OEKのCD

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 本日の午後は「ピアノ協奏曲の午後」。ショパンの1番2番をはじめ,4曲の協奏曲をOEKとの共演で楽しみました。特に竹田理琴乃さんのショパンの2番は完成度の高い素晴らしい演奏 #oekjp | トップページ | オペラの愉しみ:ラ・フォル・ジュルネ金沢音楽祭2014プレイベント。トロヴァトーレ(ハイライト)を若手歌手の活きの良い声で堪能。エレクトーン演奏も予想以上に効果的 #lfjk »

2014/03/18

オスロ・フィルハーモニー管弦楽団金沢公演。明晰で雄弁,しかも爽快なマーラーの「巨人」。ヴァシリー・ペトレンコさん,これから人気が出そうな指揮者です。諏訪内晶子さんのメンデルスゾーンはバランス感覚抜群の安定した演奏

本日は,この時期恒例の東芝グランドコンサートを聞いてきました。今年は,オスロ・フィルハーモニー管弦楽団が登場しました。オスロ・フィルは1990年代にもこのコンサートで金沢公演を行ったことがあります。その時は,現在,ヨーロッパの複数のメジャー・オーケストラで重要な地位を締めているマリス・ヤンソンスが指揮者として登場しました。ヤンソンスさんの現在の活躍の基礎はこのオスロ・フィル時代にあるのではないかと思っています。

今回の指揮者は,ヴァシリー・ペトレンコさんでした。私自身,生で演奏を聞くのは今回が初めてですが,この東芝グランドコンサートに登場する指揮者は,昨年のヤニック・ネゼ=セガンにしても,その後,どんどん活躍の場を広げていますので,「先物買い」的な楽しみもあります。今回のペトレンコさんの指揮ぶりを見て,今回来て良かったと思いました。今後,どんどん人気が出そうな指揮者だと思います。

最初に演奏されたモーツァルトの「フィガロの結婚」序曲は,日頃OEKで聞いている編成よりはかなり大きかったのですが,演奏の雰囲気自体は,ギュッと引き締まっており,古楽奏法を思わせる雰囲気と密度の高さがありました。

続いて,お馴染み諏訪内晶子さんのソロで,メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲が演奏されました。諏訪内さんの演奏を聞くのは,昨年9月のOEKとの共演以来です。メンデルスゾーンの協奏曲を聞くのは,OEKが金沢市観光会館で定期公演を行っていた時代に岩城さんと共演したのを聞いて以来です(ちなみにこの公演は,伝説的超満員コンサートでした)。

演奏は諏訪内さんらしく,安定感抜群でした。甘くなり過ぎることも,よそよそしくなることもなく,しっかりと息の長いメロディをじっくりと聞かせてくれました。テンポの速くなる第3楽章でも十分にキレの良さを感じさせながらも,慌てた感じはありませんでした。ペトレンコさん指揮オスロ・フィルの演奏も,各楽章ごとに鮮やかに気分が変わっており,一体となって聞きごたえのある音楽を楽しませてくれました。

さて,後半は楽しみにしていたマーラーの交響曲第1番「巨人」です。マーラーの交響曲が金沢で演奏される時は,ほとんど毎回聞きに行っているのですが(と書くほど,頻繁には演奏されないのですが),今回の演奏は特に魅力的な演奏だったと思います。

第1楽章の冒頭部は,通常非常にデリケートな雰囲気で始まるのですが,今日の演奏には神経質な感じはまったくありませんでした。それでいて,とてもよく練られており,楽章が進むにつれて,音量が増し,だんだんと太陽の位置が高くなっていくように華やかさが増していきました。各楽器の音も非常にクリアでした。

第2楽章では,たっぷりとテンポを落とした中間部での緻密な表現と,自然な伸びやかさを感じさせる主部のコントラストが鮮やかでした。第3楽章でも,「哀しくもユーモラス」といった気分のあるコントラバスの独奏をはじめ,各部分の表情が鮮やかに変化をするのが見事でした。

第4楽章はオスロ・フィルの各パートの実力の高さをしっかり実感できました。楽章最初の強烈な一撃をはじめ,オーケストラ全体としての迫力は十分でしたが,それほど重苦しさは感じませんでした(3階席で聞いていたこともあると思います)。弦楽器のカンタービレも,じゅうぶんたっぷりと歌っているのですが,しつこく粘るような感じにはなりません。ペトレンコさんとオスロ・フィルの演奏からは,「巨人」の曲想にぴったりの若々しさを感じました。

ホルン(8本もいました)やトランペットなど,金管楽器の鮮やかさも素晴らしく,テンポをさらに一段階アップしたようなコーダ部分での若々しい表現にぴったりでした。

ちなみにコーダ部分でホルン奏者たちは,「全員起立」していました(別の部分ではベルアップも行っていました。)。音響的にそれほど効果に差はないと思いますが,実演でやってくれると,聞いている方の気分も盛り上がりますね。

アンコールでは,ブラームスのハンガリー舞曲第6番が演奏されました。最後の部分で茶目っ気を見せてくれるなど,ペトレンコさんの緩急自在の指揮ぶりをオーケストラ自体も楽しんでいるようなアンコールにぴったりの演奏でした。

というわけで,聴衆も大喜びの素晴らしい演奏でした。ペトレンコさんは,NAXOSからショスタコーヴィチの交響曲全集(?)のCDも出しているようですが,機会があれば,ロシア音楽なども聞いてみたいものです。

« 本日の午後は「ピアノ協奏曲の午後」。ショパンの1番2番をはじめ,4曲の協奏曲をOEKとの共演で楽しみました。特に竹田理琴乃さんのショパンの2番は完成度の高い素晴らしい演奏 #oekjp | トップページ | オペラの愉しみ:ラ・フォル・ジュルネ金沢音楽祭2014プレイベント。トロヴァトーレ(ハイライト)を若手歌手の活きの良い声で堪能。エレクトーン演奏も予想以上に効果的 #lfjk »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 本日の午後は「ピアノ協奏曲の午後」。ショパンの1番2番をはじめ,4曲の協奏曲をOEKとの共演で楽しみました。特に竹田理琴乃さんのショパンの2番は完成度の高い素晴らしい演奏 #oekjp | トップページ | オペラの愉しみ:ラ・フォル・ジュルネ金沢音楽祭2014プレイベント。トロヴァトーレ(ハイライト)を若手歌手の活きの良い声で堪能。エレクトーン演奏も予想以上に効果的 #lfjk »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック