OEKのCD

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2013年2月3日 - 2013年2月9日 | トップページ | 2013年2月17日 - 2013年2月23日 »

2013年2月10日 - 2013年2月16日

2013/02/13

ラ・フォル・ジュルネ金沢2013「パリ、至福の時」の内容の一部が発表されました。今年は5月3日,4日の2日間にフランス&スペイン音楽のエッセンスが詰め込まれている感じです。#lfjk

ラ・フォル・ジュルネ金沢2013の主要公演の内容が発表されました。今年のテーマは「パリ、至福の時」で,本公演は,5月3日,5月4日の二日間,石川県立音楽堂,金沢市アートホールなどで行われます。

昨年より本公演の長さは1日短くなっていますが,十分に楽しめる内容だと思います。逆に3日間通い詰めるのも結構大変なので(年齢のせい?),2日間に大勢の人が一気に押し寄せるような感じの方が「お祭り感」はアップするかもしれませんね。

本日の記者発表には行けなかったのですが,次のとおり公式サイトでは公演内容が公開されていました(サイトのデザインが2012のままですが..)

http://lfjk.jp/news_2010/topics.cgi?action=201302131916

以下,全体を要約するような形でまとめてみました。

オーケストラの指揮者として登場するのは,次の3人です。
 井上道義
 現田茂夫
 パスカル・ロフェ

オーケストラは次の3つです。オーケストラ・アンサンブル金沢,フランス国立ロワール管弦楽団,大阪フィルハーモニー交響楽団。

演奏される主なオーケストラ作品は次のとおりです。名曲だらけですね。「オルガン付き」は,恐らく東京国際フォーラムでは演奏できないと思うので特に注目でしょうか。

ラヴェル:ラ・ヴァルス,ピアノ協奏曲 ト長調,ボレロ,高雅で感傷的なワルツ,亡き王女のためのパヴァーヌ
ファリャ:「三角帽子」第1組曲
ロドリーゴ:アランフェス協奏曲
ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲,海,月の光
サラサーテ:カルメン幻想曲 op.25
ビゼー:「アルルの女」第1組曲,第2組曲,ビゼー:「カルメン」第2組曲
ベルリオーズ:幻想交響曲 op.14
シャブリエ:狂詩曲「スペイン」
サン=サーンス:交響曲第3番 ハ短調 op.78「オルガン付」,序奏とロンド・カプリチオーソ op.28
オッフェンバック:≪天国と地獄≫より
ラヴェル:オペラ≪子どもと魔法≫

その他,おそらく,オープニングコンサートで何かオーケストラ曲が演奏されると思います。「OEKならあの曲かな」という作品がまだありますね。

ピアニスト,弦楽器奏者も常連の方が中心です。スペインもテーマということで,ギター奏者も登場します。

アンヌ・ケフェレック,ルイス・フェルナンド・ペレス,ジャン=クロード・ペヌティエ,サンヤ・ビジャーク,リディヤ・ビジャーク,広瀬悦子,フィリップ・カサール(以上ピアノ)
キリル・トルソフ(ヴァイオリン),レジス・パスキエ(ヴァイオリン),ロラン・ピドゥ(チェロ),パブロ・サインス・ビジェガス(ギター)

弦楽四重奏団では,モディリアーニ弦楽四重奏団が登場します。

声楽では,びわ湖ホール声楽アンサンブルの皆さん,シャンタル・サントン(ソプラノ)さんが登場します。フランソワーズ・モレシャンさんの朗読が聞けるのは金沢ならではだと思います。

地元のアーティストが登場するエリアイベントの情報はまだ発表されていませんが,こちらにも注目したいと思います。

2013/02/12

第2回『クラシックソムリエ検定』2013年7月7日に開催決定。金沢でも受検できます。

昨年から始まった『クラシックソムリエ検定』ですが,今年の7月7日に開催されます。 その会場ですが,今回は金沢でも受検できるようです(ただし,エントリークラスのみです)。昨年もOEKが法人会員になっていましたので,「今年は金沢でも?」と思っていたのですが,予想どおりでした。詳細は次をご覧ください。

http://www.classicsommelier.jp/release20130212/
http://www.orchestra-ensemble-kanazawa.jp/news/2013/02/277_2.html

それにしても,会場が東京と金沢だけというのは結構すごいかもしれませんね。先日の「社会生活基本調査」のデータではありませんが,金沢の人は結構「新しいもの好き」「習い事好き」ですので,「面白そう」と思う人は多いと思います。

ちなみに公式テキストは,次のとおり電子書籍にもなっています。
http://www.pubooks.jp/item/detail?id=499

OEKやラフォルジュルネなどのPRとタイアップして,石川県立音楽堂などでPR企画を行っても面白い気がします。クラシック音楽のリスナーの裾野拡大に役立つ良い機会ですので,OEKfanでも応援したいと思います(自分でも受けてみるかな?)。

« 2013年2月3日 - 2013年2月9日 | トップページ | 2013年2月17日 - 2013年2月23日 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック