OEKのCD

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2013年8月11日 - 2013年8月17日 | トップページ | 2013年8月25日 - 2013年8月31日 »

2013年8月18日 - 2013年8月24日

2013/08/20

いしかわミュージックアカデミー ライジングスターコンサート2013 今年も力強く熱い演奏の連続 

いしかわミュージックアカデミーに合わせて,過去のIMA音楽賞受賞者を中心とした若手奏者が勢ぞろいするライジングスターコンサートが行われました。毎年,ヴァイオリン,チェロ,ピアノの演奏が中心ですが,今年は,弦楽四重奏とピアノ三重奏による演奏があったのが特徴だったと思います。

弦楽四重奏の方は,山根一仁さん,毛利文香さん,田原綾子さん,上野通明さんという桐朋女子高等学校音楽科(男女共学です)の仲間で結成されたエール弦楽四重奏団によるドヴォルザークの「アメリカ」の第1楽章,第4楽章が楽しめました。コンクール入賞者集団ということで,各楽器のソロが大変雄弁で,大変立体的で聞きごたえのある演奏を聞かせてくれました。第4楽章の方は大変軽快で,ちょっと遊び心を感じさせてくれるほどの鮮やかさのある演奏でした。さすがと言う演奏でした。

演奏会の最後に演奏されたピアノ三重奏の方は,竹田理琴乃さん,小川響子さん,松本亜優さんという女性3人による「女子会」的華やかさのある演奏でした。押し出しの強い小川さんのヴァイオリンに触発されるように,熱い演奏が繰り広げられました。ピアノ三重奏は,昔からソリストが3人集まって演奏されることの多いジャンルですが,演奏会のトリを締めるのにふさわしい演奏でした,

韓国のジェヒョン・イさんとジヨン・イムさんのヴァイオリン二重奏によるサラサーテのナヴァーラも圧倒的な演奏でした。一糸乱れないバチっと決まった,強靭な演奏で,ただただ凄いと思いました。

その他,合計8組が次々登場しました。リスト,パガニーニなど技巧的な曲が多いので,聞いていてやや疲れるところもありましたが,今年も若さと力強さ溢れる演奏を堪能できました。

PS. 最初に登場した尾崎未空さんですが...一瞬,能年玲奈さんが登場したのかと思ってしまいました。「あまちゃん」の見過ぎですね。

PS2. 演奏会の後,金沢フォーラスに立ち寄ったところ,楽器を持った若者集団とすれ違いました。よく見ると,エール四重奏団の皆さんでした。「ご苦労さん」とでも掛けてあげれば良かったかな...。こういうのは大都市圏ではありえない,金沢ならではの楽しさですね。

2013/08/18

8月後半はいしかわミュージックアカデミー その開講をPRする金沢エキコンに山根一仁さん,上野通明さん,竹田理琴乃さんが登場。暑さと構内アナウンスに負けない素晴らしい演奏でした

8月のお盆休みが終わると,いしかわミュージックアカデミー(IMA)の時期になります。今年の夏は全国的に35度ぐらいの猛暑続きですが,IMAをアピールする金沢エキコンが行われたので聞いてきました。登場したのは,ヴァイオリンの山根一仁さん,チェロの上野通明さん,ピアノの竹田理琴乃さんでした。

Nec_0102

特に山根さんは,日本音楽コンクールで優勝したり,OEKと共演したり十代にして積極的に活動をされている方なので,その演奏を駅の構内で間近で聞けるというのは,後から振り返ると非常に貴重な機会だったのではないかと思いました。

約30分のコンサートのうち前半は山根さんと上野さんのデュオでベートーヴェンとヘンデルの曲が演奏されました。さすがに駅構内での雑踏の中での演奏ということで,マイクを使って演奏していましたが,そのキリっと締まった演奏は大変インパクトがあり,多くの人が足を止めて聞き入っていました。2曲目のヘンデルのパッサカリアは,ハルヴォルセン編曲ということで,どこか現代的な感じがあり,変奏が進むにつれて,色々な技が繰り広げられるような面白さがありました。

後半の竹田さんの方は,まず,ショパンのピアノソナタ第2番の第1,2楽章を演奏しました。こちらも大げさになりすぎることなく,しっかりと音楽を聞かせてくれるような良い演奏でした。間近で聞く演奏は,迫力十分で集中力のある演奏に引き込まれました。ただし,第2楽章の方は消えるように終わり,さらにこの時に構内アナウンスが入ったので(エキコンの宿命ですが),ちょっと残念でした。そう考えると,選曲的にはもう少し軽い曲でも良かったかなとも思いました。

その分,最後に演奏された映画「コクリコ坂」から「さよならの夏」という曲は透明感のある曲で,爽やかな印象を残してくれ,とても良かったと思います。

Nec_0109

恒例の「花束贈呈」に続き,それに応える形でアンコールが演奏されました。

アンコールでは,山根さんと竹田さんの共演でタイスの瞑想曲が演奏されました。既にしっかりとした表現力を持った二人の演奏ということで,大変聞き映えがしました。それと...2人がステージに揃っているだけで「絵になるなぁ」と思いました。

IMA関連のコンサートは,8月20日(火)の18:00からIMAライジングスターコンサートが石川県立音楽堂交流ホールで行われます。今回は独奏だけではなく,室内楽公演も行われるようなので,聞きにいきたいと思いまます。

« 2013年8月11日 - 2013年8月17日 | トップページ | 2013年8月25日 - 2013年8月31日 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック