OEKのCD

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014/10/31

石川県立音楽堂室内楽シリーズで平均律+展覧会の絵を上杉春雄さんのピアノを聞いてきました。自信に満ちた明晰な演奏に加え,トークも大変充実

本日は音楽堂室内楽シリーズとして行われた上杉春雄さんのリサイタルを聞いてきました。上杉さんは,医師でありながら,ピアニストとしての活動も続けている異色のピアニストですが,その演奏は正攻法で,長年に渡り,作品に真摯に向き合っていることがしっかりと伝わってくるような演奏を聞かせてくれました。

今回のプログラムは前半がバッハの平均律クラヴィーア曲集第1巻の1~8番,後半がムソルグスキーの「展覧会の絵」全曲でした。今回の公演は,石川県立音楽堂交流ホールで行われたのですが,そのステージと客席との距離の近さを生かし,上杉さんのトーク(というよりはレクチャーでしょうか)を聞いた後,曲を楽しむという構成でした。それが大変良かったと思います。

今回の上杉さんによる曲目解説が素晴らしく,バッハのこの曲集が4曲単位で一つのまとまりになっていることや,「展覧会の絵」が「殻をつけたひな鳥の踊り」を中心にシンメトリカルに曲が配列されていることなど,なるほどという情報が満載の内容でした。

それに加え,上杉さんのトークの内容も充実していました。しっかりとした形のある美術と何かとらえどころのない時間芸術である音楽との関係であるとか,知的な好奇心を刺激してくれるような内容を大変分かりやすく,穏やかな口調で語って頂きました。

その後に聞く音楽も聞きごたえがありました。

前半のバッハでは,4曲目,8曲目の短調作品が特に聞きごたえがありました。4曲目は,コンパクトにまとまった受難曲であるとか,8曲目は深い諦観の伝わってくるようなサラバンドであるとか,この取っつきにくそうな曲集の各曲ごとの個性を感じ取ることができました。上杉さんは,平均律の全曲演奏をライフワークとされているとのことですので,是非,9曲目以降も上杉さんの解説付きで聞いてみたいものです。

後半の展覧会の絵は,上杉さんが14歳(!トークではそう語っていました)の頃からずっと弾き続けている曲で,完全に手の内に入った見事な演奏を聞かせてくれました。上杉さんのピアノには,大げさな身振りはなく,衒いなく曲の核心に迫ろうとする率直さがあります。間近で聞くピアノの音には引き締まった力感があり,「絵画」というよりは,彫りの深い,大理石のギリシャ彫刻を間近で見るような,惚れ惚れとするような鮮やかさがありました。

きっと,医師を続けているからこそ実現できるような表現もあるのだと思います。その幅広い教養に支えられたような演奏は,独自の境地と言って良いものかもしれません。この続編企画として,平均律パート2にも期待したいと思います。アンコールでゴルトベルク変奏曲のアリアが演奏されましたが,この変奏曲の全曲,というのも聞いてみたいものです。

2014/10/30

待望のネヴィル・マリナー指揮OEK。若々しくニュアンス豊かな,珠玉のモーツァルト。工藤重典さんの高級感溢れる演奏もお見事でした。 #oekjp

10月末~11月上旬にかけて,イギリスの指揮者,ネヴィル・マリナーさんがOEKを指揮します。マリナーさんといえば,1960年代以降,アカデミー室内管弦楽団と大量のレコーディングを行い,LPレコード全盛期を象徴する指揮者の一人として大変有名な方です。室内オーケストラ界(こういう業界があるか分かりませんが)の大スターの登場ということで,OEKの歴史の中でもマイル・ストーンになる演奏会と言えます。そして,その期待どおりの素晴らしい演奏を聞かせてくれました。

マリナーさんは,フィルハーモニーとマイスターの両方に連続して登場します(マリナー・ウィークですね)が,本日のフィルハーモニーは,オール・モーツァルトでした。今年90歳のマリナーさんが,OEKと聞かせてくれたモーツァルトは,まさに珠玉の演奏でした。

プログラムは,交響曲第35番「ハフナー」-フルート協奏曲第1番ー交響曲第39番というシンメトリカルな構成でした。モーツァルトはOEKにとっても基本的なレパートリーで,過去何回も演奏していますが,今日の演奏は特に魅力的な演奏だったと思います。マリナーさんとOEKとの素晴らしいコラボレーションにより,そんなに大げさなことはしていないのに,しっかりと味わい深さが伝わってくる,熟練の演奏を聞かせてくれました。

マリナーさんは,ステージへの出入りの際の足取りはかなりゆっくりとしていましたが,非常に力強いもので,全曲を立ったまま指揮されていました。その姿を見るだけで勇気づけられました。テンポ設定は,両交響曲とも第1楽章の主部にどっしりとした感じがあり,ベテラン指揮者らしい貫禄を感じましたが,全曲を通じ,瑞々しさや若々しさを感じさせてくれるような演奏でした。

この日のコンサートミストレスのアビゲイル・ヤングさんが,マリナーさんをサポートするように,アンサンブルを引き締めているようなところがあり,老巨匠を支えてやろう,というリスペクトの気分が美しく若々しい音となって表れていました。

特に最後に演奏された第39番は,バロック・ティンパニの古楽風のスパイスを加えた清新な気分としっとりとした落ち着いた気分とが共存した,素晴らしい演奏だったと思います。第4楽章の快速・軽快な演奏は,90歳の指揮者とは思えない若々しさのある演奏で,この曲の精神にピタリと一致していました。

第35番「ハフナー」の方は,OEKが特によく演奏している曲ですが,今回はクラリネットとフルートを抜いた初稿による演奏でした(OEKが演奏するのは初めて?)。そのせいか,祝祭的な気分は少し薄れ,質実で率直な気分のある演奏になっていたと思います。

どちらも,大げさなことはしていないのに,ニュアンスが豊かで,薄味だけれどもしっかり味が染みているような,熟練の演奏でした。マリナーさんのモーツアルトに対する愛情が伝わるような珠玉の演奏だったと思います。

2曲目に演奏された,OEKの特任首席奏者を務める工藤重典さんの独奏によるフルート協奏曲第1番では,豊かで高級感のある工藤さんのフルートを中心に聞きごたえのある音楽を聞かせてくれました。マリナー/OEKの若々しい演奏とのコラボレーションも素晴らしく,聞き終わった後,幸福感の残るような後味の良さがありました。

アンコールは,工藤さんの独奏のアンコールを含め,2曲演奏されました。両方とも定番曲でしたが,後でレビューの時にご紹介しましょう。

実は,マリナーさんについては,大量のCDを残している印象から,「ソツのない演奏をする指揮者」という先入観を持っていたのですが,今回の味わい深い演奏を聴いて印象が変わりました。是非,またOEKとの共演を期待したいと思います。

マリナーさんは,高齢なので,今日はサイン会があるのか,半信半疑なところがあったのですが,うれしいことに終演後にサイン会が行われました。大変長い列になっており,マリナーさんの人気がよく分かりました。サインをいただくとき「マリナーさんのモーツァルトを聴くのが夢でした」のようなことを言ってみたら,大変嬉しそうな顔をされました。その表情を見て「ちょっと岩城さんのクチャクチャとした笑顔」に似ているかなと思いました。というわけで,一気にマリナーさんへの親近感の増した演奏会でした。

2014/10/19

ベスト・オブ・ベートーヴェン@石川県立音楽堂。熱情,月光,悲愴,ワルトシュタインを4人の演奏で楽しんだ後,菊池洋子+近藤嘉宏による2台のピアノ版第九。凄いものを聞かせてもらいました。

今年初めての企画として,ベートーヴェンのピアノ・ソナタ4曲+第九交響曲(2台ピアノ版)を約半日で聞く「ベスト・オブ・ベートーヴェン」という演奏会が行われたので聞いてきました。登場したピアニストは,菊池洋子さん,近藤嘉宏さんというラ・フォル・ジュルネ金沢などでお馴染みの2人と,北陸出身の若手ピアニストの木米真理恵さんと塚田尚吾さんでした。

コンサートIが木米さんの「熱情」,菊池さんの「月光」。コンサートIIが塚田さんの「悲愴」,近藤さんの「ワルトシュタイン」。コンサートIIIが菊池さんと近藤さんによる第九でした。非常に高級感と奥行の深さのある菊池さんの「月光」,前進するスピードと威厳に溢れた近藤さんの「ワルトシュタイン」。そして2人の若手による,正攻法の「熱情」「悲愴」。それぞれに良かったのですが,この日のハイライトは何といってもピアノ2台版第9でした。

演奏前のトークで近藤さんが「とにかく音符の数が多い」とおっしゃられていましたが,本当にそのとおりで約70分間,弾きどおしという感じの凄い演奏を聞かせてくれました。特に第4楽章が聞きものでした。まず,第4楽章最初のオーケストラだけによる演奏の部分と独唱や合唱が加わってからの部分がしっかり描き分けられていたのが素晴らしいと思いました。バリトンの独唱の部分など,朗々と歌っている感じが伝わってきました。

楽章の後半はオーケストラ+合唱ということで,本当に音の数が多く,動きが速く,本当にスリリングでした。演奏が終わったときは,聞いている方も演奏している方も「お互いにお疲れ様」という,なんとも言えない一体感を感じました。

それだけお二人の演奏は集中していたし,そのことがお客さんの方にもしっかり伝わっていました。ほとんどマラソンとかトライアスロンとかに近い,体育会系の雰囲気もありましたが,滅多に聞けない凄いものを聞かせてもらったという,心地よい疲労感を感じました。

このベスト・オブ・ベートーヴェンの企画ですが,各コンサートの間に成本理香さんによる分かりやすい解説や木米さんや塚田さんへのインタビューが入るなど,色々と工夫がされていました。ぜひ,「秋の熱狂の日」という感じで続けていってほしいと思います(さしずめ,ラ”フォール”ジュルネといったところでしょうか)。最後の第9はその雰囲気にふさわしい演奏だったと思います。

2014/10/12

ワレリー・ゲルギエフ指揮マリインスキー歌劇場管弦楽団金沢公演 十八番の「悲愴」は1~4楽章まで一気に演奏された強い音楽。ネルソン・フレイレによる王道を行くブラームスも見事

金沢に登場するのが初めてとなる,ワレリー・ゲルギエフ指揮マリインスキー歌劇場管弦楽団金沢公演が石川県立音楽堂で行われたので聞いてきました。今世界でいちばん知名度の高い指揮者(多分)の登場ということで,お客さんはよく入っていました(ただし満席ではありませんでした)。

非常にハードなツァーを行っているせいか,リハーサル時間が開演20分ぐらいまで続いていましたが,さすがという演奏を聞かせてくれました。ロシアのオーケストラというと,ややローカルで荒々しい演奏をする印象があるのですが,マリインスキー劇場管弦楽団は,少々意外なほど,しっかりコントロールされたまとまりの良い音を聞かせてくれました。

特に「悲愴」は,私が言うのも変なのですが,あまりロシア的な臭いのしない,「純音楽的交響曲」といった演奏だったと思います。基本的に楽章の間のインターバルをほとんどおかず,全4楽章を一まとまりに聞かせようという意図が感じられました。

特に独特だったのが第3楽章です。一般的にはシンバルや大太鼓を盛大に炸裂させるようなイメージがあるのですが,打楽器を抑制し,速いテンポですっきりと駆け抜ける「中間楽章」として位置づけていました。恐らく「物足りない」と感じた人もいたのではないかと思います。

その分,「第3楽章が終わったら,全曲が終わった感じ」という「よくあるパターン」には全くなっていませんでした。第2楽章も比較的スムーズに流れていましたので,両端楽章に重点を置いた,古典的な交響曲を聞いたような印象を持ちました。特に第4楽章にクライマックスを置いていたのではないかと思います。感情的に泣き崩れるような感じはなく,最後の部分もどこか,運命に立ち向かうような力強さを感じました。

この「悲愴」は,このコンビにとってはもっとも頻繁に演奏している十八番的な作品だと思います。実際,ゲルギエフの指揮の動作は非常に少なく,この曲を熟知しているオーケストラに「いつも通りやってくれ」という感じで任せていたように見えました。特に第3楽章は,テンポの変化のない部分はほとんど手を動かしていないように見えました(目で指揮していた?)。ギアを切り替える部分だけ手を動かしているという感じでした。

ずっと以前,エフゲニー・スヴェトラーノフがソヴィエト国立交響楽団(古い!)を指揮して「悲愴」を演奏するのを聞いたとき,「ほとんど指揮をしない」のを見た覚えがありますが,結びつきの強いコンビならではの演奏だったと思います

それで緊張感が薄れるわけではなく,コンサートマスターを中心に,充実感溢れる演奏を聞かせてくれました。一般的に私たちが聞いている,大げさな「悲愴」とは一味違う,自信に溢れた「悲愴」だったのではないかと思います。

前半に演奏されたブラームスのピアノ協奏曲第2番では,ソリストとしてベテランピアニスト,ネルソン・フレイレさんが登場しました。フレイレさんは,小細工をすることなく王道を行くようなピアノを聞かせてくれました。音には十分な輝きと力感があり,特に前半ではスケール感たっぷりの演奏を聞かせてくれました。反対に第3楽章では,オーケストラと一体になったような,室内楽的な雰囲気のある演奏を聞かせてくれました。

ゲルギエフさんとオーケストラのフレイレさんに対する尊敬の気持ちが伝わってくるような演奏だったと思います。

前半のアンコールで演奏されたグルックの曲での染み渡る音の美しさも印象的でした。フレイレさんについては,機会があれば,ぜひ,リサイタルも聞いてみたいものです。

今回のゲルギエフ指揮マリインスキーの演奏会は,得意の「悲愴」ということで,自信たっぷりの演奏でしたが,個人的には別のプログラムも聞いてみたかったなと思います。

PS. 今回,久しぶりに楽屋口で”出待ち”をしました。かなり大勢の人が待っていましたが,その甲斐あってゲルギエフさん,フレイレさんのサインをいただくことができました。家宝にしたいと思います。

2014/10/10

Special "Malambo" Night! ?OEKはアロンドラ・デ・ラ・パーラさんにすっかり乗せられました。真にピュアなチャールズ・ナイディックさんのクラリネットも忘れられません #oekjp

10月10日,元「体育の日」の夜に行われたOEK定期公演は,スポーツをした後のような爽快な汗が残る,これまでにない演奏会となりました。指揮は今回がOEK初登場のメキシコ出身の若手指揮者,アロンドラ・デ・ラ・パーラさんでした。デ・ラ・パーラさんは,ユニクロのCMにも登場されているだけあって,いかにも都会的に洗練されたファッショナブルな雰囲気を持った女性でした。指揮の動作も大変大きく(手がとても長く,後ろから見ていても引き込まれそうでした),OEKを見事にドライブしていました。

プログラムは,ファリャ,コープランド,マルケス,ピアソラ,ヒナステラと,これまでのOEKの定期公演では聞いたことのないラテン系の曲が並びました。特に後半の3曲は,どれもOEKが演奏するのは今回が初めてだったのではないかと思います。室内オーケストラが演奏するにはやや編成が小さいのかもしれませんが,大変スリムなデ・ラ・パーラさんのスタイルにぴったりの軽快さと透明感があり,会場は大変盛り上がりました。

後半の曲はどれも楽しかったのですが,やはり最後に演奏された,ヒナステラのエスタンシア組曲が鮮やかでした。第1曲目からリズムの饗宴という感じで,変拍子を含むようなラテン系のリズムが続き,コンサートホールを南米の気分に変えてくれました。特に終曲のマランボが印象的でした。バーンスタインの「ウェストサイド物語」の「アメリカ」とちょっと似た感じの「タタタタタタ,タータータ」というリズムが執拗に繰り返され,一種トランス状態のような気分にさせてくれました。

ただし,デ・ラ・パーラさんとOEKの演奏は実は冷静で,精密な機械のようにカッチリと聞かせてくれました。それでも自然に熱を帯びてくる感じが印象的でした。

そしてアンコールです。マランボの一部が再度演奏されたのですが,今度は「みなさんご一緒に」ということで,全員(ほとんどの人が立っていた印象)総立ちになって,「揺れて」「飛んで」という状態になりました。デ・ラ・パーラさんは,青島広志さん以上にお客さんを乗せるのが上手かもしれません。こういう雰囲気の定期演奏会は初めてかもしれません。

OEKの方もノリノリで,ホルンも揺れる,パーカッションも揺れる,チェロは回る...とほとんど「のだめカンタービレ」のような世界になっていました。

前半に登場したチャールズ・ナイディックさんのクラリネットも忘れられません。一見,「ふつうのおじさん」(失礼しました)という感じで,我ながら,非常に親しみを持ってしまったのですが,その演奏は大変純粋かつミステリアスで,その音を聞くだけで演奏に引き込まれました。コープランドのクラリネット協奏曲は,同じコープランドの「アパラチアの春」と似た感じの部分があります。そのアーリー・アメリカン+ジャズっぽい気分がしっかり伝わってきました。本当に良い曲だと感じさせてくれました。

というわけで,週末の疲れを一気に消し去ってくれる演奏会でした。特にデ・ラ・パーラさんの指揮ぶりは忘れられません。復活した井上道義さんとの競演を見たくなるような,華やかな指揮ぶりでした。是非,OEKとの再共演に期待したいと思います。

2014/10/09

Happy Birthday 金沢21世紀美術館! 10周年謝恩会の後,無料開放。OEKメンバーによる室内楽演奏も行われました。 #oekjp

10年前には予想もしなかったことですが,あっという間に金沢を代表する名所になった金沢21世紀美術館。本日はその10歳の誕生日で,夕方から謝恩会が行われました。友の会メンバーには謝恩会用の500円分のフード&ドリンク券が行われたので,参加してきました。

秋元館長の挨拶,山野金沢市長による乾杯に続き,メープルハウス特製のマルビーバースデーケーキが登場。これがいちばん盛り上がっていたようです。

Snec_0641

その後,ビール+軽食を取った後,本日のお目当てである,OEKメンバーによる室内楽演奏を聞いてきました。
これは,定期的に行っているmusic@artシリーズの一環で,今回は,トロイ・グーキンズさん,ヴィルジル・ドゥミヤックさん,古宮山由里さん,ソンジュン・キムさんによる”4カ国四重奏”で40分程度演奏が行われました。

Snec_0648

演奏は,”写真撮影の定番スポット”の一つ,マイケル・リンの作品前の交流ゾーンで行われました。下の写真は20:00~の公演の最初の方に撮影したものですが,本当に間近で聞くことができ,(ロッキング・チェアに座っていたこともあり)大変贅沢な気分を味わうことができました。

Snec_0675

最初にモーツァルトの弦楽四重奏曲第4番がシャキッと演奏された後は,世界各国をめぐるように,色々な音楽が演奏されました。グラズノフのワルツは,トロイさんも「初めて聞く人も多いと思います」と語っていたとおり,かなり珍しい作品でした。バレエ音楽に出てきそうなワルツで,新鮮な気分がありました。

フランス出身のドゥミヤックさんの希望で演奏された「枯葉」は,最近,倉知竜也さんによって編曲されたもので,このドゥミヤックさんの技をしっかり味わうことができました。曲の最後の方に,一瞬,奥村チヨの「終着駅」の中の「落ち葉の舞い散る停車場は」のメロディが出てきたり,とても面白い編曲だったと思います。

最後にグレンミラーのムーンライト・セレナードが演奏されました。ソンジュン・キムさんが,ほとんど全編ピツィカートで伴奏する上に気持ちよく弦楽器のメロディが流れていくような心地よい音楽を楽しむことができました。

さてそのあとですが,「好奇心の祝宴」なる怪しげな「テイスティング」企画を光庭で行っていたので参加してきました。赤い照明に照らされる中,ほとんど瞬きをしないような,下の写真のようなスーツのお兄さんが持ってくるお菓子を食べる,というものです。

Snec_0670

食べてみると,何かのスナック菓子に何かの香辛料が掛かっているような,かなりスパイシーな味でした。後からじわじわ刺激が増してくるような感じでした。音楽も美術も「好奇心が肝心」というところでしょうか。

その他,21美の白い壁面を使ってプロジェクション・マッピングのようなこともやっていました。

Snec_0681

下の写真は,21美の中の「好きなポイント」を旗に書いて,ケーキのように刺すという企画でした。こちらもバースデーケーキのように見えます。

Snec_0662

私にとっての21美は,設計のコンセプトどおり,「公園のような存在」です。用事がなくても,なんとなく通り過ぎるのが習慣になっています。

今度の週末~連休は色々と21美周辺でイベントが行われるようなので,また出かけてみたいと思います。今では「21世紀美術館のない金沢は考えられない」状態ですが,この美術館を建設しようと最終的な決断した山出元金沢市長は,相当勇気が必要だったことでしょう。一種の賭けのようなものだったと思いますが,成功して本当に良かったと思います。

個人的にはOEKと21世紀美術館は,「兄弟」のような存在だと思っています。または,金沢市が太陽系だとすれば,そこに含まれる2つの惑星のような存在と言えるかもしれません。石川県立音楽堂の中に美術が入り込み,21美の中に音楽が流れる...井上道義さんの力もあり,この両者のコラボレーションはうまく行っていると思います。これからも相乗効果で金沢のアートの世界を生き生きと盛り上げていってほしいと思います。

2014/10/03

ヴァイオリンの和波孝禧,チェロの岩崎洸,ピアノの土屋美寧子,ベテラン3人の奏者による,渋さとパワー全開の室内楽を聞いてきました。

金曜日の夜,金沢市アートホールで行われた,ベテラン奏者たちによる室内楽の演奏会を聴いてきました。今回登場したのは,ヴァイオリンの和波孝禧 さん,チェロの岩崎洸さん,ピアノの土屋美寧子さんでした。岩崎さんの演奏を実演で聞くのは,(多分)2回目ですが,和波さんと土屋さんの演奏を聴くのは今回が初めてです。

今回演奏された曲には,それほど有名な作品はなかったのですが,小ホールで聴く演奏は,どの曲も味わい深く,自信にあふれていました。ソリストの組み合わせによる室内楽の楽しさと充実感を味わうことのできた,素晴らしい演奏会でした。「こういう演奏会を聴きたかったんだ」とつくづく実感しました。

プログラムの構成も大変よく考えられていました。前半にコダーイのヴァイオリンとチェロのためのデュオとメシアンのピアノのための前奏曲「鳩」「風に映える陰」というちょっと歯ごたえのある作品が演奏された後,チェロとピアノのための親しみやすい小品が2曲,ヴァイオリンとチェロのための小品が2曲演奏されました。そして,最後にこの日のメインプログラムのブラームスのピアノ三重奏曲第3番が演奏されました。2時間の演奏会の中に,色々な要素が詰め込まれた,大変贅沢な演奏会だったと思います。

演奏された曲の中では,やはり最後のブラームスが大変立派な演奏でした。岩崎さんのチェロと和波さんのヴァイオリンが重なり合ったときの音が非常に重厚で,室内楽とは思えないスケール感を感じました。そして,この2人を土屋さんのピアノがきっちり引き締めていました。実演で聞くのは初めての曲でしたが,力感と抒情性がバランスよく共存した見事な演奏でした。

途中に演奏された,「小品集」も聞きごたえがありました。岩崎さんのチェロの線の太いたくましい演奏は,カサドの曲の,濃さのあるラテン的な感じにぴったりでした。和波さんの演奏では,ヴィエニャフスキのポロネーズが印象的でした。全身全霊を込めたような”華麗さ”は,本当に華麗でした。

土屋さんのピアノでは,メシアンの曲が素晴らしいと思いました。メシアンの比較的初期の作品ということで,フランス音楽の伝統を感じさせてくれるような,明るく,やわらかな響きを楽しむことができました。メシアンの音楽については,かなり尖った印象を持っていたのですが,古典作品を聞くような安定感を感じました。

弦楽器奏者についても,ピアニストについても,毎年毎年,次々とコンクールに入賞した若手奏者が登場してくるのですが,40年以上に渡って正統的な音楽を演奏し続けているようなベテラン奏者たちの演奏には,それとは違った魅力があると思います。常に音楽に余裕があるのに,パワーが全開の最高のパフォーマンスを楽しませてくれるのがすごいと感じました。

ピアノ三重奏曲には,まだまだ名曲が多いので,このベテラン・トリオの演奏で,ぜひまた金沢公演を期待していと思います。

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック