OEKのCD

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 2014年9月7日 - 2014年9月13日 | トップページ | 2014年9月21日 - 2014年9月27日 »

2014年9月14日 - 2014年9月20日

2014/09/20

ギュンター・ピヒラー指揮OEK定期公演M。得意のシェーンベルク,ハイドン,シューベルトでOEKサウンドをしっかりと聞かせてくれました。#oekjp

ギュンター・ピヒラー指揮OEKによる定期公演Mを聞いてきました。今シーズン最初のマイスターシリーズということになります。マイスターシリーズについては,昨シーズンから何かコンセプトを設けた上でOEKの魅力を楽しませるという形になっています。今シーズンは,「オーケストラ・マスターピースシリーズ」ということで,「有名曲」にハイドンの「あまり演奏されない」交響曲を組み合わせるという趣向です。

プログラムは,シェーンベルク/浄められた夜(弦楽合奏版),ハイドン/交響曲第81番,シューベルト/交響曲第7(8)番「未完成」という順に演奏されました。ウィーンにちなんだ新旧の作曲家の作品によるプログラムで,いかにもピヒラーさん(というかアルバン・ベルク四重奏団)らしい選曲...と言いたいところですが,本来の指揮者である井上道義さんが考えたものです。

公演前の記者会見では,「私のためのようなプログラム」とピヒラーさん自身語っていたようですが,そのとおりの自信に溢れた内容で,OEKの基本的なレパートリーでOEKサウンドをしっかり楽しませてくれました。

最初の「浄められた夜」は,石川県立音楽堂ができたばかりの頃,ピヒラーさん指揮で演奏されたことがあります。その時の緊迫感溢れる演奏は大変強い印象を残しましたが,この日の演奏は,演奏全体に余裕が感じられ,極上のサウンド,多彩な弦楽のテクスチュアを楽しませてくれました。この曲についてだけ,ヴィオラとチェロを増強しており,冒頭部から厚みのある音で濃厚な気分を出していました。音楽堂ができて10年以上たち,OEKのサウンドもホールのエイジングに伴って芳醇さを増してきたなぁと感じさせる演奏でした。

2曲目のハイドンの交響曲第81番は,タイトルなしということもあり,どういう作品か想像もつかなかったのですが,大変楽しめました。シェーンベルクの後だとハイドンの影は薄いかなという予想もしていたのですが,全くそんなことはなく,ピヒラーさんならではのキビキビと引き締まった演奏を聞かせてくれました。

第1楽章からアビゲイル・ヤングさんを中心とした弦楽器の積極性が素晴らしく,音楽にぐいぐい引きこまれました。古楽奏法を意識した演奏ではなく,自由自在に多彩なニュアンスを楽しませてくれるような演奏でした。いかにもハイドン的な第2楽章では,今回も工藤重典さんのフルートが印象的でした。途中,一瞬短調になるのは「ハイドンあるある」という感じですが,ピヒラーさんが指揮すると,本当にビシっとしまって,ドラマティックになります。

最終楽章は,ハイドンならではの「ユーモア」がありました。94番「驚愕」の場合,いきなり「大音量」となりますが,この曲では,呈示部までに普通に演奏した後,展開部になったとたん,いきなり,大きな休符が入っていました。休符というよりは,音が消えるという感じでしょうか。私の隣に座っていた人は,この部分で,「ウトウト→ハッ」という感じになっていたので,「驚愕」と同じような効果があったようです。ニックネームなしの曲でも,いちいち趣向が凝らされているのはさすがハイドンです。

# ニックネームを付けるとすれば...「消滅」でどうでしょうか?81番ということで「九九」というのも考えられますが,99番と区別できないですね。

後半は「未完成」1曲でしたが,こちらも大変聞きごたえがありました。ピヒラーさんのテンポ設定はかなり速目で,筋肉質のシューベルトとなっていました。特に第1楽章展開部での盛り上げ方が非常にドラマティックでした。トロンボーンやトランペットを強調していたので,レクイエムに出てくる「怒りの日」という感じになっていたのが大変印象的でした。

第2楽章も金管楽器の音を強調してクライマックスを作っていました。全般に速目のテンポで,最後の部分では,つかの間の天国的気分を名残惜しむような儚さがありました。

この楽章では,クラリネット→オーボエ→フルートの順(2回目は違う順ですが)にメロディを受け渡す部分が大好きです。今回は,遠藤さん→加納さん→工藤さんでした。個人的には,この部分のフルートは,長年お馴染みの岡本さんの楚々とした感じがいいかなと思いました(あくまでも個人的な感想ですが,工藤さんの音は,ちょっと目立ちすぎるかも)。

アンコールでは,9月末のツァーに備えて,OEKにぴったりの曲が演奏されました(曲名はレビューでご紹介しましょう)。今回の西日本ツァーでは,ピヒラーさん指揮のOEKの魅力を楽しめると思いますので,是非お近くの方はお出かけください。郷古廉さんとのメンデルスゾーンも聞きものだと思います。

2014/09/15

石川フィル シベリウス&チャイコフスキーの「6番尽くし」定期演奏会を聞いてきました。

連休最終日の午後は,石川フィルハーモニー交響楽団の定期演奏会を聞いてきました。今回は,シベリウスの交響曲第6番とチャイコフスキーの交響曲第6番「悲愴」の「6番尽くし」というプログラムでした。

「悲愴」の方は,アマチュア,プロを問わずオーケストラのレパートリーの定番ですが,シベリウスの6番の方は,実演では滅多に演奏されない曲です。今回はこの珍しい曲を取り上げた「心意気」に共感して聞きに行くことにしました。

シベリウスの6番はニ短調ということになっていますが,「レ」が基音となるドリア旋法ということで,短調とも長調とも言い難い独特の雰囲気があります。ちょっと不思議で宗教的な味わいのある「北欧風ドリア」(?)といった感じでした。

さすがに地味目でしたが,所々,シベリウスならでは,北欧ならではの魅力的なフレーズがスッと駆け抜けていくようなところがありました。特に第1楽章の途中に出てくる爽やかなメロディは,「ちょっとミュージカル風かも?」という感じで印象的でした。

後半の「悲愴」も,堂々たる演奏でした。過度に甘くなることなく,しっかりとオーケストラを鳴らし切るような立派な演奏でした。特に第1楽章展開部や第3楽章の引き締まった響きは見事でした。楽器の中では,強靭な音を聞かせてくれたトランペットの演奏が特に印象的でした。

「悲愴」については,来月,石川県立音楽堂でゲルギエフ指揮でも演奏される予定ですが,その聞き比べも楽しんでみたいと思います。

« 2014年9月7日 - 2014年9月13日 | トップページ | 2014年9月21日 - 2014年9月27日 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック