OEKのCD

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 12月上旬の金沢はバレエウィーク OEKの演奏で12/6「くるみ割り人形」と12/9プロコフィエフ「シンデレラ」が上演されます #oekjp | トップページ | パルカル・ロフェ指揮OEKによるフランス音楽特集。辻井伸行さんの熱くなり過ぎないラヴェルのピアノ協奏曲をはじめ,どの作品も曲想にぴったりの気持ちの良い演奏。#oekjp »

2014/09/08

今宵は中秋の名月。金沢市の山間部 湯涌の民家で行われた「お月見の夕べコンサート」へ。筒井裕朗さんのサクソフォンと松原智美さんのアコーディオン演奏で明るい月夜の中多彩な曲を楽しんできました。

本日は中秋の名月。毎年,この日に金沢市の山間部にある湯涌温泉では「お月見の夕べコンサート」を行っています。今年は「金沢ナイトミュージアム」の一環として行われました。実は今日の昼までは行く予定ではなかったのですが,開始時刻が夜の20:15で,月見に最高の天候ということで,夕食を食べた後,車で出かけてきました。

P1080512s
↑手前にカカシ,民家の上に満月 という一句詠みたくなる(?)ような光景でした。

金沢市の場合,山の方に向かって車で20~30分ほど走ると結構,山奥のような景観になります。このコンパクトさが暮らしやすさにつながっていると思います。

今晩はこの湯涌温泉の中の金沢湯涌江戸村の中の藁葺民家の中でサクソフォンとアコーディオンによる演奏が行われました。登場したのは,金沢ではすっかりおなじみのサクソフォン奏者,筒井裕朗さんのと大阪から来られたアコーディオン奏者の松原智美さんでした。

P1080506s
↑囲炉裏のある広い座敷のような場所で演奏されました。戸を全部外すとかなり開放的な感じになるのも日本家屋の面白いところです。

どちらも純粋なクラシック音楽専用の楽器というよりは,どの分野でも対応可能な幅の広さを持っていますので,今晩も,現代音楽のグバイドゥーリナの特殊奏法満載の曲から,月夜にぴったりの「荒城の月」「星めぐりの歌」,見せ場満載のモンティのチャールダッシュと,45分ほどの中で多彩なプログラムを聞かせてくれました。

この中で気に入ったのは,もともとはギターとフルートのために書かれたピアソラの「タンゴの歴史」の中の1曲でした。ピアソラといえば,バンドネオンですが,アコーディオンは十分その代役になるし,サクソフォンは,フルートにない艶のようなものがあります。

こういった演奏を奏者の息の音はキーの音がパタパタと聞こえるような間近で楽しむことができました。週の初めから,金沢ならではの贅沢な時間を過ごすことができました。「お月見@湯涌」はこれからもチェックしておきたいと思います。

« 12月上旬の金沢はバレエウィーク OEKの演奏で12/6「くるみ割り人形」と12/9プロコフィエフ「シンデレラ」が上演されます #oekjp | トップページ | パルカル・ロフェ指揮OEKによるフランス音楽特集。辻井伸行さんの熱くなり過ぎないラヴェルのピアノ協奏曲をはじめ,どの作品も曲想にぴったりの気持ちの良い演奏。#oekjp »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 12月上旬の金沢はバレエウィーク OEKの演奏で12/6「くるみ割り人形」と12/9プロコフィエフ「シンデレラ」が上演されます #oekjp | トップページ | パルカル・ロフェ指揮OEKによるフランス音楽特集。辻井伸行さんの熱くなり過ぎないラヴェルのピアノ協奏曲をはじめ,どの作品も曲想にぴったりの気持ちの良い演奏。#oekjp »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック