OEKのCD

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« OEKチェロ奏者,キム・ソンジュン チェロ・リサイタルは大成功。凄みたっぷりの演奏でした。#oekjp | トップページ | OEK第343回定期公演。ギュンター・ピヒラー指揮によるウィーンの音楽集。やっぱりピヒラーさんのハイドンは最高です。ラドヴァン・ヴラトコヴィッチさんの自然体のホルンも素晴らしい安定感でした #oekjp »

2013/11/13

イリヤ・ラシュコフスキー ピアノ・リサイタル金沢公演 ショパンのエチュードop.25全曲は,鮮やかな技巧としっとりとした美しさに溢れた小宇宙。素晴らしい演奏でした。

冬が到来したような寒さの中,北國新聞赤羽ホールで行われたイリヤ・ラシュコフスキー ピアノ・リサイタルを聞いてきました。ラシュコフスキーさんは,昨年行われた第8回浜松国際ピアノコンクールで1位を受賞した若手ピアニストです。今回のリサイタルは,それを記念しての「優勝者ツァー」の一環でした。

今回演奏された曲は,ベートーヴェンの「熱情」ソナタ,ブラームス晩年の間奏曲集,ショパンのスケルツォ第1番,ショパンのエチュードop.25全曲,スクリャービンの炎に向かって というプログラムでした。今回,聞きに行こうと思ったのは,もちろんラシュコフスキーさんを聞いてみたかったからなのですが,このプログラムの素晴らしさもその理由の一つです。

特にショパンのエチュードop.25全曲は,有名な曲の割に,金沢ではなかなか実演で聞く機会がありません。それだけ,取り上げるのに勇気の必要な曲だからだと思いますが,ラシュコフスキーさんは見事な演奏を聞かせてくれました。ラシュコフスキーさんの音には,常にしっとりとした重さがあります。ショパンといえば,軽やかで華やかな印象がありますが,そういった面を残しながらも,常に大人の落ち着きを感じさせてくれました。この曲集の全曲を実演で聞くのは,実は初めてのことだったのですが,ラシュコフスキーさんは,この曲の魅力を堪能させてくれる演奏でした。

その他の曲も,それぞれ聞きどころがありました。ベートーヴェンの「熱情」は,後半のショパンに比べると,やや完成度が低い気はしましたが,その浅薄にならない練られた音はベートーヴェンに相応しいものでした。ブラームスの間奏曲は,晩秋の気分にぴったりで,柔らかく落ち着いた気分に浸ることができました。最後に演奏されたスクリャービンの炎に向かっては,他の曲に比べると,少々毛色の違う作品でしたが,神秘的なムードと硬質な力感の同居した演奏は,プログラムの最後に相応しい迫力がありました。

この日は,お客さんの数がそれほど多くなかったのが少々残念でしたが(今日の演奏だったら,もっと熱い拍手が欲しいですね),期待の若手アーティストの意欲溢れる演奏を味わうことができ,大満足でした。

PS. 終演後,サイン会が行われました。アンコール曲の掲示がなかったので,尋ねてみたところ,スクリャービンの(多分そうだと思っていました)エチュードop.42-5とのことでした。

« OEKチェロ奏者,キム・ソンジュン チェロ・リサイタルは大成功。凄みたっぷりの演奏でした。#oekjp | トップページ | OEK第343回定期公演。ギュンター・ピヒラー指揮によるウィーンの音楽集。やっぱりピヒラーさんのハイドンは最高です。ラドヴァン・ヴラトコヴィッチさんの自然体のホルンも素晴らしい安定感でした #oekjp »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« OEKチェロ奏者,キム・ソンジュン チェロ・リサイタルは大成功。凄みたっぷりの演奏でした。#oekjp | トップページ | OEK第343回定期公演。ギュンター・ピヒラー指揮によるウィーンの音楽集。やっぱりピヒラーさんのハイドンは最高です。ラドヴァン・ヴラトコヴィッチさんの自然体のホルンも素晴らしい安定感でした #oekjp »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック