OEKのCD

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« ぶらあぼ,ぴあクラシックなどを無料クラシック音楽情報誌を見ていたら,いくつかOEK関係情報が出ていました。#oekjp | トップページ | 2013年も沢山の演奏会に行きました。OEK+石川県立音楽堂での公演を中心に振りかえってみました。よいお年をお迎えください。#oekjp »

2013/12/22

OEKのオーボエ奏者の加納律子さんが「ルポフォン:新種のバス・オーボエの可能性に迫る」というCDを出します。 #oekjp

OEKファンにはおなじみの,OEKのオーボエ奏者,加納律子さんがカメラータから,ルポフォンという楽器を中心としたCDを12月25日に発売します。カメラータのサイトによると,次のような曲が収録されています。世界発録音の曲をはじめ,レパートリーを隙間を突くような,興味深い内容になっています。

共演者として,加納さんの師匠のトーマス・インディアミューレさんだけではなく,OEKのチェロの大澤明さん,クレメラータバルティカのヴィオラ奏者で,OEKにも頻繁に客演しているダニール・グリシンさんの名前も書いてあります。

これは是非,「CD発売記念コンサート」を交流ホールあたりで開いて欲しいですね。それにしてもルポフォンという楽器が気になります。オーボエの音が低くなると,ファゴットと似た感じにならないのでしょうか?いずれにしても,一度聞いてみたい楽器です。

http://www.camerata.co.jp/music/detail.php?serial=CMCD-28296

J.ハイドン:
 [1]-[3] バリトン三重奏曲 第101番 ハ長調 Hob.XI:101
 (ルポフォン、ヴィオラ、チェロ)[オリジナル:バリトン、ヴィオラ、チェロ]
 [4]-[6] バリトン三重奏曲 第109番 ハ長調 Hob.XI:109
 (ルポフォン、ヴィオラ、チェロ)[オリジナル:バリトン、ヴィオラ、チェロ]
F.クープラン:
 [7]-[10] 新しいコンセール 第13番~2つの楽器のための
 (バリトン・オーボエ、ルポフォン)
M.マレ:
 [11] スペインのフォリア~ヴィオール曲集 第2巻より
 (バリトン・オーボエ、ルポフォン)
H.ゲンツマー:
 [12]-[14] ソナタ(ルポフォン、ピアノ)
 [オリジナル:ヘッケルフォン、ピアノ]【世界初録音】
P.ヒンデミット:
 [15]-[21] 三重奏曲 作品47(ピアノ、ヴィオラ、ルポフォン)
 [オリジナル:ピアノ、ヴィオラ、ヘッケルフォン]

■演奏者
加納律子(ルポフォン)
ダニール・グリシン(ヴィオラ)
大澤 明(チェロ)
トーマス・インデアミューレ(バリトン・オーボエ)
岡 純子(ピアノ)

■録音
2013年9月/草津音楽の森国際コンサートホール(群馬) ほか

Amazonなどからも購入できます。
http://www.amazon.co.jp/dp/B00H57IQAW/ref=cm_sw_r_tw_dp_2uOTsb08BZ4SH

« ぶらあぼ,ぴあクラシックなどを無料クラシック音楽情報誌を見ていたら,いくつかOEK関係情報が出ていました。#oekjp | トップページ | 2013年も沢山の演奏会に行きました。OEK+石川県立音楽堂での公演を中心に振りかえってみました。よいお年をお迎えください。#oekjp »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152606/58799879

この記事へのトラックバック一覧です: OEKのオーボエ奏者の加納律子さんが「ルポフォン:新種のバス・オーボエの可能性に迫る」というCDを出します。 #oekjp:

« ぶらあぼ,ぴあクラシックなどを無料クラシック音楽情報誌を見ていたら,いくつかOEK関係情報が出ていました。#oekjp | トップページ | 2013年も沢山の演奏会に行きました。OEK+石川県立音楽堂での公演を中心に振りかえってみました。よいお年をお迎えください。#oekjp »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック