OEKのCD

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« ラ・フォル・ジュルネ金沢2014 5月3日の締めは,カンタさんを中心としたマルティヌー特集。カンタさんの真骨頂を発揮した素晴らしい公演。野外公演の後の室内楽,というのも落ち着きます。#lfjk | トップページ | 石川県立音楽堂入口に井上道義さんからのメッセージ。そして井上道義さんへのメッセージボード。アヒル型の台紙が嬉しいですね。#lfjk »

2014/05/04

ラ・フォル・ジュルネ金沢2014 本公演開始。デュベ,広上淳一/京都市響,成田達輝,萩原麻未,ヴィルタスクワルテット,クニャーゼフ&三ツ橋敬子,石井楓子&OEKメンバー...今年も浸っています。#lfjk

ラ・フォル・ジュルネ金沢2014の本公演が始まりました。石川県立音楽堂およびJR金沢駅周辺は例年通りの賑わいを見せていました。次の写真のような感じです。

Shjomen2
↑LFJKのエリアイベントに欠かせない筒井裕朗さんを中心とした四重奏が演奏中

Nigiwai0504

午前中の大阪桐蔭高校吹奏楽部のコンサートホールでの演奏も聞いてみたかったのですが,「連日だと体力が持たない」と思い,本日は午後からスタートしました。

まず,ジャン・デュベさんによるリストのピアノ曲集。リストのスペシャリストによる安心して聞ける演奏。特に自身の編曲によるハンガリー狂詩曲第19番がお見事。その後,サインも頂きました。

次に本日,いちばんの楽しみにしていた広上淳一指揮京都市交響楽団によるスメタナの連作交響詩「わが祖国」からの4曲。本来,井上道義さんが指揮するはずだったプログラムですが,思わぬ形で常任指揮者の広上さんが指揮することになりました。どの曲も非常にスケールの大きな表現で,京響のサウンドと音のドラマを存分に堪能しました。さすが広上さんという素晴らしい演奏でした。

アートホールに移動し,成田達輝&萩原麻未によるヤナーチェクとドヴォルザークの作品集。この公演では,まず成田さんの音の充実感に圧倒されました。音の迫力,切れ味がダイレクトに伝わって来ました。萩原さんの色彩感と包容力豊かなピアノとの相性もぴったりでした。大器2人による聞きごたえ十分の室内楽はでした。

その後はOEKの公演があったのですが,今回はそれには行かず,軽食を食べながら,エリアイベントをハシゴしました。これは別に紹介しましょう。

再度,アートホールに戻り,ヴィルタス・クワルテットの公演へ。スメタナの「わが生涯より」とバルトークの弦楽四重奏曲第3番という,やや辛口プログラム。バルトークの方は,非常に前衛的な響きで,何だか分からないうちにその切れ味に圧倒されてしました。「わが生涯より」の方は,スメタナの生涯を弦楽四重奏として描いたような作品。こちらも迫力たっぷりの変化に富んだ音のドラマになっていました。

コンサートホールに戻り,本日2回目の京都市交響楽団の公演。今度は三ツ橋敬子さん指揮でアレクサンドル・クニャーゼフさんとのドヴォルザークのチェロ協奏曲。クニャーゼフさんは,かなり没入して,熱い音楽を聞かせるチェリストで,三ツ橋さんは合わせるのが大変だったかもしれませんが,三ツ橋さんの方もそれに負けないアグレッシブな響きを作り,とてもスリリングな演奏となっていました。最後に演奏されたハンガリー狂詩曲第2番も起伏に富んだ,元気いっぱいの演奏でした。

三ツ橋さんの指揮ぶりは,動きに力感があり,腕が下から上へとダイナミックに動くことが多かったので,見ているだけで躍動感を感じました。明日午前中のOEKとの「ダンス・プログラム」は,井上音楽監督に負けないフットワークの軽さを見せてくれそうです。

本日の締めは邦楽ホールでの石井楓子さんとOEKメンバーによる室内楽。最初に石井さんが独奏した「ル・マル・デュ・ペイ」は,昨年出た村上春樹の小説で急に有名になった作品です。石井さんの演奏には,ミステリアスであると同時に清潔感があり,小説を読むような感じで,しっかりはまって聞いてしまいました。

後半のブラームスのピアノ五重奏曲は,OEKの首席奏者たち,特にアビゲイル・ヤングさんの熱い演奏に圧倒されました。今回はかなり前の席で聞いていたこともあり,一緒に演奏に参加しているような感じで聞いてしまいました。その分,石井さんのピアノはやや奥に引っ込んでいるように聞こえました。この辺はやはり年季の違いかもしれませんね。

というようなわけで,本公演1日目は,12:00から21:00まで9時間音楽堂周辺で音楽に浸ることができました。明日は10:00から始動予定です。

« ラ・フォル・ジュルネ金沢2014 5月3日の締めは,カンタさんを中心としたマルティヌー特集。カンタさんの真骨頂を発揮した素晴らしい公演。野外公演の後の室内楽,というのも落ち着きます。#lfjk | トップページ | 石川県立音楽堂入口に井上道義さんからのメッセージ。そして井上道義さんへのメッセージボード。アヒル型の台紙が嬉しいですね。#lfjk »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ラ・フォル・ジュルネ金沢2014 5月3日の締めは,カンタさんを中心としたマルティヌー特集。カンタさんの真骨頂を発揮した素晴らしい公演。野外公演の後の室内楽,というのも落ち着きます。#lfjk | トップページ | 石川県立音楽堂入口に井上道義さんからのメッセージ。そして井上道義さんへのメッセージボード。アヒル型の台紙が嬉しいですね。#lfjk »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック