県ではほとんど演奏されていません。というわけで,富山市のオーバード・ホールで行われたチョン・ミョンフン指揮東京フィルによる演奏会形式による「トリスタンとイゾルデ」の全曲を聞いてきました。

この日は,これからの北陸地方では段々と貴重になってくる快晴(いわゆる小春日和)ということで,屋外で過ごしたい気持ちもありましたが,チョン・ミョンフン指揮のワーグナーの作品全曲を北陸で聞く機会の方が貴重だろう,ということで,高速バスに乗って,富山まで出かけてきました。

「トリスタンとイゾルデ」は,西洋音楽史的に言うと調性音楽の極限の音楽ということで,曲の最初の前奏曲から半音階進行を含む,微妙ですっきりしない気分が続きます。チョン・ミョンフンさんは,曲の最初の部分でまず,このモチーフを非常に丁寧に演奏し,一気にホール内を「トリスタン」の気分に変えてくれました。

演奏会形式ということで,歌手の演技はほとんどなく(トリスタンとイゾルデが見つめ合ったり,手を取ったりぐらい...という程度でしょうか。ただし,ドラマの進行に応じて,結構,頻繁に出入りはしていました),かなり集中して音楽の流れだけに入りこむことができました。第2幕や第3幕の各後半では,剣を抜いて切り合いをするようなシーンが本来はあるのですが,そういった部分の動きが全くなかったので,基本的にトリスタンとイゾルデ,そして,その2人に混乱させられるマルケ王,この3人の心情の動きを音楽の動きで味わう,という形になっていました。もちろん,セット付きの本格的な舞台を観たい気持ちもありますが,ワーグナーの音楽をじっくりと味わうには,今回の形は理想的だったのでは,という気がしました。

というわけで,この3人の歌が核になるのですが,いずれも素晴らしい声を聞かせてくれました。トリスタン役は予定していた歌手が変更になりアンドレアス・シャーガーさんが歌いました。最初の方は結構リリックな感じかなと思って聞いていたのですが,曲が進むにつれて鬼気迫る雰囲気になっていきました。第3幕の最初の部分は,延々とモノローグが続くのですが(プログラムによると「鬼門」とのことです),この部分でのイゾルデを待ちわびる狂気を帯びた雰囲気は迫力満点でした。

イゾルデ役のイルムガルト・フィルスマイヤーさんもドラマティックな役柄にぴったりでした。イゾルデの方は第1幕では,怒りまくっているのですが,媚薬を飲んでからは,少し優しくなりつつも,情熱はパワーアップして,第3幕最後の「愛の死」まで,ずっとドラマを引っ張っているような「大変さ」があります。フィルスマイヤーさんについては,何といっても声に迫力があり,私の居た4階席でもビンビン声が伝わってきました。高音部は絶叫するような感じでしたが,ワーグナーを聞いたという迫力がしっかり伝わって来ました。これから注目の歌手になっていくと思います。

マルケ王はミハイル・ペトレンコさんでした。基本的にこの王様は,「まともな大人」の役柄で,威厳があると同時に「どうして裏切られるのだろう」という悲哀のようなもの漂わせています。ペトレンコさんの歌はその気分にぴったりでした。その他,ブランゲーネ,クルヴェナールなどのイゾルデとトリスタンの忠臣たち,メロート,牧人,舵手などの脇役たちもすべて見事な声を聞かせてくれました。

ドラマの展開の中では,やはり第2幕の長大なラブシーンが凄いと思いました。DVDで予習した感じだとかなり長く感じたのですが,実際に見ると全く長いとは感じませんでした。オペラの中では時間は違った進み方をする,と感じました。

第3幕の前半のトリスタンのモノローグの方はさすがに長く感じましたが,その分,「イゾルデはまだか,まだか」という気分が高まり,その後に続く,2人の再会と別れのドラマがさらに一層盛り上がりました。そして,やはり全曲を締めるイゾルデによる「愛の死」の歌唱が印象的でした。

一般的に聞かれている「前奏曲と愛の死」だと20分程度で終わるのですが,4時間以上かけて(休憩含む),この「愛の死」に到達するのとでは,やはり重みが違います。終結感のない曲の最後の最後で静かに静かに安定する,というのは,やはり感動的です。

その他,この曲を実演で聞いてみると,結構,舞台裏で演奏する場面が多い曲だと思いました。全幕について舞台裏での演奏がありました。この中では,第3幕の最初の方でのイングリッシュホルンの演奏が特に印象的でした。全曲を通じていちばん静かな場面ですが,その他の部分で激しく熱いドラマが続くので,この部分の静かな美しさが際立っていました。

演奏時間は20分の休憩2回を入れて13:00から17:30まで掛かりましたので,さすがに疲れましたが,もっとも良い形でこの曲を楽しむことが出来たと思いました。富山のオーバードホールでオペラを観たのは今回が初めてでしたが,4階席からでも大変ステージがよく見えました。金沢歌劇座よりは,大きな規模のオペラを上演できるホールですので,是非今後も今回のような形の公演を期待したいと思います。

2013/11/14

OEK第343回定期公演。ギュンター・ピヒラー指揮によるウィーンの音楽集。やっぱりピヒラーさんのハイドンは最高です。ラドヴァン・ヴラトコヴィッチさんの自然体のホルンも素晴らしい安定感でした #oekjp

11月の定期公演にはおなじみギュンター・ピヒラーさんが登場しました。演奏会のキャッチコピーは「ウィーンの楽士たち饗宴」ということで,プログラムには,ハイドン,R.シュトラウス,シューベルトとウィーンで活躍した作曲家の作品が並びました。プログラムの構成的には,シューベルトの5番,シュトラウスの協奏曲,ハイドンのオックスフォードということで,協奏曲を中心にシンメトリカルな構成になっていました。

最初に演奏された,シューベルトの交響曲第5番はOEKがたびたび演奏してきた曲で,個人的に大好きな作品です。ピヒラーさんの指揮は,演奏会の最初ということで,いつものように(?)ビシビシと引き締める感じは,少し控え目にして,キビキビと軽やかに流す感じでした。それがまたこの曲に相応しいと感じました。

2曲目のR.シュトラウスのホルン協奏曲第2番は,ラドヴァン・ヴラトコヴィッチさんのホルンを堪能できました。冒頭からヴラトコヴィッチさんのホルンの自信に満ちた自然な音がホールに伸びやかに広がり,会場の空気が「どこかアルペン」という感じになりました。OEKの演奏もヴラトコヴィッチさんに触発されたように生き生きとしたもので,歌に満ちた第2楽章,音楽が湧き上がってくるような第3楽章と素晴らしい音楽が続きました。

その後,ヴラトコヴィチさんの独奏でアンコールが演奏されました。これが,「さすが,トップ・アーティスト!」という素晴らしい演奏でした。詳細はレビューで紹介しましょう。

後半はハイドンの「オックスフォード」1曲だけでしたが,全く物足りないところはありませんでした。あまちゃん風に言うと(別にあまちゃん風に言う必要もないのですが,いまだに「あまロス」気味なので..),「おら やっぱり,ピヒラーさんのハイドンが好きだ」という感じの演奏でした。

曲全体はビシっと磨かれており,キビキビとした音の動きを中止に隙がありません。楽想が変わると,ちょっと間を入れて,明確にコントラストを付けるスタイルもいつもどおりでした。第2楽章などは,とてもシンプルなのに,深さを感じさせてくれます。そして最終楽章では,手綱を引き締めるような快速で,鮮やかに走り抜けました。

アンコールでは,ハイドンの57番という,非常にマイナーな作品の終楽章が演奏されました(なぜこの曲なのか知りたい気もします)。こちらも大変楽しく,鮮やかな演奏でした。

この日も終演後,サイン会があったので,「ハイドンはとても楽しめました」とピヒラーさんに声を掛けてみたところ,大変うれしそうな顔をされていました。ピヒラーさんにとっても快心の演奏だったのではないかと思います。

同様の公演は,新潟県柏崎市でも行われますので,お近くの方は是非お聞きになってください。

2013/11/13

イリヤ・ラシュコフスキー ピアノ・リサイタル金沢公演 ショパンのエチュードop.25全曲は,鮮やかな技巧としっとりとした美しさに溢れた小宇宙。素晴らしい演奏でした。

冬が到来したような寒さの中,北國新聞赤羽ホールで行われたイリヤ・ラシュコフスキー ピアノ・リサイタルを聞いてきました。ラシュコフスキーさんは,昨年行われた第8回浜松国際ピアノコンクールで1位を受賞した若手ピアニストです。今回のリサイタルは,それを記念しての「優勝者ツァー」の一環でした。

今回演奏された曲は,ベートーヴェンの「熱情」ソナタ,ブラームス晩年の間奏曲集,ショパンのスケルツォ第1番,ショパンのエチュードop.25全曲,スクリャービンの炎に向かって というプログラムでした。今回,聞きに行こうと思ったのは,もちろんラシュコフスキーさんを聞いてみたかったからなのですが,このプログラムの素晴らしさもその理由の一つです。

特にショパンのエチュードop.25全曲は,有名な曲の割に,金沢ではなかなか実演で聞く機会がありません。それだけ,取り上げるのに勇気の必要な曲だからだと思いますが,ラシュコフスキーさんは見事な演奏を聞かせてくれました。ラシュコフスキーさんの音には,常にしっとりとした重さがあります。ショパンといえば,軽やかで華やかな印象がありますが,そういった面を残しながらも,常に大人の落ち着きを感じさせてくれました。この曲集の全曲を実演で聞くのは,実は初めてのことだったのですが,ラシュコフスキーさんは,この曲の魅力を堪能させてくれる演奏でした。

その他の曲も,それぞれ聞きどころがありました。ベートーヴェンの「熱情」は,後半のショパンに比べると,やや完成度が低い気はしましたが,その浅薄にならない練られた音はベートーヴェンに相応しいものでした。ブラームスの間奏曲は,晩秋の気分にぴったりで,柔らかく落ち着いた気分に浸ることができました。最後に演奏されたスクリャービンの炎に向かっては,他の曲に比べると,少々毛色の違う作品でしたが,神秘的なムードと硬質な力感の同居した演奏は,プログラムの最後に相応しい迫力がありました。

この日は,お客さんの数がそれほど多くなかったのが少々残念でしたが(今日の演奏だったら,もっと熱い拍手が欲しいですね),期待の若手アーティストの意欲溢れる演奏を味わうことができ,大満足でした。

PS. 終演後,サイン会が行われました。アンコール曲の掲示がなかったので,尋ねてみたところ,スクリャービンの(多分そうだと思っていました)エチュードop.42-5とのことでした。

2013/11/07

OEKチェロ奏者,キム・ソンジュン チェロ・リサイタルは大成功。凄みたっぷりの演奏でした。#oekjp

本日は,OEKのチェロ奏者キム・ソンジュンさんのリサイタルが金沢市アートホールで行われたので聞いてきました。キムさんが金沢で単独でリサイタルを行うのは今回が初めてのことだと思いますが(コンサートホール以外でならあると思います),とても良い雰囲気の演奏会となりました。プログラムからして,チェロの魅力満載の作品が並び,シューマン,シューベルト,ショパン,ブラームスと「芸術の秋」の気分にぴったりのロマン派の曲が並びました。大成功の演奏会だったと思います。

ただし,演奏の方は甘くロマンティックな演奏というよりは,「激しさ」「強さ」そして「凄み」を感じさせてくれるものばかりでした。そういう点で前半に演奏されたアルペジョーネ・ソナタなどでは,もう少し甘くしっとりとした気分を聞かせて欲しい気はしましたが(やや音程が甘いところがあったのが気になりました),名技性たっぷりのショパンの序奏と華麗なるポロネーズなどは,迫力満点でした。ピアノの演奏も大変鮮やかでした。

後半,メインで演奏されたブラームスのチェロ・ソナタ第2番は,出だしからして大変立派な構えがあり,スケールの大きさを感じました。第2楽章の神秘的なピツィカートも素晴らしかったのですが,その後に続く,密度の高い音による熱いカンタービレも印象的でした。後半の楽章ではさらに熱気が増し,三味線の演奏を思わせるほどバチンといった衝撃音を交えての激しい演奏を聞かせてくれました。

ブラームスの演奏としては賛否両論あるかもしれませんが,今回のチャレンジングでスリリングな演奏で,会場は大いに盛り上がりました。演奏後は,ほとんど手拍子のような熱い拍手が続き,アンコールが演奏されました。

この曲が驚きの選曲でした。アンコールにしては凄すぎる曲で(一度聞いてみたかった曲でした),演奏の方も素晴らしく,会場はさらに盛り上がりました。この曲についてはレビューの方で紹介しましょう。

この日の会場には,OEKのメンバーや楽友会の皆さんの姿を見かけました。こういう「みんなで盛り上げよう」という雰囲気はとても良いと思いました。演奏後の挨拶でキムさんは,「毎年リサイタルを行いたい」と仰られていましたが,OEK全体だけでなく,OEKメンバー個人の活動が益々活発になっていくことをこれからも期待したいと思います。

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック