OEKのCD

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 音楽堂室内楽シリーズ2014 第5回は小林道夫さんによるクラヴィコードの演奏会。演奏もトークも抑制の効いた穏やかさの中に知的な味わいが溢れていました。  | トップページ | 金沢21世紀美術館でマーラーの交響曲第5番のピアノ独奏版を大井浩明さんの演奏で聞いてきました。予想を超える超絶技巧と70分を超えるハードな演奏に驚嘆 »

2014/12/20

金沢フレッシュコンサート20周年記念ガラコンサート。トランペット,トロンボーン,フルート,ヴァイオリン,ソプラノそしてピアノ...とバラエティに富んだ内容を楽しみました。ゲストの迫昭嘉さんのベートーヴェンも素晴らしい演奏

金沢市では「金沢フレッシュコンサート」というオーディションを合格した若手奏者たちが登場する演奏会を毎年行っています。20年前から行っているのですが,実は,これまで一度も行ったことがありませんでした。今回,その20周年を記念してガラコンサートが行われたので,出かけてきました。

お客さんの数は,少なめだったのが残念でしたが,ガラコンサートの呼称にぴったりの,バラエティに富んだ楽器による演奏を楽しむことができました。出演したのは前半4人,後半3人で,トランペット,ソプラノ,ヴァイオリン,フルート,バストロンボーン,そして,ピアノで,いずれも充実した内容でした。

登場した人の中には,北陸新人登竜門にも出演した方も数名いらっしゃいました。こういう形で地元アーティストの活躍の場が提供されるのは大変良いことだと思います。

最後にゲストとしてピアニストの迫昭嘉さんが登場し,ベートーヴェンのピアノ・ソナタ第28番を演奏しました。実は,今回この演奏会を聞きに行こうと思ったのは,この迫さんの演奏がお目当てでした。ピアノ・ソナタ第28番は個人的に大好きな作品なのですが,これまでなぜか実演で聞いたことがありませんでした。今回,この曲をベートーヴェンを得意とする迫さんの演奏で聞くことができ,大満足でした。

第1楽章の透き通るような静かな世界,すっきりと引き締まった第2楽章の行進曲...重苦しいところはなく,力感と抒情性が生き生きとバランスよく融合していました。やっぱり良い作品だと再認識しました。

ところで,今回登場したピアニストの塚田尚吾さんですが....確か午後からは高岡で行われたOEKとの演奏会(こちらもガラコンサートでしたね)に出演されていたはずです。高岡と金沢をハシゴするというのもなかなかすごいと思います。

塚田さんの演奏によるリストの死の舞踏は,以前,ラ・フォル・ジュルネ金沢関連の演奏会で聞いた記憶がありますが,今回の演奏も素晴らしく鮮やかで,力感に溢れた演奏でした。もう十八番と言ってもよいレパートリーだと思います。

今回出演された方々は,フレッシュコンサートに出演後,さらに活躍の場を広げられている方ばかりでしたが,これからの活躍にも注目していきたいと思います。


« 音楽堂室内楽シリーズ2014 第5回は小林道夫さんによるクラヴィコードの演奏会。演奏もトークも抑制の効いた穏やかさの中に知的な味わいが溢れていました。  | トップページ | 金沢21世紀美術館でマーラーの交響曲第5番のピアノ独奏版を大井浩明さんの演奏で聞いてきました。予想を超える超絶技巧と70分を超えるハードな演奏に驚嘆 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 音楽堂室内楽シリーズ2014 第5回は小林道夫さんによるクラヴィコードの演奏会。演奏もトークも抑制の効いた穏やかさの中に知的な味わいが溢れていました。  | トップページ | 金沢21世紀美術館でマーラーの交響曲第5番のピアノ独奏版を大井浩明さんの演奏で聞いてきました。予想を超える超絶技巧と70分を超えるハードな演奏に驚嘆 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック