OEKのCD

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« OEK+エッセン市立歌劇場バレエ団 バレエ・ウィーク第2弾はプロコフィエフ「シンデレラ」。先週末とは対照的にモダンで鮮烈なパフォーマンス #oekjp | トップページ | 音楽堂室内楽シリーズ2014 第5回は小林道夫さんによるクラヴィコードの演奏会。演奏もトークも抑制の効いた穏やかさの中に知的な味わいが溢れていました。  »

2014/12/14

OEKと北陸聖歌合唱団による「メサイア」公演,今年は全曲。指揮の松井慶太さん,二期会の4人の独唱歌手ともに若手中心。見事に聞きごたえのある音楽を聞かせてくれました。 #oekjp

12月恒例のOEKと北陸聖歌合唱団によるクリスマス・メサイア公演。今年は「全曲」でした。北陸聖歌合唱団は60年以上も「メサイア」だけを歌っている合唱団ですが,昨年までとは独唱者が全員交代し,若手の松井慶太さんが指揮をされるなど,新しいスタートの一歩といった感じの全曲公演となりました。

演奏の方ですが,お見事でした。全曲を通じて奇をてらったような部分はなく,スケールの大きな音楽を聞かせてくれました。今回の演奏で特徴的だったのは,いくつかの独唱曲では,弦楽器のトップ奏者だけによる室内楽的な演奏となっていた点です。そういう緻密でインティメートな雰囲気と合唱曲の部分でのドラマティックな雰囲気とが合わさり,立体感のある,大変聞きごたえのある「メサイア」を聞かせてくれました。

それと今回素晴らしかったのは,独唱の4人です。二期会の若手のソプラノ:鈴木愛美さん,メゾソプラノ:小泉詠子さん,テノール:金山京介さん,バリトン:久保和範さん,どの方も非常に水準の高い歌を聞かせてくれました。独唱者の点では過去いちばん水準が高かったのではないかと思いました。

昨年までお馴染みだったソプラノの朝倉あづささんの歌も大好きだったのですが,今回の鈴木愛美さんの声は特に瑞々しく魅力的でした。石川県出身の小泉さんの声には,宗教曲に相応しい抑制された美しさがあり,第2部最初のアリアなどじっくりと聞かせてくれました。男声2人も安定感抜群で,若々しい声を聞かせてくれました。

北陸聖歌合唱団の皆さんは,例年よりも曲数が多く大変だったと思いますが,若い指揮者や若手独唱者に触発されるように,力強い声を聞かせてくれました。指揮者の松井さんは,東京混声合唱団の指揮もされている方ということで,合唱団からボリューム感だけでなく,明快で引き締まった声を引き出していたのではないかと思います。

演奏会の長さは,3時間を超えたので,さすがに疲れましたが,「メサイア」の全体像をしっかりと堪能することができました。

« OEK+エッセン市立歌劇場バレエ団 バレエ・ウィーク第2弾はプロコフィエフ「シンデレラ」。先週末とは対照的にモダンで鮮烈なパフォーマンス #oekjp | トップページ | 音楽堂室内楽シリーズ2014 第5回は小林道夫さんによるクラヴィコードの演奏会。演奏もトークも抑制の効いた穏やかさの中に知的な味わいが溢れていました。  »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« OEK+エッセン市立歌劇場バレエ団 バレエ・ウィーク第2弾はプロコフィエフ「シンデレラ」。先週末とは対照的にモダンで鮮烈なパフォーマンス #oekjp | トップページ | 音楽堂室内楽シリーズ2014 第5回は小林道夫さんによるクラヴィコードの演奏会。演奏もトークも抑制の効いた穏やかさの中に知的な味わいが溢れていました。  »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック