OEKのCD

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« OEK定期公演 シュテファン・ヴラダー指揮のシャキッと締まった剛性感のあるサウンドはブラームスにぴったり。お見事でした。 #oekjp | トップページ | OEKおしゃべりクラシック「金管で奏でるヴァレンタイン」。OEKの藤井さん,金星さんを中心とした金管五重奏には新幹線を待つ今の金沢にぴったりの明るい軽やかさがありました #oekjp »

2015/01/24

本日は演奏会をハシゴ。金沢大学フィルの定期演奏会。新田ユリさん指揮のシベリウス:交響曲第2番は熟練と若さが一体となった感動的な演奏。

今日は午後から石川県立音楽堂でOEKの定期公演を聞いた後,カフェで一息ついて,夕方からは金沢歌劇座に移り,金沢大学フィルハーモニー管弦楽団の定期演奏会を聞いていました。

今年の指揮は新田ユリさんで,メインで演奏される曲がシベリウスの交響曲第2番。新田さんは日本シベリウス協会の会長で,シベリウスの音楽をもっとも深く理解している指揮者の一人。これは何としても聞かねばなりません。

演奏はその期待どおりの素晴らしい演奏でした。曲の冒頭から地に足に着いた安心感があり,オーケストラがしっかりと鳴っているのが素晴らしいと思いました。第2楽章は,これまで地味な印象を持っていたのですが,大変雄弁な演奏でした。最初の低弦の動きなどにも,どこか深い意味が感じられ,何かの物語を聞いているようなドラマを感じました。中間部のほのかに光が差してくるような雰囲気の部分でのじっくりとした間の取り方なども印象的でした。

妥協のない速いテンポで演奏された第3楽章に続いて,第4楽章に入っていくのですが,まず,伸び伸びと演奏する弦楽器の響きに感動しました。最後の部分で響きが明るく変わるのですが,そこにたどり着くまでに何回も何回も暗い響きの音型が続きます。この部分でのとても丁寧で律義な演奏にも感動しました。最後に長調に変わるのですが,ここで音楽が薄っぺらくなるのではなく,トランペットをはじめとした響きが非常に高貴で,しっかりと抑制が効いていました。喜びをかみしめるように最後の最後で,ぐっと盛り上がる終わり方は,本当に素晴らしいと思いました。熟練と若いエネルギーとが見事に結晶した演奏でした。

前半はサン=サーンスの「死の舞踏」とチャイコフスキーの「白鳥の湖」の組曲が演奏されました。ここで特筆すべきは,コンサートミストレスの活躍でしょう。両曲とも,独奏ヴァイオリニスト名がクレジットされるぐらいのソリスティックな見せ場がある曲ですが,両極ともしっかりと聞かせてくれました。

躍動感のある「死の舞踏」も良かったのですが,「白鳥の湖」組曲でのシンフォニックなまとまりの良さのある演奏が大変聞きごたえがありました。途中,ソリスティックな部分で,結構大きな「事故」がありましたが,演奏の流れは全く動じることなく,全曲を通じて,力感のある音楽を堪能させてくれました。

金沢大学フィルの定期演奏会では,OEKが演奏できない曲を演奏してくれるので,毎年楽しみにしていますが,今年は,特に聞きごたえのある演奏会だったのではないかと思いました。

« OEK定期公演 シュテファン・ヴラダー指揮のシャキッと締まった剛性感のあるサウンドはブラームスにぴったり。お見事でした。 #oekjp | トップページ | OEKおしゃべりクラシック「金管で奏でるヴァレンタイン」。OEKの藤井さん,金星さんを中心とした金管五重奏には新幹線を待つ今の金沢にぴったりの明るい軽やかさがありました #oekjp »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152606/61026722

この記事へのトラックバック一覧です: 本日は演奏会をハシゴ。金沢大学フィルの定期演奏会。新田ユリさん指揮のシベリウス:交響曲第2番は熟練と若さが一体となった感動的な演奏。:

« OEK定期公演 シュテファン・ヴラダー指揮のシャキッと締まった剛性感のあるサウンドはブラームスにぴったり。お見事でした。 #oekjp | トップページ | OEKおしゃべりクラシック「金管で奏でるヴァレンタイン」。OEKの藤井さん,金星さんを中心とした金管五重奏には新幹線を待つ今の金沢にぴったりの明るい軽やかさがありました #oekjp »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック