OEKのCD

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« イリヤ・ラシュコフスキー ピアノ・リサイタル金沢公演 ショパンのエチュードop.25全曲は,鮮やかな技巧としっとりとした美しさに溢れた小宇宙。素晴らしい演奏でした。 | トップページ | チョン・ミョンフン指揮東京フィル他による「トリスタンとイゾルデ」(演奏会形式,全曲)を富山のオーバード・ホールで鑑賞。演技がい分,非常に集中してワーグナーの世界に入ることができました。声楽陣も大変充実していました。 »

2013/11/14

OEK第343回定期公演。ギュンター・ピヒラー指揮によるウィーンの音楽集。やっぱりピヒラーさんのハイドンは最高です。ラドヴァン・ヴラトコヴィッチさんの自然体のホルンも素晴らしい安定感でした #oekjp

11月の定期公演にはおなじみギュンター・ピヒラーさんが登場しました。演奏会のキャッチコピーは「ウィーンの楽士たち饗宴」ということで,プログラムには,ハイドン,R.シュトラウス,シューベルトとウィーンで活躍した作曲家の作品が並びました。プログラムの構成的には,シューベルトの5番,シュトラウスの協奏曲,ハイドンのオックスフォードということで,協奏曲を中心にシンメトリカルな構成になっていました。

最初に演奏された,シューベルトの交響曲第5番はOEKがたびたび演奏してきた曲で,個人的に大好きな作品です。ピヒラーさんの指揮は,演奏会の最初ということで,いつものように(?)ビシビシと引き締める感じは,少し控え目にして,キビキビと軽やかに流す感じでした。それがまたこの曲に相応しいと感じました。

2曲目のR.シュトラウスのホルン協奏曲第2番は,ラドヴァン・ヴラトコヴィッチさんのホルンを堪能できました。冒頭からヴラトコヴィッチさんのホルンの自信に満ちた自然な音がホールに伸びやかに広がり,会場の空気が「どこかアルペン」という感じになりました。OEKの演奏もヴラトコヴィッチさんに触発されたように生き生きとしたもので,歌に満ちた第2楽章,音楽が湧き上がってくるような第3楽章と素晴らしい音楽が続きました。

その後,ヴラトコヴィチさんの独奏でアンコールが演奏されました。これが,「さすが,トップ・アーティスト!」という素晴らしい演奏でした。詳細はレビューで紹介しましょう。

後半はハイドンの「オックスフォード」1曲だけでしたが,全く物足りないところはありませんでした。あまちゃん風に言うと(別にあまちゃん風に言う必要もないのですが,いまだに「あまロス」気味なので..),「おら やっぱり,ピヒラーさんのハイドンが好きだ」という感じの演奏でした。

曲全体はビシっと磨かれており,キビキビとした音の動きを中止に隙がありません。楽想が変わると,ちょっと間を入れて,明確にコントラストを付けるスタイルもいつもどおりでした。第2楽章などは,とてもシンプルなのに,深さを感じさせてくれます。そして最終楽章では,手綱を引き締めるような快速で,鮮やかに走り抜けました。

アンコールでは,ハイドンの57番という,非常にマイナーな作品の終楽章が演奏されました(なぜこの曲なのか知りたい気もします)。こちらも大変楽しく,鮮やかな演奏でした。

この日も終演後,サイン会があったので,「ハイドンはとても楽しめました」とピヒラーさんに声を掛けてみたところ,大変うれしそうな顔をされていました。ピヒラーさんにとっても快心の演奏だったのではないかと思います。

同様の公演は,新潟県柏崎市でも行われますので,お近くの方は是非お聞きになってください。

« イリヤ・ラシュコフスキー ピアノ・リサイタル金沢公演 ショパンのエチュードop.25全曲は,鮮やかな技巧としっとりとした美しさに溢れた小宇宙。素晴らしい演奏でした。 | トップページ | チョン・ミョンフン指揮東京フィル他による「トリスタンとイゾルデ」(演奏会形式,全曲)を富山のオーバード・ホールで鑑賞。演技がい分,非常に集中してワーグナーの世界に入ることができました。声楽陣も大変充実していました。 »

コメント

oek第343回とは全く関係ありませんが、本日の題名のない音楽会、我らがミッキーが大活躍でした。しかしその中で気になったことがありました。
ミッキー音楽監督は来年から、大阪フィルの首席指揮者に就任されるそうです。
ということはoek監督を退任されるということでしょうか。管理人さま、ご存知でしょうか。

こんばんは、本日の「題名のない音楽会」での井上版ピーターとおおかみ は楽しかったですね。井上さんの件ですが、OEKの音楽監督と大阪フィルの首席指揮者を兼任するようです。金沢のファンとしては、相乗効果でさらに面白い企画が出てこないか期待しましょう。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« イリヤ・ラシュコフスキー ピアノ・リサイタル金沢公演 ショパンのエチュードop.25全曲は,鮮やかな技巧としっとりとした美しさに溢れた小宇宙。素晴らしい演奏でした。 | トップページ | チョン・ミョンフン指揮東京フィル他による「トリスタンとイゾルデ」(演奏会形式,全曲)を富山のオーバード・ホールで鑑賞。演技がい分,非常に集中してワーグナーの世界に入ることができました。声楽陣も大変充実していました。 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック