OEKのCD

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 音楽堂室内楽シリーズ第2回いしかわミュージックアカデミーIMAチェンバーコンサート 今年も充実。ショーソンのヴァイオリン,ピアノと弦楽四重奏のための協奏曲は隠れた名曲かも | トップページ | IMA環日本海交流コンサート ライジング・スターたちによる若手奏者たちによる華麗なガラ・コンサート。やはり神尾真由子さんの「揚げひばり」が絶品でした。 #oekjp »

2014/08/22

IMAライジングスターコンサート2014 今年も若いアーティストたちの充実の演奏を間近で楽しむことができました

いしかわミュージックアカデミー(IAM)の恒例の演奏会となっているライジングスターコンサートを聞いてきました。例年はかなり長いコンサートになるのですが,今年は出演者数がやや少な目で,2時間強の長さでした。

登場したのは若手のヴァイオリン,チェロ,ピアノ奏者と弦楽四重奏,ピアノ三重奏でした。会場の交流ホールは奏者を間近に感じることができるので,気力十分の若手奏者たちの演奏をじっくり楽しむことができました。

今回は8人・グループ,9曲が演奏されました。技術的な面については,私が書くまでもなく見事な演奏ばかりでしたが,その印象がそれぞれに違うのが面白いところです。特に印象に残ったのは,次の演奏です。

ミンギョン・キムさんによる老練といってよいほどの落ち着きと押し出しの強さのあったサン=サーンスのハバネラ,周防亮介さんによる思い切りよく引ききったミルシテインのパガニーニアーナ,若々しい伸びやかさに満ちた上野通明さんによるブラームスのチェロ・ソナタ第2番,ジヨン・イムさんによる丁寧さと強靭さが鮮やかに切り替わる序奏とロンド・カプリチオーソ

その中でいちばん完成度が高いと感じたのが最後に演奏された,ヴァイオリンの毛利文香さんを中心としたモーツァルトのピアノ三重奏曲第5番でした。古典派の曲らしい端正な雰囲気の中に瑞々しさが溢れていました。他の曲に比べると地味目の曲でしたが,全く物足りないところはなく,曲の良さがしっかり伝わってきました。

8月26日には今回登場した周防亮介さん,ミンギョン・キムさんを含む若手アーティストに加え神尾真由子さんが登場し,OEKと共演します。この日はうまい具合に休めそうなので,こちらも聞きに行ってみたいと思います。

« 音楽堂室内楽シリーズ第2回いしかわミュージックアカデミーIMAチェンバーコンサート 今年も充実。ショーソンのヴァイオリン,ピアノと弦楽四重奏のための協奏曲は隠れた名曲かも | トップページ | IMA環日本海交流コンサート ライジング・スターたちによる若手奏者たちによる華麗なガラ・コンサート。やはり神尾真由子さんの「揚げひばり」が絶品でした。 #oekjp »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152606/60192467

この記事へのトラックバック一覧です: IMAライジングスターコンサート2014 今年も若いアーティストたちの充実の演奏を間近で楽しむことができました:

« 音楽堂室内楽シリーズ第2回いしかわミュージックアカデミーIMAチェンバーコンサート 今年も充実。ショーソンのヴァイオリン,ピアノと弦楽四重奏のための協奏曲は隠れた名曲かも | トップページ | IMA環日本海交流コンサート ライジング・スターたちによる若手奏者たちによる華麗なガラ・コンサート。やはり神尾真由子さんの「揚げひばり」が絶品でした。 #oekjp »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック