OEKのCD

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015/09/23

5連休最後はルドヴィート・カンタさんのチェロで締め。ベートーヴェン2曲+新曲+ショスタコーヴィチのソナタ。どれも聞きごたえ十分でした

5連休の最終日,オーケストラ・アンサンブル金沢(OEK)の首席チェロ奏者,ルドヴィート・カンタさんのリサイタルが行われたので,聞いてきました。

カンタさんのリサイタルは,今回で17回目となりますが,毎年毎年,いろいろ工夫が凝らされ,多彩な編成・構成で行われてきました。昨年は,チェロ・アンサンブル中心の内容でしたが,今回は,原点に戻るような感じで,チェロ・ソナタを中心とした,正統的なチェロ・リサイタルのプログラムとなっていました。

ただし,演奏された曲は,前半がベートーヴェンのチェロ・ソナタ第1番と第2番,後半はサリナスの日本初演の作品とショスタコーヴィチのチェロ・ソナタと,なかなか渋い作品が並んでいました。

前半のベートーヴェンの2曲は,演奏時間も長く,予想以上に聞きごたえがありました。ベートーヴェンの若い時の作品で,どちらも2楽章形式の作品という点で共通点がありました。調性がヘ長調とト短調ということで,モーツァルトの交響曲第40番と第41番のような感じでコントラスの面白さ聞かせてくれました。

カンタさんのチェロの音色には,さりげない品の良さががあり,古典的な作品にぴったりの安定感がありました。この日のピアノは,カンタさんとの共演の多い,ノルベルト・ヘラーさんでした。ヘラーさんのピアノの音色は,独特の透明感があり,カンタさんとの音のバランスがぴったりでした。

後半は,今回が日本初演となるサリナスの新曲が演奏されました。新曲といっても難解な感じはなく,2人の作り出す音色とリズムの微妙な変化を楽しむことができました。特にヘラーさんのピアノの音の美しさがここでも印象的でした。

最後に演奏されたショスタコーヴィチのソナタは,最初,普通のチェロソナタのような感じで始まった後,どんどんショスタコーヴィチらしさが増してくるような作品で,聞きごたえがありました。第1楽章最後の部分の葬送行進曲風の部分の深遠さ。第2楽章の疾走感のあるスケルツォ。第3楽章ラルゴでの深さと暖かさ。そして,第4楽章での人を喰ったような,洒脱さ。カンタさんとヘラーさんによる,しっかり引き込まれた,安定感のある演奏を楽しむことができました。

アンコールでは,数日前に報道されて話題になった「輪島塗チェロ」が登場し,カンタさんが見事な音を聞かせてくれました。

今回は,チェロ好きにはたまらない,聞きごたえ十分のプログラムでした。本日は石川県立音楽堂コンサートホールでの公演でしたが,かなり前の方で聞いたこともあり,各楽器の音の美しさを特にしっかり味わうことができました。カンタさんの活動には,ますます目が離せませんね。

2015/09/15

OEK2015/2016シーズン開幕。井上道義音楽監督指揮のモーツァルトの40番はじっくり聞かせる大人の味。辻井伸行さんの純粋なピアノによる協奏曲第27番,そして,シュニトケでの井上さんらしさ満載のパフォーマンス #oekjp

オーケストラ・アンサンブル金沢(OEK),2015/2016シーズンの開幕の定期公演は,井上道義音楽監督による定期公演フィルハーモニー・シリーズでした。ここ数年,「9月は辻井さん」という公演が多いのですが,今年も若手ピアニストの辻井伸行さんをソリストに招き,モーツァルトを中心としたプログラムが演奏されました。

最初に演奏されたシュニトケのモーツ・アルト・ア・ラ・ハイドンでは,井上さんが得意(?)とする「指揮と演技が混ざった」パフォーマンスを楽しませてくれました。過去何回か演奏したことのある曲ですが,今回もまた印象的なステージを楽しませてくれました。真っ暗な状態から音楽が始まった後,パッとステージが明るくなると,ステージに大きく広がった弦楽メンバーがモーツァルトの曲をカオスな雰囲気で演奏。指揮者に逆らうようなパフォーマンスが続き,最後は,指揮者を見捨てて,ハイドンの「告別」のような感じで指揮者が取り残される,といった曲です。

この日は,恐らく,辻井さん目当てのお客さんが多かったと思いますが,「クラシック音楽の演奏会にもこういう世界があるんだ」と興味を持ったのではないかと思います。

続いて,辻井伸行さんが登場し,モーツァルトの最後のピアノ協奏曲,第27番が演奏されました。この曲は,個人的に大好きな曲なのですが,同時に,半分「別世界」に入り込んでしまったような雰囲気に「恐れ多さ」を感じてもいます。新鮮味が薄れないように,なるべく聞かないようにしている作品です。

辻井さんのピアノの音は,純粋そのもので,モーツァルトにピッタリ...と予想していたのですが,やはり,「この曲は難しい」と感じました。辻井さんのピアノの音には「赤ん坊の目」を思わせるような純粋さがあり,細かい音の動きも大変美しかったのですが,どこかサラサラと流れ,「あれあれ」という内に終わってしまった感じがしました。やはり,27番は難しい曲だと思いました。

アンコールでは,お得意のトルコ行進曲とショパンのノクターンの2曲が演奏されました。オーケストラの定期公演としては異例ですが,これにはお客さんも大喜びでした。

後半はモーツァルトの交響曲第40番が演奏されました。定期演奏会の後半が40番だけというのは,「ちょっと冒険」だったかもしれませんが,全く物足りないところはありませんでした。第1楽章からじっくりとしたテンポで,晩年のモーツァルトの世界に浸らせてくれました。情感の表現も抑制されていたのですが,その中から何とも言えないロマンの香りが漂ってくる感じで,「さすが」の演奏を聞かせてくれました。

第3楽章では,木管楽器を中心としたソリスティックな鮮やかさ,第4楽章では性急すぎない地に足に着いた音楽を聞かせてくれました。やはり,モーツァルトの演奏については,井上/OEKの年季の入った演奏が一枚上手だと思いました。

9月になってから,全国的に夏から秋に切り替わった感じですが,そういう季節の変わり目にぴったりのモーツァルトだったと思います。これからOEKはしばらく全国ツァーを行いますが,この季節にぴったりの演奏を各地で楽しませてくれそうです。

2015/09/05

OEK2015/2016シーズンの幕開けは岩城宏之メモリアル・コンサート。鳥木弥生さんの情感豊かな声をしっかり堪能し,井上道義/OEKの得意の武満&モーツァルトを楽しみました。 #oekjp

OEKの2015/2016の新シーズン最初の公演は,恒例の「岩城宏之メモリアルコンサート」です。この演奏会には,毎年,その年の岩城宏之音楽賞受賞者が出演します。今年は,石川県出身のメゾ・ソプラノ歌手,鳥木弥生さんが出演しました。

鳥木さんは,石川県新人登竜門コンサートに出演した後,活躍の場を広げ,現在は藤原歌劇団員として,イタリア・オペラを中心に数多くの作品に出演されています。昨年は,OEKが金沢で初演し,話題になった新作オペラ「滝の白糸」の中の母親役での歌唱で強い印象に残してくれました。

今回は,モーツァルト,ロッシーニ,ヴェルディのオペラの中の3曲のアリアを歌いました。鳥木さんの声には,常に落ち着きがあるのですが,その中から曲に込められた情感をしっかりと伝わってきいます。今回も常にドラマを秘めたような声を聞かせてくれました。

歌われた3曲の中では,やはり最後に歌った「トロヴァトーレ」の中の「 重い鎖に繋がれて」が特に印象的でした。井上道義さんがトークで,「音楽の中では,あり得ないような話でも何でもあり」ということを語っていましたが,鳥木さんの声で聞くと,「間違って自分の子どもを火の中に...」というあり得ないような物語も,非常にリアルに迫って来ました。

そして,アンコールでは,岩城宏之さんが好きだった「夏の思い出」が歌われました。2番の歌詞の時には,鳥木さんは,ステージ上手の岩城さんのポートレイトのところまで歩いて行って,語り掛けるように歌われていました。その暖かな声が実に感動的でした。

今回は,その他,前半の最初にアビゲイル・ヤングさんのヴァイオリン独奏を交えた武満徹の「ノスタルジア」,後半はモーツァルトの交響曲第32番と31番「パリ」が演奏されました。いかにもOEKらしい構成になっていました。

ノスタルジアでは,ヤングさんと井上/OEKが一体となって,霧に包まれ,その中から時々ヴァイオリンが浮き上がってくるような,独自の世界を作っていました。武満作品を数多く演奏してきた岩城さんを追悼するのにぴったりの演奏でした。

後半のモーツァルトは,どちらもじっくりと構えた演奏で,曲の構成感や精密なアンサンブルをまずしっかり聞かせてくれました。バロックティンパニを使っていたこともあり,どこか古楽風の響きもありましたが,大人のモーツァルトといった安定感がありました。その中から,井上さんらしい生き生きした表情が自然に湧き上がり,木管楽器などがソリスティックな活躍を聞かせてくれました。

どちらも比較的実演では演奏される機会の少ない作品ですが,どの部分にもしっかりとした味付けがされており,物足りない部分はありませんでした。これからも,こういう機会を利用して,日頃演奏されない曲などを取り上げて行って欲しいと思いました。

アンコールでは,最初の武満作品に対応するように,OEK十八番の,あのワルツが演奏されました。本当に後味の良い曲です。

井上さんとしては,今後の「岩城メモリアルコンサート」の展開について,色々と新たなアイデアを考えているような口ぶりでしたが,OEKファンとしては,地元出身アーティストの成長を確かめ,盛り上げる場として,今後も楽しみにしています。

PS. 昨日のNHK「あさイチ」の「まれ」特集でアビゲイル・ヤングさんが弾いていた,輪島塗ヴァイオリンですが,石川県立音楽堂1階の展示コーナーに飾られていました。機会があれば,是非,音も聞いてみたいものです。

Nec_0013


« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック