OEKのCD

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« OEK2015/2016シーズンの幕開けは岩城宏之メモリアル・コンサート。鳥木弥生さんの情感豊かな声をしっかり堪能し,井上道義/OEKの得意の武満&モーツァルトを楽しみました。 #oekjp | トップページ | 5連休最後はルドヴィート・カンタさんのチェロで締め。ベートーヴェン2曲+新曲+ショスタコーヴィチのソナタ。どれも聞きごたえ十分でした »

2015/09/15

OEK2015/2016シーズン開幕。井上道義音楽監督指揮のモーツァルトの40番はじっくり聞かせる大人の味。辻井伸行さんの純粋なピアノによる協奏曲第27番,そして,シュニトケでの井上さんらしさ満載のパフォーマンス #oekjp

オーケストラ・アンサンブル金沢(OEK),2015/2016シーズンの開幕の定期公演は,井上道義音楽監督による定期公演フィルハーモニー・シリーズでした。ここ数年,「9月は辻井さん」という公演が多いのですが,今年も若手ピアニストの辻井伸行さんをソリストに招き,モーツァルトを中心としたプログラムが演奏されました。

最初に演奏されたシュニトケのモーツ・アルト・ア・ラ・ハイドンでは,井上さんが得意(?)とする「指揮と演技が混ざった」パフォーマンスを楽しませてくれました。過去何回か演奏したことのある曲ですが,今回もまた印象的なステージを楽しませてくれました。真っ暗な状態から音楽が始まった後,パッとステージが明るくなると,ステージに大きく広がった弦楽メンバーがモーツァルトの曲をカオスな雰囲気で演奏。指揮者に逆らうようなパフォーマンスが続き,最後は,指揮者を見捨てて,ハイドンの「告別」のような感じで指揮者が取り残される,といった曲です。

この日は,恐らく,辻井さん目当てのお客さんが多かったと思いますが,「クラシック音楽の演奏会にもこういう世界があるんだ」と興味を持ったのではないかと思います。

続いて,辻井伸行さんが登場し,モーツァルトの最後のピアノ協奏曲,第27番が演奏されました。この曲は,個人的に大好きな曲なのですが,同時に,半分「別世界」に入り込んでしまったような雰囲気に「恐れ多さ」を感じてもいます。新鮮味が薄れないように,なるべく聞かないようにしている作品です。

辻井さんのピアノの音は,純粋そのもので,モーツァルトにピッタリ...と予想していたのですが,やはり,「この曲は難しい」と感じました。辻井さんのピアノの音には「赤ん坊の目」を思わせるような純粋さがあり,細かい音の動きも大変美しかったのですが,どこかサラサラと流れ,「あれあれ」という内に終わってしまった感じがしました。やはり,27番は難しい曲だと思いました。

アンコールでは,お得意のトルコ行進曲とショパンのノクターンの2曲が演奏されました。オーケストラの定期公演としては異例ですが,これにはお客さんも大喜びでした。

後半はモーツァルトの交響曲第40番が演奏されました。定期演奏会の後半が40番だけというのは,「ちょっと冒険」だったかもしれませんが,全く物足りないところはありませんでした。第1楽章からじっくりとしたテンポで,晩年のモーツァルトの世界に浸らせてくれました。情感の表現も抑制されていたのですが,その中から何とも言えないロマンの香りが漂ってくる感じで,「さすが」の演奏を聞かせてくれました。

第3楽章では,木管楽器を中心としたソリスティックな鮮やかさ,第4楽章では性急すぎない地に足に着いた音楽を聞かせてくれました。やはり,モーツァルトの演奏については,井上/OEKの年季の入った演奏が一枚上手だと思いました。

9月になってから,全国的に夏から秋に切り替わった感じですが,そういう季節の変わり目にぴったりのモーツァルトだったと思います。これからOEKはしばらく全国ツァーを行いますが,この季節にぴったりの演奏を各地で楽しませてくれそうです。

« OEK2015/2016シーズンの幕開けは岩城宏之メモリアル・コンサート。鳥木弥生さんの情感豊かな声をしっかり堪能し,井上道義/OEKの得意の武満&モーツァルトを楽しみました。 #oekjp | トップページ | 5連休最後はルドヴィート・カンタさんのチェロで締め。ベートーヴェン2曲+新曲+ショスタコーヴィチのソナタ。どれも聞きごたえ十分でした »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« OEK2015/2016シーズンの幕開けは岩城宏之メモリアル・コンサート。鳥木弥生さんの情感豊かな声をしっかり堪能し,井上道義/OEKの得意の武満&モーツァルトを楽しみました。 #oekjp | トップページ | 5連休最後はルドヴィート・カンタさんのチェロで締め。ベートーヴェン2曲+新曲+ショスタコーヴィチのソナタ。どれも聞きごたえ十分でした »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック