OEKのCD

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« OEK2015-2016定期公演ラインナップ速報版が発表されました。 #oekjp | トップページ | 井上道義指揮OEK定期公演 いかにもOEKらしいグレートなグレート。やはり井上さんには大曲が似合います。仲道郁代さんとのベートーヴェンの4番は大人の味わい #oekjp »

2015/03/07

マックス・ポンマー指揮のOEK定期公演。ポンマーさんは「ザ・指揮者」という感じの威厳。見事な管弦楽組曲でした。間に挟まれた現代曲とハイドン「熊」も充実 #oekjp

北陸新幹線の開通を1週間後に控え,このところの金沢駅周辺は,どこか熱気に満ちています。その中,マックス・ポンマーさん指揮のOEK定期公演を聞いてきました。通奏低音のチェンバロには曽根麻矢子さんも参加していました。

ポンマーさんの指揮を聞くのは初めてだったのですが,舞台袖から指揮台に進むまでの姿を見るだけで,何ともいえない威厳と温かみがあり,感激しした。どの演奏にも”これぞ指揮者”という自信が満ちており,そのことが演奏全体にも反映していました。コンサートミストレスのアビゲイル・ヤングさんを中心に,OEKメンバーのポンマーさんに対するリスペクトもしっかりと伝わってきました。

この日のプログラムは,バッハの管弦楽組曲第1番と第3番の間にフランケという現代の作曲者のイエロー・クラウズという作品とハイドンの交響曲第82番「熊」が挟まれるというものでした。

管弦楽組曲では,弦楽器はノンヴィブラートで演奏し,バロック・ティンパニを使うなど,古楽奏法を取り入れた演奏だったと思いますが,よそよそしい感じはなく,安心感と安定感を感じさせてくれました。両曲ともどっしりとしたフランス風の序曲に続いて,各種舞曲が続きます。どの曲も生き生きとした演奏になっているのが素晴らしいと思いました,

第1組曲はオーボエが活躍,第3組曲の方はトランペットが活躍しますが,それぞれに鮮やかな演奏を聞かせてくれました。第3組曲はトランペット3本が活躍し,晴れ晴れとした雰囲気の中,演奏会を締めてくれました。

第3組曲では,「G線上のアリア」として知られるエアが2曲目に出てきます。その演奏も大変印象的でした。さらりと始まった後,段々と情感が濃くなってきて,最後の部分では,思いが天上の世界に通じていくような崇高な繊細さを感じました。

2曲目に演奏されたフランケの作品は現代音楽にしては大変分かりやすい作品で,バルトークの作品を思わせる構成感がありました(バルトーク・ピチカートも何回も出てきました)。バッハとハイドンの間に演奏しても,全く違和感を感じませんでした。

後半最初に演奏されたハイドンの交響曲第82番「熊」も見事な演奏でした。古典的な均整感。要所要所で聞かせる,積極的な表現。第2楽章などでの余裕のある気分。ベテラン指揮者ならではの見事な演奏でした。

ポンマーさんは4月からは札幌交響楽団の首席指揮者に就任しますが,是非,OEKとの再共演にも期待したいと思います。今年の「ラ・フォル・ジュルネ金沢」のテーマはバッハを中心としたバロック音楽ですが,その前祝にぴったりの演奏会でした。

« OEK2015-2016定期公演ラインナップ速報版が発表されました。 #oekjp | トップページ | 井上道義指揮OEK定期公演 いかにもOEKらしいグレートなグレート。やはり井上さんには大曲が似合います。仲道郁代さんとのベートーヴェンの4番は大人の味わい #oekjp »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152606/61245617

この記事へのトラックバック一覧です: マックス・ポンマー指揮のOEK定期公演。ポンマーさんは「ザ・指揮者」という感じの威厳。見事な管弦楽組曲でした。間に挟まれた現代曲とハイドン「熊」も充実 #oekjp:

« OEK2015-2016定期公演ラインナップ速報版が発表されました。 #oekjp | トップページ | 井上道義指揮OEK定期公演 いかにもOEKらしいグレートなグレート。やはり井上さんには大曲が似合います。仲道郁代さんとのベートーヴェンの4番は大人の味わい #oekjp »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック