OEKのCD

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 12/14-15は「五感で見る聴く音楽会@石川県立音楽堂」,美術作品の中でピアノ三重奏(本日)とコントラバス四重奏(明日)。北陸新人登竜門コンサート出身者が活躍します。 | トップページ | さだまさし シンフォニックコンサートツアー2014 金沢公演 2月26日(水) 石川県立音楽堂で行われます。 »

2013/12/14

音楽堂室内楽シリーズ第5回ミルオトキクカタチ(1回目) 久世建二さんの造形作品が一面に並ぶフロアの中での室内楽。これまでにない演奏会でした。 

本日は音楽堂室内楽シリーズ第5回として行われた「ミルオトキクカタチ」を聞いてきました。これは金沢美術工芸大学学長の久世建二さんの作った「土の形・ヒトガタ」という造形作品がフロアいっぱいに展示された交流ホールで,ピアノ三重奏の演奏を行うという企画です。

今回の久世さんの作品は,以前,金沢21世紀美術館でも展示されていたことがあるものです。人間の形を思わせるような(十字架のようでもある)平べったいオブジェを沢山並べた作品で,どこか亡くなった人たちの墓地のようにも見えます。一つ一つのオブジェは全く別の作品でもようでもあるし,全部まとめて一つの作品のようでもあります。

今回の企画は,これらのオブジェの周りに寝転んでもらっても,触ってもかまいません,自由なスタイルで聞いてくださいという大胆な内容でした。写真撮影も認められていたようでしたので,私も撮影してきたのですが,次のような感じになります。

12141
ちょっと見たことのないような雰囲気でした。

演奏された曲はバッハの無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第3番~ラルゴ,コダーイ/ヴァイオリンとチェロのための二重奏曲~アダージョ,ショパン/幻想曲,ショスタコーヴィチ/ピアノ三重奏曲第2番の4曲で,鶴見彩さん(ピアノ),坂口昌優さん(ヴァイオリン),荒井結子さん(チェロ)の3人によって演奏されました。

どの曲も,「ヒトガタ」のイメージどおり,どこか暗く,人を追悼するような静かさがありました。前半の3曲も素晴らしかったのですが,後半に演奏されたショスタコーヴィチが特に聞きごたえがありました。いかにもショスタコーヴィチの室内楽らしい構成の作品で,特に追悼するような深さのある3楽章と,弦楽四重奏曲第8番でもおなじみの「一度聞けば忘れられない」ユダヤ風のメロディの出てくる第4楽章の凄みのある空気が印象的でした。

今回の作品は,直接交流ホールの床の上に置かれていましたが,展示方法については,もう一工夫欲しいかなと思いました。どうせなら,部屋全体が真っ暗になるようにし,床にも何か敷いて欲しいと思いました。今回,床の上に座っても構いませんとアナウンスがあったのですが,やはりカーペットとか敷いてないとなかなか座れないかなと思いました。

今回が初めての試みということで,改善点はある気はしましたが,美術作品の中で音楽を聞くというのは,とても面白いと思いました。明日は,コントラバス四重奏との「共演」ですが,また別の表情を見せてくれることでしょう。*

« 12/14-15は「五感で見る聴く音楽会@石川県立音楽堂」,美術作品の中でピアノ三重奏(本日)とコントラバス四重奏(明日)。北陸新人登竜門コンサート出身者が活躍します。 | トップページ | さだまさし シンフォニックコンサートツアー2014 金沢公演 2月26日(水) 石川県立音楽堂で行われます。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152606/58756469

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽堂室内楽シリーズ第5回ミルオトキクカタチ(1回目) 久世建二さんの造形作品が一面に並ぶフロアの中での室内楽。これまでにない演奏会でした。 :

« 12/14-15は「五感で見る聴く音楽会@石川県立音楽堂」,美術作品の中でピアノ三重奏(本日)とコントラバス四重奏(明日)。北陸新人登竜門コンサート出身者が活躍します。 | トップページ | さだまさし シンフォニックコンサートツアー2014 金沢公演 2月26日(水) 石川県立音楽堂で行われます。 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック